アメリア公式ブログ

翻訳者ネットワーク「アメリア」が、
最新情報やアメリア会員の方の
翻訳実績を綴ります♪

年度初めの4月もいよいよ下旬。仕事や学校、環境の変化にも少しずつ
慣れてきて新しい目標に向けて気力が充実している方も多いのでは…

本日はこんな始まりの季節にぴったりの、学びとひらめきにまつわる書籍をご紹介。
北川玲さんが翻訳を手がけられた、『天才科学者のひらめき36』です

天才科学者のひらめき36: 世界を変えた大発見物語 天才科学者のひらめき36: 世界を変えた大発見物語
(2012/04/04)
リチャード ゴーガン

商品詳細を見る


万有引力の法則を発見したニュートン、ワクチンを開発したパスツール。
教科書でならったことのある偉大な学者や発明家たちと並び、
電気を流すことのできるプラスチックを発見したノーベル賞科学者の白川英樹博士、
電子レンジやDNA構造の解析のドラマなど、偶然のひらめきを生み出した
多くの天才科学者たちのエピソードがずらりと盛り込まれています。
(帯には白川博士の推薦文

偶然やひらめきに関する本はたくさんありますが、
本書の特徴は「どうしたらそういう発見ができるかを説いている」点
なのだとか。

北川さんも訳されながら、ひらめきが訪れるには
「準備」「チャンス」「欲求」の三拍子が揃うことが大事で、
「準備とは知識の積み重ね、欲求とは「知りたい」という強い気持ち」であり、
これは科学に限ったことではないという思いを強くされたのだそう。
どの道でも、本当にそうですよね

人類に大きな進歩をもたらした科学者たちのエピソードは
読者の一人ひとりが自分の道でひらめきを招く土台作りの
ガイドにもなるのではないでしょうか

かつて生物学者になりたかったと仰る北川さん。
本書の翻訳を通じて化学の世界に再会し、
今後は新たに科学関連書籍のお仕事も待機中とのことで
そちらもとっても楽しみです

北川さん、またのご連絡も楽しみにお待ちしています。


アメリア事務局
中川