【アメリア】対談の部屋 12-4 翻訳お料理番鉄人座談会 Ms. Shellyお疲れ様でした&図書カード争奪レシピ公開しちゃいます!
読み物
対談の部屋
<第12回> 全6ページ
第12回 翻訳お料理番鉄人座談会 Ms. Shellyお疲れ様でした&図書カード争奪レシピ公開しちゃいます!

4.パソコン&インターネット:もはや必需品! ただし、情報の取捨選択は慎重に

F:さて、ここからは翻訳の心得やテクニック……図書カード争奪レシピについてお伺いしたいと思います。まず、翻訳に事実関係の裏付け調査は欠かせませんが、リサーチのコツを教えてください。


S:まず細々とした箇所をリサーチする前に、課題文の出典元がネットでヒットするか検索して、あればアクセスして欲しいわね。課題文が抜粋だったら、その前後に書かれている事を見ることによって、その文がどういう流れを受けて書かれたのかという文章全体の骨格がわかるし、課題文ではほんのちょっとしか触れていない、事柄や人物について詳しく触れている場合もあるの。それが正しい解釈をする手助けになることも多いのよ。

J:あと、出典元のサイトを訪れることで、その記事が書かれた日付などがわかることも多い。質問・感想欄に「原文には『今から○年前』とありましたが、実際には△年前です。原文が間違っているのでしょうか?」ということを書いてくる人がいるけれど、リサーチ不足なのを吐露しているようなもの。

F:パソコンが自宅にない人もまだいらっしゃいますよね。

O:自宅になくても図書館やネットカフェ、漫画喫茶にもあるから、やろうと思えばやれるよ。ただ、本気で翻訳者を目指すのであれば、パソコンはもはや欠かせないツールだと思う。インターネットの情報量は玉石混合とはいえ、計り知れないもの。

F:情報を見極めるコツはなんでしょう。


S:個人で運営している、HPの情報は制作者の主観で書いていることも多いので、参考程度にしておくべき。公式のものから情報を入手しましょう。

F:ウィキペディアなんてどうですか。

J:ウィキはよくできたデータベースだけど、なんせ皆で作っていくモノだから、情報全てを鵜呑みにするのは危険。また総じて日本語版より英語版の方が情報も多くてためになる。

F:え、日本語版は英語版を翻訳したものかと……。

S:やだ〜、違うわよ。それにウィキに限らず、英語のサイトも積極的にリサーチして欲しいわね。例えば、2006年9月号の総評はポカホンタスが素材でした。日本語でも情報の収集は可能だったでしょうけど、ウィキの英語版「ポカホンタス」やヴァージニア州の公式サイトにも目を通して欲しいのよ。

F:なるほど。ネットにばかり集中してしまいましたけど、書籍はどうでしょう。

J:ノンフィクションの関連書籍があるのなら、勿論、目は通しておくべき。

S:今はまだ、情報収集をネットのみにすがるほど、情報量、信用度も高くないと思うのよね。図書館や本屋も積極的に利用して欲しいわ。

O:パソコンから図書館のサイトにアクセスして資料検索&貸出予約もできるようになっているしね。パソコンが日常でなかった昔は、図書館と特に紀伊国屋書店には何時間も入り浸ってたなぁ(笑)。要は、裏とり調査は納得が行くまでとことんやる習慣を身につけないといけないのよ。

S:でも一つ気を付けて欲しいのは、訳す時はあくまでも原文に沿って。調査によって情報や知識が増えたことが嬉しくて、原文に書いてないことまで書いてしまうのはやめましょうね。気持ちはわかるけど。

F:事実関係の調査をして行くと、原文に書いてあることが間違っていることもありましたよね。

S:2006年3月号で総評を行った「早川雪洲」はすごかったわね(笑)。もし明らかに原文の方が間違っているのであれば、原文を修正して訳します。そして、修正したことがわかるように訳注を入れます。訳注が本文の妨げになるようであれば、後付けにしましょう。でも、この修正はあくまでも「事実関係」に関してのみに言えることよ。

F:この時の原文は「早川雪洲は晩年、禅僧になった」とありましたが、日本語でそのようなことが書いてある資料は全く見つからなかったにもかかわらず、英語のサイトではいくつか同じような事が書いてあったんですよね。

S:そう。でも、禅僧になったorなってないという事実を日本語では確認できなかったから、ここは原文に従って翻訳し、訳注でその事に触れたの。とにかく、これまでのお料理番の中で一番、訳注が多かったような気がするわ。

O:でも、実際の仕事でもこういう間違った情報だらけの記事を翻訳することはあるから、いい訓練になると思う。

F:原文を書いてある通りに翻訳するだけじゃなく、事実関係まで調べてあげ、間違っていたら修正までしてあげるなんて、翻訳者ってけなげだ〜。

J:本当にそう思うなら、もうちょっと労ってくれんかのぅ。

F:これがアップされる頃は敬老の日ですもんね。

J&S&O:(バシッ、バシッ、バシッ)さ、次にいこう。
前へ トップへ 次へ