アメリア公式ブログ

翻訳者ネットワーク「アメリア」が、
最新情報やアメリア会員の方の
翻訳実績を綴ります♪

今年も「翻訳トライアスロン」を開催いたします!各分野のスケジュールや上位入賞者への賞品など、詳細はこちらの【開催概要】をご覧ください。

「翻訳トライアスロン」とは…?

スイム・バイク・ランの3種目を競うトライアスロンのように<出版><映像><実務>の英日翻訳に挑戦する、アメリア夏の恒例イベントです。毎年数百名の方にご参加いただいており、優秀な成績を修めた方には豪華賞品をプレゼントいたします。

・第1種目 7月号<出版(フィクション)>

(6月28日課題公開)

・第2種目 8月号<映像(字幕)>

(7月26日課題公開)

・第3種目 9月号<実務(ビジネス)>

(8月26日課題公開)

1種目からの参加も可能で、何種目参加しても応募料は3,300円(税込)です。ぜひ完走(=3種目すべてに参加すること)を目指してみてくださいね!各種目で96点以上を獲得されると「クラウン会員」資格を獲得できます。

「クラウン会員」とは…?

経験の有無に関わらず「実際の仕事で通用するレベル」とみなされるアメリア独自の会員資格です。「クラウン会員」資格を取得すると、翻訳の実務経験がなくても経験者対象の求人に応募できるチャンスが増えます。詳細はこちらの【目指そう!クラウン会員】をご覧ください。

「3か月連続で応募するのは時間が取れなさそうで自信がない」「やったことがない分野の翻訳課題にどう取り組めばよいか分からない」といったお悩みをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。そんな方は【翻訳トライアスロン 応援企画】を参考になさってみてくださいね!各分野の審査員や「翻訳トライアスロン」経験者のアメリア会員の方からアドバイスを差し上げます。

翻訳トライアスロン応援企画

・2021年「審査員が指南する 課題に取り組む方法&参加した人に聞いた翻訳トライアスロンQ&A」

・2020年「初めての翻訳トライアスロン参戦記&タイプ別ポイントアップの秘訣!」

※「翻訳トライアスロン応援企画」はアメリア会員限定ページです。

 

アメリア事務局 相澤

ただいま訳文応募受付中の第3種目<実務(ビジネス)>は9月25日(金)18時が応募締切です!第3種目からのご応募もお待ちしております。

【課題掲載】

・アメリアWebサイト「スキルアップ」>「翻訳トライアスロン2020 第3種目(実務)」

・情報誌『Amelia』9月号(8月26日発送)

【審査員】

木下 裕子氏(出版・実務翻訳者)

【応募スケジュール】

8月26日(水)~9月25日(金)18時

【成績・訳例講評の発表】

12月28日(月)

【応募料】

何種目応募しても3,000円(税抜)

※1種目のみの応募も可能です。

【クラウン会員】

96点以上で、ビジネスの「クラウン会員」資格取得

【賞品】

最高得点の方にAmazonギフト券10,000円

そのほか、豪華賞品がもらえる「トライアスリート賞」「完走ジャンプアップ賞」もございます。今年から「種目ジャンプアップ賞」を新設しました。詳細は開催概要をご覧ください。

これから挑戦される方、まだまだ間に合います!翻訳トライアスロン応援企画では「未経験のジャンルに挑戦したい」「クラウン会員を目指したい」など、目的別にアドバイスを公開しております。翻訳トライアスロンをフル活用するためにぜひご覧ください!

※「応援企画」はアメリア会員専用ページです。

今年の夏の集大成を「翻訳トライアスロン」で発揮してみませんか?

ご応募お待ちしております。

アメリア事務局 相澤

本日8月26日(水)から「翻訳トライアスロン」第3種目<実務(ビジネス)>が始まります。第3種目からのご応募もお待ちしております!

「翻訳トライアスロン」の応援企画はもうご覧になりましたか?

各種目審査員に「新ジャンル挑戦のポイント」「平均点獲得のポイント」「クラウン会員になるためのポイント」を伺いました。翻訳トライアスロンをフル活用するために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※「応援企画」はアメリア会員専用ページです。

今年の<実務>はアメリカ心理学会の一部会が作っているサイト記事からの出題です。

【課題掲載】

・アメリアWebサイト「スキルアップ」>「翻訳トライアスロン2020 第3種目(実務)」

・情報誌『Amelia』9月号(8月26日発送)

【審査員】

木下 裕子氏(出版・実務翻訳者)

【応募スケジュール】

8月26日(水)~9月25日(金)18時

【成績・訳例講評の発表】

12月28日(月)

