翻訳の仕事とは。言葉の架け橋となるやりがいと魅力

翻訳は、外国語の文章を日本語に訳す、または日本語の文章を外国語に訳す仕事です。書き手や作り手のように表舞台に上がることは少ないですが、言葉の壁を越えて意思を伝えるやりがいのある仕事といえるでしょう。

翻訳は言語が異なる人や国へビジネス文書や小説、映画やドラマなどを分かりやすく伝えるという魅力に加えて、フリーランスとして在宅で仕事を請け負うことも可能です。

翻訳の仕事のカテゴリー・そのやりがいと魅力

翻訳の仕事を大きく分けると「実務翻訳」と「映像翻訳」、「出版翻訳」の3種類です。いずれも高い語学力を必要とし、専門的な用語の知識に加えて、書き手の意図を伝える表現力が必須といえるでしょう。

「実務翻訳」は、さまざまなマーケティング資料や技術文書、論文など、研究者や企業のための翻訳をおこない、「映像翻訳」は、ドキュンメタリーや映画、ドラマなどを翻訳。「出版翻訳」はビジネス書などのノンフィクションや小説などの文芸作品を訳します。

ビジネスのための「実務翻訳」は、語学力と専門用語の知識を用い、客観的で正確な翻訳が要求されるハードルの高い仕事といえるでしょう。しかしながら、翻訳は自分が知る言葉では訳されていない法律文書や技術文書を求めている方をサポートするやりがいのある仕事です。

「映像翻訳」と「出版翻訳」は、魅力ある海外の作品を翻訳する仕事です。映画やドラマで描かれるアクションやスリル溢れるシーンのセリフ、小説や絵本に登場するキャラクターのウィットに富む会話を分かりやすく翻訳します。

このため、映像と出版のカテゴリーを翻訳する仕事は、語学力はもちろんのこと作り手や書き手の伝えたいことを感じ取り、作品の雰囲気を壊さない表現力や語彙力が必要です。翻訳の表現によって作品のイメージが大きく変わるケースもあるため、責任とやりがいのある仕事といえるでしょう。

魅力ある翻訳は自身のスキルアップが必須です

翻訳の仕事は、未経験の方でも参入のチャンスがあります。現在ではフリーランス、個人として仕事を請ける働き方がスタンダードになりつつあります。

また、英語をはじめとする主な外国語を単純に翻訳するだけならば、すでに機械がその機能を持っており、翻訳機能レベルは年々高くなっています。現時点では直訳で、まだまだぎこちない翻訳ですが、数年後には一定水準の翻訳の仕事ができるレベルに達するといわれています。

翻訳者の卵が増え、機械翻訳のレベルがアップする環境の中で、仕事をつづけていくには翻訳スキルの向上が欠かせません。自己のスキルアップを負担と感じるか、やりがいとして努力するかが、魅力ある翻訳者になれるかどうかの分かれ道といえるでしょう。

原文の意図を汲み取り、適切な翻訳をおこなうのが翻訳者の仕事です。そのため、外国語のスキル向上はもちろんのこと、日本語の勉強も欠かせません。これは、母国語の知識が深まるほど、より豊かな表現力を得ることができるためです。

また、同じ外国語でも年代によって表現のニュアンスがことなる場合があります。常に新しい情報を吸収し表現の仕方をアップデートする心構えが必要です。

翻訳は在宅の空き時間を利用してできる仕事

翻訳の仕事は在宅でおこなえる仕事の一つです。在宅の場合、正社員、いわゆる社内翻訳者として勤務先に赴く必要はないため、通勤や対人関係などのストレスが少ない点が魅力です。また、在宅翻訳者の仕事内容は多種多様ですから、翻訳経験の少ない人や得意分野が決まっていない人にもチャンスが開かれているといえるでしょう。

オーバーな言い方をすると、翻訳は在宅時の空いた時間ですることも可能な仕事です。このこと事態はとても魅力的ですが、同時に注意しておくべきことがあります。仕事時間を自由に設定できるということは、モチベーションが下がり怠けやすい状況に陥りやすくなります。

やりがいのある翻訳の仕事を受けたのですから、自己管理をして決めたスケジュールを守ることを心得ておきましょう。

\ 翻訳初心者でも、簡単5分でご応募できます! /

会員ログインはこちら