【福岡編】翻訳の仕事で生活するための生活費、住みやすいおすすめエリアは?

在宅フリーランスの翻訳者なら、オフィスの場所に縛られず好きな土地に住むことができます。

九州地方に住んでいるなら、中心地である福岡に住みたいと感じる方は多いはず。しかし、このように考える方も多いようです。

「福岡で生活するほど翻訳の仕事で稼げるかな?」

そこで福岡で必要な生活費と、翻訳者が住みたいおすすめエリアを見てみましょう。

翻訳者として福岡で暮らすために必要な収入

九州地方の中心地である福岡ですが、物価は全国の中でも安い傾向にあります。

ワンルーム・1Kなら45,000円ほどでそこそこの部屋が借りられるでしょう。翻訳の仕事をがんばれば、ちょっと贅沢なところに住めるかも。

まずは、相場から1ヶ月に必要な生活費を見てみましょう。

  • 家賃:45,000円
  • 光熱費:10,000円
  • インターネット・携帯代:10,000円
  • 食費:30,000円
  • 日用品:5,000円
  • 衣服:2,000円
  • 医療費:2,000円
  • 合計:104,000

その他、交際や趣味などでもお金が必要です。一般的なサラリーマンと違って、在宅ワークならではのポイントは次のとおりです。

  • ・在宅ワークなら仕事のための交通費がかかりません
  • ・携帯代も節約ポイント。自宅のWi-fiを活用すれば低価格のプランにできます
  • ・身なりを気にしないなら衣服の費用も大幅に減らせます

翻訳者として福岡で暮らすためのおすすめ地区

福岡なら毎月10万円ほど稼げばひとまず生活できることから、住むのにかなりハードルが低いと言えるでしょう。

しかし、「それならもっと贅沢なところに住みたい!」と思う方がいる一方で「もっと安いところが良い!」と思う方もいるはず。

そこで、利便性と家賃の双方から、福岡で住むのにおすすめのエリアをご紹介します。

博多

ワンルーム・1Kの家賃相場:53,000円

博多は新幹線も停まる九州の玄関口。観光地として人気ですが、住むにも商業施設が集まっていて暮らしやすいでしょう。福岡の中では、家賃はトップクラスに高いほうです。

大濠公園

ワンルーム・1Kの家賃相場:48,000円

大濠公園駅周辺には、駅名にもなっている日本有数の水景公園があり、落ち着いた雰囲気が魅力です。

在宅ワークに疲れたら散歩するコースとしても良いですね。交通の便が良いため、買い物に困ることはありません。

久留米

ワンルーム・1Kの家賃相場:37,000円

久留米市は福岡の中でも家賃がトップクラスに安いところです。しかし、駅直結のショッピングセンターがあるなど、利便性が低いというわけでもありません。

【まとめ】福岡で翻訳の仕事を見つけるには?

翻訳の仕事は在宅がほとんどになるため、勤務地に縛られない自由な暮らし方ができます。

九州地方近辺に住んでいるなら、利便性とコストの双方に優れた福岡は非常におすすめの移住先です。

しかし、まずは翻訳の仕事をコンスタントに得る必要がありますね。とくに未経験・初心者だと安定した仕事に結びつくまで時間がかかることもあるので1ヶ月収入がないということもあります。

アメリアは翻訳専門の求人サイトで、全国のどこにいても応募できる在宅案件が多数あります。

これから翻訳者になりたいという方なら誰でも利用したいサービスです。

\ 翻訳初心者でも、簡単5分でご応募できます! /

会員ログインはこちら