【応募料】

何種目応募しても3,000円(税抜)

※1種目のみの応募も可能です。

【クラウン会員】

96点以上で、ビジネスの「クラウン会員」資格取得

【賞品】

最高得点の方にAmazonギフト券10,000円

そのほか、豪華賞品がもらえる「トライアスリート賞」「完走ジャンプアップ賞」もございます。今年から「種目ジャンプアップ賞」を新設しました。詳細は開催概要をご覧ください。

今年の「翻訳トライアスロン」もついに最終種目です!完走目指して、最後まで駆け抜けましょう。もちろんこれからのご参加も大歓迎です!ご応募お待ちしております。

アメリア事務局 相澤

ただいま訳文応募受付中の第2種目<映像(字幕)>は8月25日(火)18時が応募締切です!第2種目からのご応募もお待ちしております。

【課題掲載】

・アメリアWebサイト「スキルアップ」>「翻訳トライアスロン2020 第2種目(映像)」

・情報誌『Amelia』8月号(7月27日発送)

※課題映像はアメリアWebサイトからご覧いただけます。

【審査員】

田中 武人氏(字幕翻訳家/フェロー・アカデミー講師)

【応募スケジュール】

7月27日(月)~8月25日(火)18時

【成績・訳例講評の発表】

11月26日(木)

【応募料】

何種目応募しても3,000円(税抜)

※1種目のみの応募も可能です。

【クラウン会員】

96点以上で、映像の「クラウン会員」資格取得

【賞品】

最高得点の方にAmazonギフト券10,000円

そのほか、豪華賞品がもらえる「トライアスリート賞」「完走ジャンプアップ賞」もございます。今年から「種目ジャンプアップ賞」を新設しました。詳細は開催概要をご覧ください。

これから挑戦される方、まだまだ間に合います!翻訳トライアスロン応援企画では「未経験のジャンルに挑戦したい」「クラウン会員を目指したい」など、目的別にアドバイスを公開しております。「翻訳トライアスロン」をフル活用するためにぜひご覧ください!

※「応援企画」はアメリア会員専用ページです。

字幕翻訳には数多くのルールが存在しますが「翻訳トライアスロン」では課題ページでご紹介しているルールを守っていただければ大丈夫です。また、字幕制作ソフトがなくてもご参加いただけますので、字幕翻訳未経験の方もぜひこの機会に挑戦してみてくださいね!

アメリア事務局 相澤

本日7月27日(月)から「翻訳トライアスロン」第2種目<映像(字幕)>が始まります。

第2種目<映像(字幕)>からのご応募もお待ちしております!

「翻訳トライアスロン」の応援企画はもうご覧になりましたか?

昨年初めて「翻訳トライアスロン」に参加した方が語る、「チャレンジを通して何を得られたのか」は必読です!また、各種目審査員に「新ジャンル挑戦のポイント」「平均点獲得のポイント」「クラウン会員になるためのポイント」を伺いました。翻訳トライアスロンをフル活用するために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※「応援企画」はアメリア会員専用ページです。

今年の<映像>は1970 年代のアメリカを舞台にしたサスペンス映画から出題します。

【課題掲載】

・アメリアWebサイト「スキルアップ」>「翻訳トライアスロン2020 第2種目(映像)」

・情報誌『Amelia』8月号(7月27日発送)

※課題映像はアメリアWebサイトからご覧いただけます。

【審査員】

田中 武人氏(字幕翻訳家/フェロー・アカデミー講師)

【応募スケジュール】

7月27日(月)~8月25日(火)18時

【成績・訳例講評の発表】

11月26日(木)

【応募料】

何種目応募しても3,000円(税抜)

※1種目のみの応募も可能です。

【クラウン会員】

96点以上で、映像の「クラウン会員」資格取得

【賞品】

最高得点の方にAmazonギフト券10,000円

そのほか、豪華賞品がもらえる「トライアスリート賞」「完走ジャンプアップ賞」もございます。今年から「種目ジャンプアップ賞」を新設しました。詳細は開催概要をご覧ください。

字幕翻訳では通常ハコ切りとスポッティングという作業が必要ですが、「翻訳トライアスロン」ではどちらもすでに行った状態で出題します。セリフ末尾にある文字数内で訳せばよいので、SSTやBabelなどの字幕制作ソフトがなくても参加できます。

また、字幕翻訳にはさまざまなルールがあります。しかし「翻訳トライアスロン」では課題ページでご紹介しているルールを守っていただければ大丈夫です。

映像翻訳未経験の方もぜひお気軽にご応募ください

今年の「翻訳トライアスロン」はまだまだ始まったばかりです。今の実力を把握して、さらなる飛躍を目指しましょう!ご応募お待ちしております。

アメリア事務局 相澤

ただいま訳文応募受付中の第1種目は7月27日(月)18時が応募締切です!

