【大阪編】翻訳の仕事で暮らすために必要な収入、住みやすいおすすめエリア

翻訳の仕事は在宅でできます。

「それなら、好きな土地で働いていきたい!」

このように考える方は多いようです。とくに、大阪は西日本に住む方にとっての人気スポットです。

しかし、翻訳の仕事は収入が不安定になりやすく、一人暮らしをするには不安に感じることもあります。

そこで、翻訳の仕事で大阪で生活するためにはどれぐらいの収入が必要なのか、暮らすためのおすすめスポットなどをご紹介します。

翻訳者として大阪で暮らすために必要な収入

大阪は西日本の中心地でありながら、家賃が安いことで評判です。大阪市のワンルーム・1Kの家賃は平均50,000円、これは全国で比較しても高くもなく安くもなくといったあたりです。

1ヶ月の生活費は次のようになり、収入が不安定になりやすい翻訳の仕事でも暮らしていくことができるでしょう。

  • 家賃:50,000円
  • 光熱費:10,000円
  • インターネット・携帯代:10,000円
  • 食費:30,000円
  • 日用品:5,000円
  • 衣服:2,000円
  • 医療費:2,000円
  • 合計:109,000円

その他、交際や趣味などでもお金が必要です。一般的なサラリーマンと違って、在宅ワークならではのポイントは次のとおりです。

  • ・在宅ワークなら仕事のための交通費がかかりません
  • ・携帯代も節約ポイント。自宅のWi-fiを活用すれば低価格のプランにできます
  • ・身なりを気にしないなら衣服の費用も大幅に減らせます

翻訳者として大阪で暮らすためのおすすめ地区

大阪は西の中心地でありながら、家賃が比較的安い点が魅力。しかし、家賃は安ければ安いほうが良いものです。

そこで、住みやすさと家賃の双方から、翻訳の仕事で住むのに良いおすすめの地区をご紹介します。

茨木

ワンルーム・1Kの家賃相場:52,000円

大阪の犯罪発生率は全国トップクラスだと言われています。とくに女性なら、住む場所を選ぶ上で治安を重視したほうが良いかもしれません。

茨木などの北摂エリアは全体的に治安の良い場所のためおすすめです。

なお、同じ北摂エリアの豊中も人気ですが、関西国際空港から出る飛行機の騒音が凄まじいそうです。在宅ワーカーにとって、騒音は大きな問題点。その辺りの評判も住む前にしっかり決めておきたいですね。

北区

ワンルーム・1Kの家賃相場:65,000円

大阪市内では北区がもっとも人気です。とくに梅田駅周辺は住みたい町ランキングの常連として知られています。

ただし、大阪にしては高い家賃がネック。東京に比較すればそれでもずいぶん安いですが、他のもっと安いエリアがあることを併せて検討したいですね。

また、全体的に治安があまり良くないためおすすめできません。

【まとめ】大阪で翻訳の仕事を見つけるには?

家賃の面から言えば、大阪は翻訳者でも比較的暮らしやすい地域です。ただし、治安の問題があるため女性はとくに住む場所に気をつけたいですね。

どのような場所に住むにせよ、そこで安定して仕事ができるかが重要です。

アメリアには、在宅でできる翻訳の求人が多数掲載されています。

「自分の好きな土地で在宅ワーカーとして働きたい!」

このように考えている方は、ぜひともアメリアをご活用ください!

\ 翻訳初心者でも、簡単5分でご応募できます! /

会員ログインはこちら