アメリア公式ブログ

翻訳者ネットワーク「アメリア」が、
最新情報やアメリア会員の方の
翻訳実績を綴ります♪

近所の百貨店の地下食品売り場にて各地の銘菓が買えることが分かり、ウキウキしながら見に行っています🌸

さて本日は、アメリア会員の岩田佳代子さんが翻訳された『馬巣織りのトランク』をご紹介いたします!

『幻想と怪奇9』のご紹介(Amazonより)

第二次世界大戦を経て、さらに隆盛の様相を見せていたアメリカの雑誌文化。その中で成長を続けていた幻想と怪奇の物語は、「ニューヨーカー」や「サタデー・イヴニング・ポスト」などの有名雑誌にも掲載され。さらには電波に乗り、一般家庭の楽しみとなって日常に浸透していく……。パルプマガジン終盤期の1940年代から、TVシリーズ「ミステリーゾーン」が人気を博した60年代までのあいだの、奇妙で、奇怪で、不思議な物語を、雑誌と放送媒体の双方で活躍した名手たちの短編を中心に集め、その時代を一望する。

 

馬巣織りとは、縦糸に綿糸・麻糸または毛糸を、横糸に馬の尾の毛を用いて織った織物のことを指すそうですが、何だかノスタルジーも感じます。どんな物語なのか非常に気になるところです😖

池田さん、お知らせありがとうございます😊
今後のご活躍も応援しております❗

アメリア事務局 並木