~課題作品のあらすじ~

自閉症の妹とコミュニケーションを取るためのプログラムを独自に開発したジェイドは才能を見込まれ、新規事業のリーダーに抜擢される。しかし、新しく暮らし始めた町はどこか奇妙で──。

【課題】

LS Hawker著“End of the Road”より一部抜粋(1,000ワード程度)

【課題掲載】

・アメリアWebサイト「スキルアップ」>「翻訳トライアスロン2020 第1種目(出版)」

・情報誌『Amelia』7月号(6月26日発送)

【審査員】

村井 智之氏(文芸翻訳家/フェロー・アカデミー講師)

※村井氏へのインタビューはこちら

【応募スケジュール】

6月26日(金)~7月27日(月)18時

【成績・訳例講評の発表】

10月26日(月)

【応募料】

何種目応募しても3,000円(税抜)

【クラウン会員】

96点以上で、出版(フィクション)の「クラウン会員」資格取得

【賞品】

最高得点の方にAmazonギフト券10,000円

そのほか、豪華賞品がもらえる「トライアスリート賞」「完走ジャンプアップ賞」もございます。今年から「種目ジャンプアップ賞」を新設しました。詳細は開催概要をご覧ください。

これから挑戦される方、まだまだ間に合います!もしも訳文に気になる部分が残ってしまったら、翻訳トライアスロン応援企画を読んでみるとヒントが見つかるかもしれません。

※「応援企画」はアメリア会員専用ページです。

これから8月、9月と続いていく「翻訳トライアスロン」。まずはでスタートダッシュをかけましょう。みなさまの熱意あふれる訳文をお待ちしております!

アメリア事務局 相澤

本日6月26日(金)から今年の「翻訳トライアスロン」がスタートします!

第1種目は<出版>で、アメリカのカンザス州にある小さな町が舞台のミステリー小説から出題します。

【課題】

LS Hawker著“End of the Road”より一部抜粋(1,000ワード程度)

【課題掲載】

・アメリアWebサイト「スキルアップ」>「翻訳トライアスロン2020 第1種目(出版)」

・情報誌『Amelia』7月号(6月26日発送)

【審査員】

村井 智之氏(文芸翻訳家/フェロー・アカデミー講師)

※村井氏へのインタビューはこちら

【応募スケジュール】

6月26日(金)~7月27日(月)18時

【成績・訳例講評の発表】

10月26日(月)

【応募料】

何種目応募しても3,000円(税抜)

【クラウン会員】

96点以上で、出版(フィクション)の「クラウン会員」資格取得

【賞品】

最高得点の方にAmazonギフト券10,000円

※そのほか、豪華賞品がもらえる「トライアスリート賞」「完走ジャンプアップ賞」もございます。今年から「種目ジャンプアップ賞」を新設しました。詳細は開催概要をご覧ください。

アメリアで毎年恒例の夏のイベントである「翻訳トライアスロン」。

得意分野の力試しはもちろん、初めてのジャンルにも挑戦してみませんか?

出版・映像・実務の翻訳総合力をはかるチャンスです!

審査員への質問も受け付けます

応募訳文の末尾に【審査員への質問】と題して簡潔に質問をお書きください。

※質問への回答は講評に盛り込まれる予定ですが、すべての質問への回答をお約束するものではありません。

皆さまのご応募をお待ちしております。目指せ3種目完走!

アメリア事務局 相澤

今年も「翻訳トライアスロン」を開催いたします。

スケジュールや上位入賞者へのプレゼントなど、詳細は開催概要をご覧くださいませ。

⇒翻訳トライアスロン2020の開催概要を見る

 「翻訳トライアスロン」とは…?

スイム・バイク・ランの3種目を競うトライアスロンのように<出版><映像><実務>の英日翻訳に挑戦する、アメリア夏の恒例イベントです。

毎年数百名の方にご参加いただいており、優秀な成績を修めた方には豪華賞品をプレゼントいたします!

・第1種目 7月号<出版(フィクション)>

(6月26日課題公開)

・第2種目 8月号<映像(字幕)>

(7月27日課題公開)

・第3種目 9月号<実務(ビジネス)>

(8月26日課題公開)

1種目からの参加もできますし、何種目参加しても応募料は3,000円(税抜)です。

ぜひ完走(=3種目すべてに参加すること)を目指してみてくださいね!

