アメリア公式ブログ

翻訳者ネットワーク「アメリア」が、
最新情報やアメリア会員の方の
翻訳実績を綴ります♪

アメリア名誉会員の光野 多惠子さんより最新訳書をご献本いただきました。
光野さん、いつもありがとうございます

勇気の季節 (ハヤカワ・ノヴェルズ) 勇気の季節 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
(2010/03/05)
ロバート・B・パーカー

商品詳細を見る


ロバート・B・パーカーの追悼出版作となる本作は、
著者第2作目にして最後のYA作品になりそうです。

訳者である光野さんのあとがきでも触れられているのですが、
なんと、本作の最終校正作業中に著者急逝の知らせが入ったのだそうです。
しかも次回作の執筆の最中の出来事だったとか…。

パーカーの代表作といえばなんといってもスペンサー・シリーズ
著者の写真のイメージも手伝ってか、大人の手練手管、襞や機微を
描いたダンディな作家というイメージがありました。
(帯にも“最後のプロフェッショナル作家”とありますね。)

…なのですが、初めてのヤングアダルト作品であった前作、
われらがアウルズ』同様、本書もとても70代の方が書いたとは
思えない少年たちの感情の細やかな揺れ動きや15歳の視点で描かれた世界の描写に
ぐいぐいと引き込まれてしまいます。主人公の少年はボクシングを習っているのですが、
読み終わった後、タイトルの『勇気の季節』がじーんと染み入りました。
バスケットが題材になっている『われらがアウルズ』も光野さんが翻訳を手がけられています。
(光野さんのホームページはこちらです。)

YAをなかなか手に取ったことがないという大人でも
自分のあの頃をつい思い出したくなる、そんなみずみずしい一冊です。


アメリア事務局
中川