【愛知・名古屋編】翻訳の仕事で暮らすための生活費はいくら?住みやすいおすすめスポットも

翻訳は在宅フリーランスで自宅で仕事できると言っても、できれば好きな土地で暮らしたいですよね。

愛知県の名古屋は住みやすいことから全国でも人気のスポットです。しかし、高い家賃などから暮らしていけるか不安に感じる方は多いはず。

「名古屋で翻訳の仕事を続けていけるかな?」

このように不安に感じる方のために、翻訳者として生活するために必要な収入や住むのにおすすめの土地などをご紹介します。

翻訳者として愛知・名古屋で暮らすために必要な収入

名古屋に住むなら、場所をしっかり検討する必要があります。

名古屋市内のワンルーム・1Kの家賃相場は50,000~60,000円と、全国平均よりもやや高めです。

このことを加味すると、1ヶ月の家賃は次のようになります。

  • 家賃:55,000円
  • 光熱費:10,000円
  • インターネット・携帯代:10,000円
  • 食費:30,000円
  • 日用品:5,000円
  • 衣服:2,000円
  • 医療費:2,000円
  • 合計:114,000円

その他、交際や趣味などでもお金が必要です。一般的なサラリーマンと違って、在宅ワークならではのポイントは次のとおりです。

  • ・在宅ワークなら仕事のための交通費がかかりません
  • ・携帯代も節約ポイント。自宅のWi-fiを活用すれば低価格のプランにできます
  • ・身なりを気にしないなら衣服の費用も大幅に減らせます

翻訳者として愛知・名古屋で暮らすためのおすすめ地区

名古屋で翻訳者として生活していくなら、できるかぎり家賃を節約したいですね。一方で、都会らしく便利な場所に住みたいという願望もあるかもしれません。

そこで、名古屋で暮らす場合のおすすめのエリアを見てみましょう。

中区

ワンルーム・1Kの家賃相場:61,000円

名古屋の中心地で、利便性も家賃もトップクラスです。翻訳の仕事が安定して得られるようになったら住んでみたいところですね。

天白区

ワンルーム・1Kの家賃相場:40,000円

家賃を安くしたい方は天白区がおすすめ。名古屋市の中でも家賃が圧倒的に安い点が魅力です。

ただし、中心地と比較すると郊外で、閑散とした印象があるかもしれません。静かな環境のため、ファミリー層に人気という側面もあります。

瑞穂区

ワンルーム・1Kの家賃相場:50,000円

中区だと家賃が高すぎる、天白区だと少し不便という方は瑞穂区がおすすめです。

そこそこの家賃で、名古屋駅まで電車1本で行ける、イオンなどの大型ショッピングセンターがあるなどの利便性があります。

【まとめ】愛知・名古屋で翻訳の仕事を見つけるには?

名古屋は高めの家賃がネックになりますが、それでも住めない場所ではありません。翻訳の仕事だけでも、十分生活していくことができます。

しかし、そのためには安定して仕事を得る必要があるでしょう。

アメリアは翻訳専門の求人サイトで、全国のどこに居ても応募できる在宅案件が多数掲載されています。

自分の好きな土地で翻訳者になりたいという方はぜひとも活用しましょう!

\ 翻訳初心者でも、簡単5分でご応募できます! /

会員ログインはこちら