なお、各種目で96点以上を獲得されると「クラウン会員」資格を獲得できます。

「一度も参加したことがないからなんとなくハードルが高い」「経験のない翻訳分野にチャレンジするのをためらってしまう」という方は、応援企画をぜひご覧ください!

第一部では、昨年初めて「翻訳トライアスロン」に参加したアメリア会員の方にインタビューを行い、第二部では各種目の審査員に参加するにあたってのアドバイスを伺いました。

新ジャンルに挑戦するときの心得や、平均点以上を取るために必要なポイントなどをプロの翻訳者である審査員からお伝えします。

⇒応援企画を読む

※「翻訳トライアスロン2020 応援企画」はアメリアWebサイトの「スキルアップ」からもご覧いただけます(アメリア会員限定ページです)。

「翻訳トライアスロン」でさらなるスキルアップを一緒に目指しましょう!

皆さまのご応募をお待ちしております。

アメリア事務局 相澤

現在、訳文応募受付中の第3種目<実務>は9月25日(水)18時に応募締切です!

とうとう今年の「翻訳トライアスロン」も最終種目になりました。「翻訳トライアスロン」は出版・映像・実務の3分野の翻訳に挑戦しようという企画ですが、これまで1種目も応募していなくても、第3種目<実務>からのご参加も可能です。

2019年の夏の締めくくりにぜひご応募してみませんか?

今から課題に取り組んでも間に合います!

課題文は「人間はロボットに仕事を奪われるのか?」という問題がテーマになっています。機械翻訳にご興味のある方、必読です!

【課題掲載】

・アメリアWebサイト「スキルアップ」>「翻訳トライアスロン2019 第3種目(実務)」

・情報誌『Amelia』9月号(8月26日発送)

【審査員】

木下 裕子氏(出版・実務翻訳者)

【応募スケジュール】

8月26日(月)~9月25日(水)18時

【成績・訳例講評の発表】

12月26日(木)

【応募料】

何種目応募しても3,000円(税抜)

※1種目のみの応募も可能です。

【クラウン会員】

96点以上で、ビジネスの「クラウン会員」資格取得

【賞品】

・各種目で最高得点の方にAmazonギフト券10,000円をプレゼント

・3種目総合得点が1~3位の方に家電などの豪華賞品をプレゼント

・2018年度から最も総合得点がアップした方にフェロー・アカデミーのオンライン講座をプレゼント

詳細は開催概要をご覧くださいね!

課題は、機械と人間の関係性について論じた記事からの出題ですが、審査員によると「決して悲観的な内容ではなく、むしろ漠然とした不安感をぬぐってくれるはず」とのことですので、ご心配なく!

締め切りまであと2週間。ご応募をお待ちしております

アメリア事務局 相澤

本日8月26日(月)より第3種目<実務>がスタートです!いよいよ最終種目に突入ですね。第3種目<実務>からのご参加ももちろんOKです

今年は「人間はロボットに仕事を奪われるのか?」という問題を論じる記事からの出題です。機械翻訳の発展が気になる昨今ですので、このテーマに関心をお持ちの方も多いはず。この機会にぜひ読んでみてください!

【課題掲載】

・アメリアWebサイト「スキルアップ」>「翻訳トライアスロン2019 第3種目(実務)」

・情報誌『Amelia』9月号(8月26日発送)

【審査員】

木下 裕子氏(出版・実務翻訳者)

【応募スケジュール】

8月26日(月)~9月25日(水)18時

【成績・訳例講評の発表】

12月26日(木)

【応募料】

何種目応募しても3,000円(税抜)

※1種目のみの応募も可能です。

【クラウン会員】

96点以上で、ビジネスの「クラウン会員」資格取得

【賞品】

・各種目で最高得点の方にAmazonギフト券10,000円をプレゼント

・3種目総合得点が1~3位の方に家電などの豪華賞品をプレゼント

・2018年度から最も総合得点がアップした方にフェロー・アカデミーのオンライン講座をプレゼント

詳細は開催概要をご覧くださいね!

今回の課題には専門用語はほとんど登場しませんし、そこまで「硬い」文章ではありません。よく話題になるテーマでもありますので、普段テクノロジ系の文章と接点が多くない方からのチャレンジもお待ちしています

「翻訳トライアスロン2019」もラスト1種目を残すのみとなりました。まだご参加していない方、これからでも間に合いますよ!今年の夏の集大成としてぜひ訳文をお寄せください!

アメリア事務局 相澤

ただいま訳文応募受付中の第2種目<映像>は8月26日(月)18時に応募締切です!

