【アメリア】日本語ミスを探せ!
読み物
 
●解放厳禁
【投稿者】花椒さん

 
解放厳禁とかかれた扉を校舎内に発見。 誰か監禁でもされているのでしょうか。。。怖い世の中です。
 
ハッスル東郷:

夏休みホラースペシャル???

解放厳禁、そして入室制限・・・
出ることは出来ず入ることも厳しく管理されている部屋なのでしょうか?
窓の向こうが真っ暗なドア、わざわざ白黒反転させた文字、その紙を留める赤いテープ。
深夜にこの部屋から怪しげな物音が???

しかし、解放=開放のミス、と考えるのは金田一シリーズの加藤武ぐらい早合点かもしれません。むやみに「よし、わかった」と言ってはいけないのです。

「金田一ハッスル」(探偵業のときの名前)の推理では、こんなミスの可能性も考えられます。

・開封現金(おカネの入った封筒が開けたまま置いてあるので入室を制限します。)
・介抱厳禁(悪酔いした学生が寝ています。とりあえずそのままそっとしておいてあげましょう。)
・解剖厳禁(悪酔いした学生が寝ています。実験用ではないので勝手に解剖してはいけません。)
・会報厳禁(悪酔いした学生に会報の購読を強要してはいけません。)
・快方元気、ん?(悪酔いした学生に、快方に向かい元気になったかどうか訊いてみましょう=これは間違えすぎ。)

ということで、真相を突き止めた方にはハッスル氏特製ゴーヤチャンプルー(レプリカ)をプレゼント。

以上、ロッタちゃんの映画を2ヶ国語で録画したら何故か途中から原語だけになっていてお手上げ状態のハッスル君(「お手上げ状態」の部門で「世界64億の1位」)でした(織田君、もう世陸は卒業しよう)。

前へ トップへ 次へ