翻訳の仕事獲得とスキルアップを応援する有料の会員制サービス
翻訳者ネットワーク「アメリア」


おすもう翻訳コンテスト

カプリッチ
さんの訳文
順位: 6位
平均評価: 3.27点

 課題
A: Have you ever seen Japanese sumo wrestling? B: You mean people in inflatable plastic costumes that try to bounce each other out of a ring? A: No! That is just for fun at festivals and events. B: Oh, I thought that was sumo wrestling…… A: Not even close. I’m talking about Japan’s national sport. It is incredibly popular in Japan, and the current champion has won more matches than any other wrestler in sumo history. The wrestlers move with intense power, lightning-fast speed and acrobatic moves to avoid being pushed out of the ring. B: Wow, sounds exciting. But how do you watch it outside of Japan? A: During every tournament, a digest of the main matches is posted online. You can follow real sumo from anywhere in the world. B: Well, let’s watch it together next time.
 
 訳文
A「日本の相撲を見たことある?」
B「それって、体をふくらませたような着ぐるみをつけて、互いをリングの外に追い出そうとする人たちのこと?」
A「違うよ! そういうのは催し物やイベントで、単に余興のためにやってるものだよ」
B「そうなんだ、てっきりそれが相撲なんだと思ってた……」
A「ぜんぜん違う。日本の国技の話だよ。相撲は日本人なら誰もが知ってるような競技で、今の横綱は、歴代のどの力士よりも白星が多いんだ。力士たちは土俵の外に押し出されないよう、すごいパワーで立ち向かうし、稲妻のように速く、ときには曲芸みたいに動いて相撲を取るんだ」
B「へぇ、おもしろそうだなぁ。でも日本の外にいて、どうやって相撲を観るの?」
A「毎回、場所中に、主要な取り組みのダイジェストがインターネットで公開されるんだ。世界のどこにいても、実際の相撲がチェックできるってわけ」
B「そっか、じゃあ今度は一緒に見よう」
 
 レーティング参加者からのコメント
1. 「日本人なら誰もが知ってるような」の部分がうまいなと思いました。「横綱」は複数人いるので自動的にchampionの意味にはならない。 (評価2)

2. 全体的に悪くはないのだが、何だか間延びした感じがする。読点が多いからなのかもしれない。 (評価1)

3. 「毎回、場所中に、」というのが日本語として違和感がありました。 (評価3)



結果一覧に戻る