「翻訳トライアスロン」は1種目から応募できますので、第2種目<映像>からのご参加もお待ちしております

~課題作品のあらすじ~

1970 年代の米国南部が舞台。南部のなかでも特に人種差別が激しくKKKの活動も活発な町で、黒人による暴行事件が起こり……。

【課題掲載】

・アメリアWebサイト「スキルアップ」>「翻訳トライアスロン2019 第2種目(映像)」

・情報誌『Amelia』8月号(7月26日発送)

※課題映像はアメリアWebサイトからご覧いただけます。

【審査員】

田中 武人氏(字幕翻訳家/フェロー・アカデミー講師)

【応募スケジュール】

7月26日(金)~8月26日(月)18時

【成績・訳例講評の発表】

11月26日(火)

【応募料】

何種目応募しても3,000円(税抜)

【クラウン会員】

96点以上で、映像の「クラウン会員」資格取得

【賞品】

・各種目で最高得点の方にAmazonギフト券10,000円をプレゼント

・3種目総合得点が1~3位の方に家電などの豪華賞品をプレゼント

・2018年度から最も総合得点がアップした方にフェロー・アカデミーのオンライン講座をプレゼント

詳細は開催概要をご覧くださいね。

第2種目<映像>から挑戦される方、まだまだ間に合います!もしも訳文に気になる部分が残ってしまったら、「翻訳トライアスロン」の応援企画を読み直してみるとヒントが見つかるかもしれません。

※「応援企画」はアメリア会員専用ページです。

完走を目指される方は折り返し地点です!スケジュールを調整して取り組まれたご経験は、きっとこれからの翻訳ライフに活きてくるはずです

みなさまの熱意あふれる訳文をお待ちしております!

アメリア事務局 相澤

本日7月26日(金)より第2種目<映像>がスタートです!第2種目<映像>からのご応募もお待ちしております

「翻訳トライアスロン」の応援企画はもうご覧になりましたか?

「どうやって翻訳トライアスロンでスキルアップしたらよいの?」「挑戦したいけどなんだかハードルが高い…」という方は必見です!現役プロの翻訳者である審査員3名がアドバイスします。

※「応援企画」はアメリア会員専用ページです。

~課題作品のあらすじ~

1970 年代の米国南部が舞台。南部のなかでも特に人種差別が激しくKKKの活動も活発な町で、黒人による暴行事件が起こり…。

【課題掲載】

・アメリアWebサイト「スキルアップ」>「翻訳トライアスロン2019 第2種目(映像)」

・情報誌『Amelia』8月号(7月26日発送)

※課題映像はアメリアWebサイトからご覧いただけます。

【審査員】

田中 武人氏(字幕翻訳家/フェロー・アカデミー講師)

【応募スケジュール】

7月26日(金)~8月26日(月)18時

【成績・訳例講評の発表】

11月26日(火)

【応募料】

何種目応募しても3,000円(税抜)

※1種目のみの応募も可能です。

【クラウン会員】

96点以上で、映像の「クラウン会員」資格取得

【賞品】

・各種目で最高得点の方にAmazonギフト券10,000円をプレゼント

・3種目総合得点が1~3位の方に家電などの豪華賞品をプレゼント

・2018年度から最も総合得点がアップした方にフェロー・アカデミーのオンライン講座をプレゼント

詳細は開催概要をご覧くださいね!

通常ハコ切りとスポッティングという作業が字幕翻訳には必要ですが、「翻訳トライアスロン」では審査員がどちらも行ったうえで出題します。セリフ末尾にある文字数内で訳せばOKなので、SSTやBabelなどの字幕制作ソフトがなくても参加できます。

また、字幕翻訳にはさまざまなルールがあるものの「翻訳トライアスロン」では課題ページでご紹介している10個のルールを守っていただければ大丈夫です。

映像翻訳未経験の方もぜひお気軽にご応募ください

翻訳スキルアップの夏は、まだまだこれからです!みなさまの力作をお待ちしております!

アメリア事務局 相澤

ただいま訳文応募受付中の第1種目<出版>は7月25日(木)18時に応募締切です!

