海外で翻訳の仕事をするメリットやデメリット、事前のポイントを徹底解説

自分らしい生き方を求めて海外に住もうと考えている方。翻訳は海外でもフリーランスとしてできる仕事ということで人気を集めています。

しかし、海外での暮らしは日本とはずいぶんと勝手が違うものです。とくに、働き方について事前によく知っておかなければ、現地に行った時に後悔してしまうかもしれません。

「海外で仕事をするメリットやデメリットは?」
「海外で翻訳の仕事をする時のポイントは何?」

以下では、このような疑問にお答えします。

海外で翻訳の仕事をするメリットとは

まずは、海外で働くメリットを見てみましょう。

刺激的な生活を送り、自分に合った働き方を見つけられる

おそらく、海外で働きたいと思うほとんどの理由は「日本とは違う生活を送りたいから」でしょう。

異文化に触れるというのは、プライベートだけでなくビジネスの世界でも貴重な体験です。人間関係の築き方、アフター5の過ごし方など、さまざまな部分が日本と違うと感じられることでしょう。

このような体験をとおして、自分にとって本当に良い働き方を見つけることができます。

海外経験から独自のキャリアを築ける

「内向き志向」という言葉が使われているとおり、日本ではグローバルな視点を持つ人材は貴重とされています。

海外で働いた経験は、ビジネスの現場によっては大きなステータスになることがあります。

海外で翻訳の仕事をするデメリット・注意点は?

反対に、海外で働く上でどのような点に気をつけるべきか見てみましょう。

最初のハードルが高い

海外に移住するということは「思い立ったらすぐ行こう!」と気軽にできるものではなく、しっかり準備する必要があります。

当面の生活費をあらかじめ用意しておかなければなりませんし、後でもご説明する就労ビザを取得する必要もあります。

家族がいると海外に行くこと自体が難しい

すでに結婚している場合、パートナーの納得を得てからでなければ海外には行けません。子供がいる場合は、転校などの手続きも必要です。

比較的気軽に海外に行けるのは一人暮らししている場合ですが、それでも日本の親戚に病気などのトラブルがあってもすぐに駆けつけられないなど、何かと不自由なところがあります。

海外で翻訳の仕事を始める前に調べておきたい・考えておきたいポイント

まずは、メリットとデメリットから自分が海外で働くことができるかどうかを検討してみましょう。

その上で、海外での仕事を始める上で大切なポイントをご紹介します。

国ごとに変わるフリーランスビザ取得条件の確認を

外国人がその国で働くためには、ビザを取得する必要があります。

国によっては、フリーランスでも専用のビザを申請しなければならない、そもそも就労が難しいということも。

例えば、ドイツでは各種書類を提出し審査に受かればフリーランスビザを取得できます。一方で、シンガポールではフリーランス用のビザそのものがなく雇用主に申請してもらう必要があるため、在宅業は非常に難しいとされています。このような国ごとの特徴を調べておく必要があります。

将来日本に帰国するかどうかの計画を

一生海外で働いていくのか、日本に帰るのかを決めておきましょう。将来日本に戻る予定なら、帰国後の働き方についても考えておく必要があります。

外資系など一部の企業では、海外で働いていたという経験がプラスに働く場合があります。そのことを踏まえて、フリーランスから会社員にシフトするという選択肢も出てくるでしょう。

海外でも翻訳の仕事を見つけられる「アメリア」

ここまで、海外でフリーランスとして働くためのメリットやデメリット、ポイントなどをご紹介してきました。

日本とは勝手が違うことも多いため、下調べや準備がとても重要だと言えます。

仕事を探している方は、ぜひともアメリアをご検討ください。日本国内だけでなく海外在住の会員もいる、翻訳の求人情報が集まるサイトです。

基本的には日本の口座への振込が基本になりますが、クライアントによっては次のような対応も可能です。

  • ・海外への送金
  • ・PayPalやチェックなどの電子マネーでの支払い
  • ・USDやEUR、GBPなど海外通貨での支払い

※実際にどこまで対応しているかは、各求人をご確認ください。求人に記載がない場合は、アメリア事務局からクライアントへ直接確認を取ることも可能です。

\ 翻訳初心者でも、簡単5分でご応募できます! /

会員ログインはこちら