正社員やフリーランスそれとも派遣やアルバイト?翻訳の仕事に就くにはどれがいいの?

翻訳の仕事をしてみたくても、どのように携われば良いか迷っている方もいるのではないでしょうか。翻訳は外国語を日本語に訳したり、日本語を外国語へと訳したりするのが主な仕事です。この基本的な業務は、正社員やフリーランス、派遣、アルバイト、どのポジションでも変わることはありません。ここでは、翻訳の仕事における正社員とフリーランス、派遣やアルバイトのメリットやデメリット、心構えについてご紹介します。

社内翻訳者として活躍するも正社員ならではの悩みも

正社員は会社と雇用契約を結んでいるため、フリーランスと違い収入面や福利厚生などにアドバンテージがあります。企業内で翻訳業務を担当する正社員を一般的に社内翻訳者と呼び、「翻訳者ポジション」として会社関連の翻訳をおこなうのが主な仕事です。

しかしながら、会社に属する社員である以上、上司の命令や同僚の頼み事を断るわけにはいきません。翻訳とは全く関係のない仕事をする場合もあることを心得ておくべきです。フリーランスの翻訳者が経験することの少ない、対人関係のストレスや通勤による疲労が正社員の翻訳者にはあることも忘れないでおきましょう。

フリーランスの翻訳者はライフスタイルに合わせて仕事ができる

フリーランスの翻訳者は正社員と違い、仕事を始める時間や終わらせる時間は自由です。何時に起きてもかまいませんし、通勤や対人関係に悩むこともありません。高い語学力と豊かな表現力があれば、未経験者でもフリーランスの翻訳者になることは十分に可能です。

収入もクライアントからの案件を頑張れば頑張るほど増え、自分の好きな仕事だけをチョイスしても問題ありません。メリットばかりが目につきやすいフリーランスですが、デメリットはあります。「自由さと引きかえの不安定」が表現的にはあっているでしょう。

フリーランスの翻訳者は継続的な発注がなかったり、事故や病気により案件がこなせないと、それまでの収入が確保されず生活が苦しくなります。また、業務上の責任の所在も、正社員やアルバイトでは雇用契約により会社側が対応しますが、フリーランスの場合はすべて自分で対応することが要求されます。

派遣社員やアルバイトはキャリアアップや実績作りに有効な働き方の一つ

翻訳の仕事に派遣社員やアルバイトで携わるという働き方は、キャリアアップや実績作りに有効といえるでしょう。たしかに、派遣やアルバイトというポジションは正社員ほど身分の安定はしておらず、フリーランスと比べても時間的拘束や対人関係のストレスにさらされます。

しかしながら、派遣やアルバイトは一定期間とはいえ派遣会社や会社と雇用関係を結んでいます。これは、時給制ながらも給料の発生を意味しており、少なくとも派遣やアルバイトをしている期間の収入の予定は立つわけです。無事に案件を終了することで、はじめて報酬を受け取るフリーランスの翻訳者と比べて、これは大きな安心感があります。

翻訳関連の仕事は、外国語を日本語に訳す業務のほか、翻訳に用いられた言葉が正しいかを確認するチェッカー業務などさまざまです。派遣やアルバイトであっても翻訳をおこなっている現場にいるわけですから、これは大きなチャンスといえるでしょう。

翻訳の仕事をしに派遣やアルバイトとして現場に出向くということは、その場にいる人たちとの人脈ができますし、翻訳に携わったという実績ができます。また、校正や校閲などのチェッカー業務の経験は仕事のスキルアップに繋がり、ベテラン翻訳者の仕事のコツを覚えるチャンスにも結びつくでしょう。

ここまで、翻訳の仕事に携わるポジション、正社員とフリーランス、派遣やアルバイトについて紹介しました。自分が目指す翻訳スキルが得られる職場を選ぶことも、事情により在宅でなくてはならない場合でも、さまざまなワークシーンに対応できるのが翻訳という仕事の魅力の一つといえるでしょう。

\ 翻訳初心者でも、簡単5分でご応募できます! /

会員ログインはこちら