課題文は1,000ワード程度で原書も短編ですので、原書をすべて読んでからでも間に合いますよ!ミステリーらしいハラハラするストーリーも楽しみつつ訳してみてくださいね

~あらすじ~

郵便局の元副局長が殺され、彼と特別な関係が噂されていた局長が横領目的の殺人の容疑者に。主人公は、局長である姉から一枚の絵はがきを受け取って……。

【課題】

“Florida Happens: Tales of Mystery, Mayhem, and Suspense from the Sunshine State” 収録のSusanna Calkins作 “A POSTCARD FOR THE DEAD” より一部抜粋(1,000ワード程度)

【課題掲載】

・アメリアWebサイト「スキルアップ」>「翻訳トライアスロン2019 第1種目(出版)」

・情報誌『Amelia』7月号(6月26日発送)

【審査員】

村井 智之氏(文芸翻訳家/フェロー・アカデミー講師)

【応募スケジュール】

6月26日(水)~7月25日(木)18時

【成績・訳例講評の発表】

10月28日(月)

【応募料】

何種目応募しても3,000円(税抜)

【クラウン会員】

96点以上で、出版(フィクション)の「クラウン会員」資格取得

【賞品】

・各種目で最高得点の方にAmazonギフト券10,000円をプレゼント

・3種目総合得点が1~3位の方に家電などの豪華賞品をプレゼント

・2018年度から最も総合得点がアップした方にフェロー・アカデミーのオンライン講座をプレゼント

詳細は開催概要をご覧くださいね!

「毎年迷っているけど結局参加したことがない」「いつもと違う分野に興味はあるけど…」という方も、今年こそチャレンジしてみませんか?

完走した方全員のお名前は情報誌『Amelia』2020年2月号に掲載し表彰いたします!600社以上あるアメリアご利用企業からの注目度も高いです

皆さまのご応募お待ちしております

アメリア事務局 相澤

本日6月26日(水)より今年の翻訳トライアスロンが始まります!

第1種目は<出版>で、フロリダのWest Palm Beachを舞台にしたミステリー小説から出題します。

【課題】

“Florida Happens: Tales of Mystery, Mayhem, and Suspense from the Sunshine State” 収録

Susanna Calkins の“A POSTCARD FOR THE DEAD”より一部抜粋(1,000ワード程度)

【課題掲載】

・アメリアWebサイト「スキルアップ」>「翻訳トライアスロン2019 第1種目(出版)」

・情報誌『Amelia』7月号(6月26日発送)

【審査員】

村井 智之氏(文芸翻訳家/フェロー・アカデミー講師)

※村井氏へのインタビューはこちら

【応募スケジュール】

6月26日(水)~7月25日(木)18時

【成績・訳例講評の発表】

10月28日(月)

【応募料】

何種目応募しても3,000円(税抜)

【クラウン会員】

96点以上で、出版(フィクション)の「クラウン会員」資格取得

【賞品】

最高得点の方にAmazonギフト券10,000円

※そのほか、豪華賞品がもらえる「トライアスリート賞」「ジャンプアップ賞」もございます。詳細は開催概要をご覧ください。

アメリアで毎年恒例の夏のイベントである「翻訳トライアスロン」。

いつもとは違うジャンルに応募するいいきっかけになるかも!?

出版・映像・実務の翻訳総合力をはかるチャンスです!

審査員への質問も受け付けます

応募訳文の末尾に【審査員への質問】と題して簡潔に質問をお書きください。

※質問への回答は講評に盛り込まれる予定ですが、すべての質問への回答をお約束するものではありません。

皆さまのご応募をお待ちしております!

3種目完走を目指して、スタートダッシュを切りましょう

アメリア事務局 相澤

今年も「翻訳トライアスロン」の時期がやってきました

スケジュールや上位入賞者へのプレゼントなど、詳細は開催概要をご覧くださいませ。

【翻訳トライアスロン2019開催概要はこちら】

 「翻訳トライアスロン」とは…?

スイム・バイク・ランの3種目を競うトライアスロンのように<出版><映像><実務>の英日翻訳に挑戦する、アメリア夏の恒例イベントです。

毎年数百名の方にご参加いただいており、優秀な成績を修めた方には豪華賞品をプレゼントいたします!

・第1種目 7月号<出版(フィクション)>

(6月26日課題公開)

・第2種目 8月号<映像(字幕)>

(7月26日課題公開)

・第3種目 9月号<実務(ビジネス)>

(8月26日課題公開)

1種目から参加いただくことも可能で、何種目参加しても応募料は3,000円(税抜)です。

ぜひ完走(=3種目すべてに参加すること)を目指してみてくださいね!

なお、各種目で96点以上を獲得されると「クラウン会員」資格もゲットできます

“専門外のジャンルに挑戦してみる” “さらなる翻訳のスキルアップを目指す” “「クラウン会員」資格取得を目標にする” など「翻訳トライアスロン」は様々な目的に活用できます。

参加者の皆さまへの応援企画として、各種目の審査員に目的別のアドバイスを伺いました!

アメリアWebサイトの「スキルアップ」にある「翻訳トライアスロン2019 応援企画」からご覧いただけます。

「新ジャンルに挑戦するときには何に気を付ければよい?」「平均点以上を取るには?」などの疑問に、プロの翻訳者である審査員がお答えします。

集中して翻訳に取り組む夏にしませんか?

