ご利用企業インタビュー

エス・ディー・エル・ジャパン株式会社

第1回目はイギリスに本社をおくローカライズのリーディングカンパニー、エス・ディーエル・ジャパン株式会社です。IT分野を目指す翻訳者のタマゴのお三方がレポートしてくれます。

会社概要

本社はイギリス。1992年設立のローカライズのリーディングカンパニー。
事業所はヨーロッパ、米国、アジアの26ヵ国に37ヶ所。総従業員は約1300名。契約するテクニカル・トランスレーターは3000名を超える。
(以上、SDL International)

日本事業所は1997年の設立。SDLグループの日本語プロダクションセンターとして、翻訳をはじめ、DTP、エンジニアリング、プロジェクトマネージメントの業務を行う。サービス分野はITテクノロジーを中心に、Webサイト、e-Business、e-Learning、CAD、ゲーム、金融、医療、家電など多岐にわたる。

まずは訪問直前、三人の意気込みをお聞きください!

今回、SDLをレポートしてくれるのは薄井牧子さん、星野友子さん、宮崎彩子さんの三人です。まずは訪問直前、三人の意気込みをお聞きください!

薄井牧子さん
「ローカライズの仕事を仕上げるのに、どのようにチームを組んで進めているのか、仕事の流れを知りたいです。また、翻訳会社に正社員として就職するにはどうすればよいかについてもお話を伺いたいです」

星野友子さん
「現在、IT業界で仕事をしており、翻訳はまだ勉強中ですが、将来、この分野でプロとしてやっていければと思っています。それが可能かどうか、今日はその判断材料となるお話が伺えればと思っています」

宮崎彩子さん
「実際のプロジェクトではどのように作業が分担されていくのか、また私のように翻訳経験のない者がどのようにキャリアパスを築いていけるのかが知りたいです」


● 訪問の目的 ●

その1●ローカライズの仕事の流れが知りたい!

その2●翻訳会社が求める人材像が知りたい!

その3●現在、翻訳者として修行中のトレーニーの方にお話を伺いたい!

それでは、早速エス・ディー・エル・ジャパン株式会社(以下、SDL)を訪ねることにしましょう!

本日、私たちの疑問に答えてくださるのは同社のトランスレーション・マネージャー日吉礼子さんです。実は日吉さんもアメリア会員の一人なのです。