未経験者でも翻訳はできる!在宅で仕事をつづけるコツ

翻訳は、外国語を日本語に訳したり、反対に日本語を外国語に訳したりする仕事です。高い語学力と表現力で、書き手の意図を読み手に伝える言葉のプロフェッショナルといえるでしょう。専門性が高く、敷居が高そうな翻訳ですが、実は在宅というワークスタイルにピッタリの仕事なのです。

在宅の翻訳は未経験にもチャンスがある

語学力には自信はあるけれど、未経験者が在宅で翻訳の仕事ができるのか不安に感じる方もいるでしょう。たしかに、金融機関やIT企業、研究関連などの翻訳をおこなう実務翻訳では、語学力のほかに各分野で用いる専門用語の知識が要求されます。

しかしながら、小説や絵本などを翻訳する出版翻訳では専門用語の知識よりも、どちらかといえば表現力を重要視されます。書き手の意図を汲み取り、言葉の壁を越えて作品の世界観を読み手に伝える仕事です。つまり、企業や研究機関などの専門的な知識がなくとも、高い語学力と豊かな表現力があれば、翻訳の仕事を請けるチャンスへと繋がります。

在宅ワークでは、自分の関心や興味を引く翻訳の仕事を選択することができます。ネット上には翻訳の仕事を紹介するサイトがあるため、自分がどのような翻訳をしたいのか、向いているのかを決めかねている人は、関心のある案件に挑戦し自分の方向性を決めていくと良いでしょう。

翻訳の仕事を在宅でするメリット

在宅で翻訳の仕事をするメリットといえば、通勤や対人関係のストレスの軽減といえるでしょう。もちろん、このことは翻訳に限ったことではありませんが、仕事におけるストレスフリーは生産性を向上させる大きなアドバンテージです。

在宅というワークスタイルは、オフィスワークと違い時間の制約がありません。通勤に費やす時間もかからなければ、勤務時間に1日の多くの時間を拘束されることもないのです。朝に起きてコーヒー片手に仕事に取り掛かることも自由ですし、午後からベッドを抜け出して翻訳を始めても問題ありません。

また、現在では子育てや介護など、さまざまな家庭の事情により外で仕事に就けない状況が問題視されています。翻訳を含む在宅でできる仕事は、この問題の解消に一役買っているといえるでしょう。在宅時の空いた時間で仕事ができることは、大きなメリットといえます。

翻訳の仕事を在宅で継続させるコツ

継続的に翻訳の仕事を在宅でおこなうコツの一つは、自分の翻訳スキルの向上を常に意識することです。語学力のレベルアップはもちろんのこと、母国語の勉強も心掛けます。母国語の知識以上の表現をすることは難しいため、最新の情報を取り入れ表現力のアップデートを進める必要があります。

在宅で翻訳をする以上、ネットをはじめとする仕事への環境作りが大切です。在宅というストレスフリーの環境は、厳しい自己管理が要求されます。上司や先輩など仕事上の注意を促す人がいないため、スケージュールの管理やモチベーションの維持をすべて自分でおこないます。

快適に仕事を進める環境作りやモチベーションを維持するための気分転換など、自分に合った方法をみつけるのが、翻訳の仕事を継続させるコツの一つです。

在宅翻訳者の多くは、クライアントから案件を紹介してもらい仕事を請け負います。そのため、クライアントに信用してもらうことが在宅で翻訳の仕事をつづけていくコツといえるでしょう。最初は納期を守るなど、基本的なことを心掛けるだけで十分です。

はじめから、完璧な翻訳をしようと意気込むと、時間だけが過ぎて納期期限を過ぎてしまうことがあります。これでは、クライアントに信用してもらうことはかないません。良心的なクライアントは、未経験者に対しては改善すべき点を示唆するフィードバックをおこないますから、まずは約束を守るなど基本的なことを意識するべきです。

コツコツと自分の翻訳レベルを向上させ、クライアントとの約束を守ることは、在宅で翻訳する仕事を続ける秘訣です。

\ 翻訳初心者でも、簡単5分でご応募できます! /

会員ログインはこちら