アメリア公式ブログ

翻訳者ネットワーク「アメリア」が、
最新情報やアメリア会員の方の
翻訳実績を綴ります♪

今日は久しぶりの晴れ間で気持ち良いですね
梅雨とは思えない、からっとしていて過ごしやすい一日。
有意義に過ごしましょう

さて、本日はあのミュージシャンの超~~~気になる自伝をご紹介します。

ライフ ライフ
(2011/05/12)
キース・リチャーズ

商品詳細を見る


翻訳を手がけられたのは名誉会員の棚橋志行さん。

今朝のインターFM「バラカン・モーニング」で、
パーソナリティのピーター・バラカン氏が話題に出していました
原書を読まれたようで、「すごく面白かった! 日本語版も出てるのかな~」と
お話されていたのですが、はい、刊行されていますとも

第三者や友人・知人・評論家が書いたのではなく、
キース・リチャーズ本人の手による自伝です
まるで本人と話しているよう…というレビューがいくつもありました

よくのぞく書店でも目立つ場所にしっかり置かれていましたが
やはり手に取られる方も多い模様。

キースファンはもちろん、ファンならずとも読み応えばっちりの
濃密な1冊です。とにかく、かっこいいです


アメリア事務局
中川