皆さまのご参加をお待ちしております!

アメリア事務局 相澤

ただいま訳文応募受付中の第3種目<実務>の締め切りは9月25日(火)18時になります。完走はもう目の前です!第3種目からのご参加も大歓迎です

2019年1月下旬発送の成績表では総合順位もお伝えしますので、ご自身の実力を客観的に知ることのできるチャンスです。

課題のテーマは「日本のジェンダー問題」です。難解な専門用語は登場せず、英文もシンプルなので、誰にでも取り組みやすい課題になっております。

ですが原文読解が易しいからといって、英語を日本語に翻訳することも簡単であるとは言えません!いかに分かりやすい日本語に訳すかが腕の見せ所です。

ぜひ推敲に推敲を重ねて、訳文を磨き上げてみてくださいね!審査員がひとつひとつ丁寧に目を通し、皆さまの熱意にお答えいたします。

【課題掲載】

・アメリアWebサイト「スキルアップ」の「翻訳トライアスロン2018 第3種目(実務)」

・情報誌『Amelia』9月号

【審査員】

木下 裕子氏(出版・実務翻訳者/フェロー・アカデミー講師)

【応募スケジュール】

8月27日(月)~9月25日(火)18時

【成績・訳例講評の発表】

12月26日(水)

【応募料】

何種目応募しても3,000円(税抜)

【クラウン会員】

96点以上で、ビジネスのクラウン会員資格取得

【賞品】

最高得点の方にAmazonギフト券10,000円

※家電などの豪華賞品がもらえる「トライアスリート賞」「ジャンプアップ賞」もございます。詳細は開催概要をご覧ください。

なお締切日の18時を過ぎると訳文を受け付けることができなくなってしまうので、余裕をもったご応募をおすすめします!皆さまのご応募をお待ちしております

アメリア事務局 相澤

本日8月27日(月)より第3種目<実務>の応募受付を開始しました!とうとう最終種目になりましたが、もちろん第3種目からのご応募もお待ちしております

アメリアWebサイトでは応援企画も公開中!仕事を依頼したくなる翻訳者が持つ「〇〇力」とは…?どのように翻訳トライアスロンに取り組めばよいか、お悩み中の方も要チェック!

今回の課題テーマは「日本のジェンダー問題」で、海外の研究レポートからの出題となっています。審査員の木下氏によると「日本の社会問題がどのように解釈されているのか読み解くことで『翻訳って楽しい!』と改めて感じてほしい」とのこと。日本という背景知識のあるテーマだからこそ、日本語訳文を推敲する時間により力を注ぐことができそうです。

【課題掲載】

・アメリアWebサイト「スキルアップ」>「翻訳トライアスロン2018 第3種目(実務)」

・情報誌『Amelia』9月号(8月27日発送)

【審査員】

木下 裕子氏(出版・実務翻訳者/フェロー・アカデミー講師)

【応募スケジュール】

8月27日(月)~9月25日(火)18時

【成績・訳例講評の発表】

12月26日(水)

【応募料】

何種目応募しても3,000円(税抜)

【クラウン会員】

96点以上で、ビジネスのクラウン会員資格取得

【賞品】

最高得点の方にAmazonギフト券10,000円

※その他「トライアスリート賞」「ジャンプアップ賞」もございます。

 詳細は開催概要をご覧ください。

審査員への質問も受け付けます

応募訳文の末尾に【審査員への質問】と題して簡潔に質問をお書きください。

※質問への回答は講評に盛り込まれる予定ですが、全ての質問への回答をお約束するものではありません。

「翻訳トライアスロン 2018」はもうゴール目前です!

皆さまのご応募を心よりお待ちしております。

アメリア事務局 相澤

ただいま訳文応募受付中の第2種目<映像>の締め切りは8月27日(月)18時!第2種目からのご参加も大歓迎です

課題のセリフ末尾にある制限文字数内で字幕を作ってみましょう!「字幕翻訳のルールがよく分からない…」という方は、課題ページにある「<映像・字幕>訳文作成時のご注意」を参考にしながらチャレンジしてみてくださいね。

訳例・講評と得点は11月26日(月)に発表予定です。2019年1月下旬発送の成績表では、皆さん一人ひとりに総合順位もお伝えいたします。ご自身の実力を客観的に知ることのできるチャンスです!

