翻訳の仕事はストレスフリーな在宅?それともキャリアアップのオンサイト?

外国語を母国語に分かりやすく伝える翻訳は、世界中の小説や映像、ビジネス文書など言葉の架け橋となるやりがいのある仕事です。未経験者でも在宅で好きな案件を請け負うことができますが、一方で現場へ赴き翻訳業務をおこなうオンサイトという勤務形態も注目を集めています。

それぞれのワークスタイルは一長一短、自分に向いている働き方を選択するのが良いでしょう。ここでは、翻訳の仕事における在宅とオンサイトの特徴についてみていきます。

未経験者も翻訳OK!ストレスフリーな在宅の仕事

在宅で仕事をおこなう一番の魅力はストレスが少ないことです。通勤で時間を浪費することもなければ、対人関係のストレスで疲弊することもありません。翻訳を始める時間も、パソコンと向き合う服装も自分で自由に決めることができます。

翻訳の仕事を大きく分けると、実務翻訳と映像翻訳に加えて出版翻訳の3種類のカテゴリーがあり、在宅翻訳者はこの中から興味のある案件を選択することが可能です。そのため、在宅というワークスタイルは、自分の翻訳レベルが分らない未経験者が自分に合った難易度の仕事を選びやすく、どのような翻訳をしたいのか決まっていない人も方向性を試しやすい特徴を持っています。

派遣先に赴き翻訳の仕事をするオンサイトとは違い、在宅ワークは案件の選択からスケージュール調整、モチベーションの維持など仕事の管理はすべて自分の裁量であることを心得ましょう。ストレスフリーな在宅であるからこそ、オンサイトという勤務形態とはことなる責任があることを忘れないことが必要です。

現場に赴き翻訳をおこなうオンサイトの仕事のメリット

オンサイトは現場に赴き要請された仕事をおこなうワークスタイルを指し、正社員や派遣、アルバイトなど雇用形態は契約により変わります。この業務をおこなう場所に出向くという点が自宅で仕事を請け負う在宅ワークとの大きな違いです。

勤務スタイルが自由な在宅とはことなり、契約をしている期間オンサイトは、時間の拘束や対人関係を必要とする環境に身を置くことになります。もちろん、翻訳の仕事も例外ではなく、一社会人や勤め人としての常識やコミュニケーションが必要です。

通勤や対人関係などのストレスがある勤務形態ですが、在宅にはないメリットがオンサイトの翻訳仕事にはあります。一つは生活にかかせない収入源の確保です。確かに、オンサイトも契約の期限はありますが、終了までのあいだの収入は給料として確保されます。基本的に歩合制で不定収入の在宅ワークから比べると、安心で大きなメリットといえるでしょう。

出向いた先には、請け負う翻訳の仕事を指示するスタッフが常駐しているのが一般的ですから、分らないことをその場で質問することができます。これは、仕事を進めるうえで大きなメリットです。在宅の仕事の場合、質問や疑問点はメールなどでやり取りをするため、時間のロスが発生しやすくなります。在宅と比べて、回答や対処法をすぐに得ることができる特徴がオンサイトのアドバンテージといえるでしょう。

オンサイトを経験することは翻訳の仕事のキャリアアップにつながります。オンサイトで翻訳を請け負うことは、出向いた先の会社スタッフと一緒に仕事をおこなうことです。これは、さまざまな会社に人脈を作っていることと同じ意味を持ち、多くの人脈を持つことは、後にフリーランスの翻訳者として生計を立てるうえでメリットになります。

オンサイト勤務の仕事は、仕事をオファーするコーディネート業務や翻訳チェッカーと呼ぶ校正や校閲、レビューアなど多岐に渡ります。オンサイト勤務をすることで、翻訳の仕事が発注される一連の流れを知ることができ、校正や校閲をおこなうことで翻訳時にどのような点を注意すれば良いかを理解することができます。

\ 翻訳初心者でも、簡単5分でご応募できます! /

会員ログインはこちら