在宅翻訳者の1日とは・自分で決める仕事の時間

翻訳の仕事は、企業や医療関連だけではなく文芸や映像と幅広いフィールドで活躍する機会があります。高い語学力と書き手の意図を伝える表現力があれば、翻訳の経験が少なくても在宅しながら仕事を請けることが可能です。ただ、1日の多くの時間を在宅仕事にあてるため、生活バランスのリズムが乱れやすいリスクも含んでいます。

翻訳の種類と自由な在宅翻訳者

翻訳の仕事には、企業や研究者を対象とする「実務翻訳」や映像・ドキュンメタリーを翻訳する「映像翻訳」、ノンフィクションや小説などを訳す「出版翻訳」などの分野があります。いずれも、語学力はもちろんのこと、仕事内容により専門的な知識や豊かな表現力など、依頼をこなす高いスキルが必要です。

在宅で翻訳の仕事を請け負うポジションとしては、フリーランスが一般的といえるでしょう。もちろん、正社員や契約社員といった社内翻訳者が在宅で仕事をするケースもありますが、フリーランス翻訳者が登録先またはエージェントからの翻訳依頼を請ける割合が大半を占めます。

勤務先で1日の大半を過ごす社内翻訳者とはことなり、在宅で仕事をするフリーランスの翻訳者は1日の使い方は自由です。朝起きる時間も自由ですし、通勤ラッシュに疲弊することもありません。当然、翻訳の仕事に割り当てる時間も、個人の裁量で決めることができます。

在宅翻訳者は自己管理がポイント 1日の時間を決めて行動しよう

複雑な人間関係に悩まされることもなく、1日の仕事時間を自由に設定できる在宅のフリーランス翻訳者。ストレスフリーで良いことばかりが目につきますが、趣味ではなく仕事として翻訳をする以上、納期などのスケジュールを守る自己管理能力が必要といえるでしょう。

自宅を仕事場とする場合、オンとオフの切り替えがむずかしく、いつまでもダラダラとして仕事が溜まってしまう恐れがあります。これに対する予防策は、1日の時間割を決めることです。とはいえ、誰にとっても最適な1日の時間割、タイムスケジュールは存在しません。

活躍している在宅ワーカーは、自分の置かれている環境や目標に合わせて試行錯誤した結果、ベストなタイムスケジュールを獲得しているのです。

仕事が忙しいほどリスク大・在宅翻訳者が注意すべきこと

翻訳をはじめとする在宅ワーカーの多くは外にでる時間が少ない職種です。これは、外にでる必要性がないためで、仕事が忙しくなるほどこの傾向は強くなり、外出をしないということは、運動量が減ったり、気付いたら何日も人と会話をしていない、という状況に陥る危険があります。

運動不足が原因の体重増加は脳の働きを減退させ、体のコンディションを低下させます。また、1日どころか何日間も会話をおこなわないことは、精神衛生上好ましくありません。

先に在宅翻訳者は自己管理がポイントとして、決めた時間を守ることの重要性に触れましたが、体の変調に注意することも忘れてはいけません。

在宅で仕事をしている人に夜型が多いことをご存知でしょうか。もちろん、もともと夜型で深夜の方が頭脳が冴えわたり、作業効率がはかどる方は心配ありません。問題となるのは、キャパシティを超える仕事量を引き受けたり、クライアントの依頼で徹夜をしたりする場合です。

最初の内は無理もできますが、この状況が長く続くと生活バランスに乱れが生じます。バランスの乱れによる夜型は、本来の生活リズムとは違うため、作業効率も悪く翻訳のパフォーマンスも良い結果をもたらしません。

収入面の減少はありますが、継続的に翻訳をおこなう体が第一の資本です。多少仕事の時間を減らしてでも、夜型からの脱却を目指すべきでしょう。もちろん、在宅でも朝9時から5時など、会社員と同じ時間帯で仕事をしている翻訳者も数多くいますので、健康を維持できる働き方を模索してみましょう。

\ 翻訳初心者でも、簡単5分でご応募できます! /

会員ログインはこちら