【課題掲載】

・アメリアWebサイト「スキルアップ」の「翻訳トライアスロン2018 第2種目(映像)」

・情報誌『Amelia』8月号

※課題映像はアメリアWebサイトで公開中です。

【審査員】

田中 武人氏(字幕翻訳家/フェロー・アカデミー講師)

【応募スケジュール】

7月26日(木)~8月27日(月)18時

【成績・訳例講評の発表】

11月26日(月)

【応募料】

何種目応募しても3,000円(税抜)

【クラウン会員】

96点以上で、映像のクラウン会員資格取得

【賞品】

最高得点の方にAmazonギフト券10,000円

※家電などの豪華賞品がもらえる「トライアスリート賞」「ジャンプアップ賞」もございます。詳細は開催概要をご覧ください。

なお締切日の18時を過ぎると訳文を受け付けることができなくなってしまうので、余裕をもったご応募をおすすめします!皆さまのご応募お待ちしております

アメリア事務局 相澤

本日7月26日(木)より第2種目<映像>の応募受付を開始しました!

第1種目<出版>の結果発表は10月26日(金)です。もちろん第2種目<映像>からのご応募もお待ちしております

ただいま応援企画も公開中!「仕事を依頼したくなる翻訳者ってどんな人?」「どんなふうに翻訳トライアスロンに取り組めばよい?」とお悩み中の方は要チェックです

今年度の課題は1960年代制作のミステリー映画です。裕福な夫との離婚を決意したヒロインは、ピーターという素敵な男性に心惹かれるようになります。しかしパリにある自宅に帰ってきたところ、訪れてきた警部に夫の死を知らされ…

【課題掲載】

・アメリアWebサイト「スキルアップ」>「翻訳トライアスロン2018 第2種目(映像)」

・情報誌『Amelia』8月号(7月26日発送)

※課題映像はアメリアWebサイトからご覧いただけます。

【審査員】

田中 武人氏(字幕翻訳家/フェロー・アカデミー講師)

【応募スケジュール】

7月26日(木)~8月27日(月)18時

【成績・訳例講評の発表】

11月26日(月)

【応募料】

何種目応募しても3,000円(税抜)

【クラウン会員】

96点以上で、映像のクラウン会員資格取得

【賞品】

最高得点の方にAmazonギフト券10,000円

※その他「トライアスリート賞」「ジャンプアップ賞」もございます。

 詳細は開催概要をご覧ください。

字幕翻訳には通常ハコ切りとスポッティングという作業が必要ですが、「翻訳トライアスロン」では審査員がどちらも行ったうえで出題しております。つまりセリフ末尾にある文字数内で訳せばよいので、SSTやBabelなどの字幕制作ソフトがなくても参加できます。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

なお訳出時には、課題ページにある「<映像・字幕>訳文作成時のご注意」をチェックすることをお忘れなく!

審査員への質問も受け付けます

応募訳文の末尾に【審査員への質問】と題して簡潔に質問をお書きください。

※質問への回答は講評に盛り込まれる予定ですが、全ての質問への回答をお約束するものではありません。

「翻訳トライアスロン 2018」も2種目目に突入しました!

皆さまのご応募を心よりお待ちしております。

アメリア事務局 相澤

ただいま訳文応募受付中の第1種目<出版>の締め切りは7月25日(水)18時

今回の課題は旅をテーマにしたアンソロジー小説です。「ツアーにこういう人、いるいる!」と思わず言いたくなってしまうかもしれません(笑)

長年の憧れの地、Israelを訪れた主人公は興奮が冷めやらない様子ですが、何だかツアーの面々にはソリが合わない人もいるようで…。タイトルの”Jerusalem Syndrome”の意味とは…?

【課題】

“Passport to Murder : Bouchercon Anthology 2017” 収録

Hilary Davidson の”Jerusalem Syndrome”より一部抜粋(1,200ワード程度)

【課題掲載】

・アメリアWebサイト「スキルアップ」>「翻訳トライアスロン2018 第1種目(出版)」

・情報誌『Amelia』7月号(6月26日発送)

【審査員】

村井 智之氏(文芸翻訳家/フェロー・アカデミー講師)

【応募スケジュール】

6月26日(火)~7月25日(水)18時

【成績・訳例講評の発表】

10月26日(金)

【応募料】

何種目応募しても3,000円(税抜)

【クラウン会員】

96点以上で、出版(フィクション)のクラウン会員資格取得

【賞品】

最高得点の方にAmazonギフト券10,000円

※その他「トライアスリート賞」「ジャンプアップ賞」もございます。詳細は開催概要をご覧ください。

なお締め切り日の18時を過ぎると訳文を受け付けることができなくなってしまうので、余裕をもったご応募をおすすめします!皆さまのご応募お待ちしております

アメリア事務局 相澤