翻訳の仕事探し「今すぐ動くべき」理由!英検一級を目指すより経験値を積む

将来は翻訳や通訳で生計を立てて行きたい、あるいは副業として在宅ワークで翻訳の仕事を始めたいという方はたくさんいらっしゃいます。

そんな方が最初に目標にしがちなのが「まずは英検一級を目指して」と資格優先のスタンスで勉強されてしまうことです。

もちろん英語力を磨くために資格取得を目標にするのは素晴らしいことです。ただ、翻訳家を目指すために必要なことは「まず実務を経験してみる」ことが重要です。

通訳や翻訳仕事で英検一級は就職にも有利?

社内翻訳者として自身の英語力をブラッシュアップしたいから、そのような理由で英検一級合格というゴール設定は必ずしも必要ではありません。

結論から言いますと翻訳の仕事を始めるにはTOEIC900点を持っていればそれだけで十分翻訳者としての仕事を始めることは可能です。

またフリーランスで働くにしても同じで、翻訳の求人に応募する際に「英検一級を持っています」というアピールはかならずしもストロングポイントとはなりません。

そもそも翻訳という仕事は資格よりも、成果としてどれだけクライアントが求めるアウトプットができるかということが大切です。

もちろん英検一級を持っていてそれがマイナスに働くことは決してありません。ただもし在宅での翻訳仕事を探されるのであれば、英検一級に合格する前にできることはたくさんあります。

試験に合格することでより多くの仕事をもらえるかもしれない可能性はもちろんありますが将来のために今やっておくべきことについて書いていきましょう。

翻訳仕事でのスキルアップを目指すために卒業したい「未経験者」

翻訳の仕事というのは単純に言語の置き換え作業ではありません。フリーランスとして翻訳の仕事を始める場合、一般的にはまずトライアルからスタートします。

そこでの経験値はどんな勉強より翻訳家としてのスキルアップにつながります。実際に「仕事として」翻訳仕事を始めることで多くのことを学ぶことが可能に。

あくまで翻訳者になるための勉強がまず一番大切で、英検一級への対策はあくまでその一部に過ぎないという考え方が求められます。

もちろん例えばTOEICの点数が低いなど、基本的なベースの英語力が不足しているという場合は翻訳の仕事に応募する前にまず英語力そのものを上げることにに集中する必要はあります。

もしクリアされているなら、すぐにでも翻訳の仕事に関する情報収集や求人への応募を積極的に始めるべきです。

では具体的に英検一級対策よりも役に立つ「翻訳仕事を始めるために」基本的に覚えておきたいことについて説明します。

一刻も早く「翻訳未経験者」を卒業するために

なぜこの部分が翻訳の在宅ワークに大切かと言いますと、基本的に翻訳業界は未経験の方にとってのハードルは高くなっています。

なぜなら翻訳などの求人募集のほとんどが応募条件の中で「翻訳経験者であること」が求められるからです。

ではこれから翻訳家デビューを目指す未経験者の方はどのように立ち回ればいいのでしょうか?

応募の際に「翻訳経験者」としてエントリーするための方法はいくつかあります。柔軟に考えることでこれはクリアできると思います。

一つの選択肢としておすすめできるのは、ボランティアではないでしょうか?観光地を抱える都市などでは週末だけでも通訳や翻訳のボランティアを募集したりしています。もし見つけたら積極的に応募してみましょう。

これ以外にもいくつか方法があります。

  • ■翻訳コンテストなどに応募する
  • ■翻訳業務に関われるような業務を探す
  • ■アメリアの「クラウン会員」資格を取る

このように翻訳家デビューを考えるならまずやるべきこと、それは「翻訳未経験者」からの脱出です。

まとめ

今回のコラムの趣旨としてはもし英検一級を目指してから翻訳の仕事を始めたい、そのように考えている方はまず目的に直結するような行動をすることをお勧めしますという点に尽きます。

幅広く存在する翻訳の仕事ですので、英検一級を持っていなくても採用につながりやすくなる方法はたくさんあります。

そのためには「何のために英語を勉強するのか?」目的意識をはっきりさせてから行動することが大切です。

\ 翻訳初心者でも、簡単5分でご応募できます! /

会員ログインはこちら