翻訳の仕事の探し方。未経験者でも応募できる求人を見つけられるのはどれ?

フリーランスの翻訳者として、仕事をどのように探すのかは永遠のテーマです。

とくに未経験・初心者だと応募できる求人も少ないため、効率的な方法で探す必要があります。

「翻訳の仕事が見つからない!」
「どうやって翻訳の仕事を探せば良いの?」

このように悩んでいる方のために、翻訳の仕事の見つけ方を4つご紹介します。

翻訳の仕事探し方その1:専門求人サイト

アメリアを始めとする翻訳専門の求人サイトは、もっとも多くの方が活用している探し方です。会員登録することで、各企業が出している求人に応募することができます。

フリーランスとして仕事をするなら、ぜひとも拠点として活用したいサービスです。

翻訳の仕事探し方その2:クラウドソーシング

クラウドソーシングは「クラウドワークス」「ランサーズ」などが有名です。

翻訳の他にも、デザインやプログラミングなどさまざまな仕事を発注・受注できるサービス。多数の企業、ワーカーがいるため、とりあえず登録しておいて間違いないでしょう。

しかし実際に働いてみると、値崩れが起きやすい、難癖をつけて報酬を支払おうとしない地雷クライアントがいるなど、扱いが難しい部分があります。

メインで使うというよりは、仕事がない時の代替措置として扱うと良いかもしれません。

翻訳の仕事探し方その3:企業の正社員として

正社員として翻訳の業務を任せてもらえる求人はごく少数ですが存在します。

翻訳会社はもちろん、外資系で企業内マニュアルなどの翻訳を担当する場合もありますね。

安定した収入が得られますが、求人が圧倒的に少なく、就活をしなければならないなど仕事を始めるまでにとても高いハードルがあります。

また、フリーランスとして働きたい、在宅ワーカーとして自宅で仕事したいという方にはあわない選択肢です。

翻訳の仕事探し方その4:コネクション

高い品質で仕事をこなせれば、「次回もまたこの人に頼もう」と継続して依頼がもらえることがあります。

このような実績によるコネクションは、安定した収入につながります。翻訳者として年月を重ねるほど、重要な仕事の探し方だと言えるでしょう。

【まとめ】未経験・初心者におすすめの翻訳の仕事の探し方は?

ここまで4つの探し方をご紹介してきましたが、フリーランスの翻訳者として最初に活用したいのは専門求人サイトです。敷居の低さ、案件の質共に優秀で、安心して働くことができます。

その次に、クラウドソーシングに登録して、仕事が少ない時期のサポートに活用しましょう。

翻訳専門の求人サイトであるアメリアは、常時300以上の案件を扱っており、そのうち3割ほどが未経験者でも応募できる仕事です。

情報誌やスキルアップ制度も整っており、初心者なら活用しない手はありません。ぜひとも資料を請求し、翻訳者としての活動をスタートさせましょう。

\ 翻訳初心者でも、簡単5分でご応募できます! /

会員ログインはこちら