アメリア公式ブログ

翻訳者ネットワーク「アメリア」が、
最新情報やアメリア会員の方の
翻訳実績を綴ります♪

名誉会員の栗原百代さんよりご献本いただきました。
栗原さん、ありがとうございます


ポストモダンの共産主義 はじめは悲劇として、二度めは笑劇として (ちくま新書) ポストモダンの共産主義 はじめは悲劇として、二度めは笑劇として (ちくま新書)
(2010/07/07)
スラヴォイ・ジジェク

商品詳細を見る



著者のスラヴォイ・ジジェクは哲学者であり、精神分析家であり文化批評家。

今回の本は、この十年の混迷を分析し「二十一世紀を生き抜くための
新しい革命思想を問う」思想的な作品です。

翻訳に際しては、

本作はジジェクの思想をたどるのも、けれんに満ちた文章を
新書に合うリーダブルなものにするのも苦戦しました


と栗原さん。
(さぞかし大変だったのではないかと拝察いたします…。)

今後のご活躍も楽しみにしております


今日も猛暑日ですね
熱中症にはお気をつけください。


アメリア事務局・入江環