初心者・未経験者が翻訳者になるには?活動前の心構えや求人の実情

翻訳の求人では実務経験を求められることがほとんどです。

この条件のせいで、未経験者だって経験を積みたいのに応募できず、いつまで経っても初心者から脱することができないということもあります。

翻訳は未経験者でも入り込む余地のある仕事ですが、その方法を知っていないと苦労してしまいがちです。

「翻訳の仕事をこれから始めたい!」
「翻訳の仕事はどうやって取れば良いの?」

このように考えている方のために、初心者・未経験者が翻訳の仕事を始めるためにどのような点に気をつければ良いのかをご紹介します。

翻訳の仕事を始める前に気をつけたい、経済的な事情による挫折

まずは、翻訳の仕事を探す前の注意点を押さえておきましょう。

何より大切なのはお金のことです。翻訳の仕事を始めるなら、衝動的に会社を辞めるのではなく、しっかり計画を立てた上で始めましょう。

翻訳の仕事を始める方法は大きく分けて2つあります。正社員として就職するか、フリーランスとして営業するかです。

フリーランスの翻訳者として生活していくためには、コンスタントに仕事を取れていなければなりません。

初心者の場合、請けられる仕事が少なく、またやり方を1から覚えるところから始める必要があります。最初から生活できるだけの収入を稼げることは稀です。

その期間を乗り越えるためにも、副業として始める、十分な貯金を溜めるなどの対策が必要です。

翻訳の仕事を諦めてしまう理由の一つに、「お金がなくなって途中で諦めざるを得なかった」という事情があるためです。

翻訳求人の実情と、初心者・未経験者の心構え

しっかり計画を立てて翻訳の仕事を始めようとなったら、次に大切なのは「どうやって仕事をもらうか」です。

以下では、求人の実情や活動していくためのコツなどをご紹介します。

業界でも未経験OKの仕事は少ない

翻訳業界には経験が重視される風潮があります。未経験OKの求人は少なく、根気よく探す必要があるでしょう。

アメリアには未経験OKの求人が全体の3割ぐらいありますが、これはかなり多いほうです。

さまざまな分野の求人に挑戦しよう

未経験OKの求人が少ないことから、初心者はあまりより好みしてはいられないというのが現実です。

初心者でも受けられる案件を見つけたら、逃さず応募するぐらいのつもりで臨んだほうが良いでしょう。

また、初心者はまだ自分の得意分野が定まっていません。最初から「絵本の翻訳以外はしない!」と可能性の幅を狭めるのは得策ではありません。幅広く案件を請けることを心がけましょう。

実務を通じて実力と実績をつけよう

未経験OKの求人に採用され仕事をスタートした後は、その実績をもとに専門性や単価がより高い仕事へステップアップを目指したいところです。

経験者でなければできない仕事を目標に、実務をとおして実力を高めていくことが重要です。自分の実力を明確に表せるような資格があるとなお良いですね。

どこで翻訳の仕事を探す?求人サイトのアメリアがおすすめです!

ここまで、翻訳求人の実情や初心者の心構えなどをご紹介してきました。それでは、具体的にどこで仕事を探せば良いのでしょうか?

クラウドワークスやランサーズのようなクラウドソーシングも1つの手ですが、ぜひとも翻訳専門の求人サイトのアメリアを検討してみましょう。

  • 【アメリアのメリット】
  • ・初心者OKの求人が全体の3割も。
  • ・実務、映像、出版などさまざまな分野を網羅。
  • ・豊富なスキルアップ制度、「クラウン会員」になれば経験者向けの求人も応募可能に。

これから翻訳の仕事で稼ぎたいと思っている初心者の方にこそ、アメリアはピッタリのサイトです。

\ 翻訳初心者でも、簡単5分でご応募できます! /

会員ログインはこちら