アメリア公式ブログ

翻訳者ネットワーク「アメリア」が、
最新情報やアメリア会員の方の
翻訳実績を綴ります♪

翻訳家の雨沢泰さんより訳書をご献本いただきました。
雨沢さん、ありがとうございます!

血の記憶〈上〉 (講談社文庫) 血の記憶〈上〉 (講談社文庫)
(2008/10/15)
グレッグ・アイルズ

商品詳細を見る


血の記憶〈下〉 (講談社文庫) 血の記憶〈下〉 (講談社文庫)
(2008/10/15)
グレッグ・アイルズ

商品詳細を見る


40~60代の男性ばかりを狙った連続殺人事件がテーマのサスペンス。
怖い絵文字名を入力してくださいのですが一度読み出したら止まりません!
なが~い長篇映画を見ているような気分になります。
読書の秋におススメグッドな一冊です。


雨沢さんと言えばニコラス・スパークス氏の恋愛小説、
『きみに読む物語』『きみを想う夜空に』『きみと選ぶ道』などの
翻訳もされています。
ニコラス氏は本国では超売れっ子の小説家、日本においても
『きみに読む物語』は映画化もされて話題になりましたよね。

きみに読む物語 (ソフトバンク文庫) きみに読む物語 (ソフトバンク文庫)
(2007/12/17)
ニコラス・スパークス

商品詳細を見る


ニコラス氏の小説は男性の視点からピュアな想いが描かれており、
グッとくるウルウルポイントには涙顔2してしまいます。
悲しさや切なさだけで終わることなく、爽やかな温かい気持ちも
味わえるのが人気の秘密でしょうか。


こわ~いサスペンスから爽やかな小説まで幅広く翻訳を
手がけられる雨沢泰さん。
実は11月にアメリアWebサイトにご登場くださいます

翻訳への想いや翻訳者を目指す方へのアドバイスなど
とってもとっても為になるお話しを沢山してくださいました。
その内容は「田口俊樹の翻訳身の上相談室」で公開します。

どうぞお楽しみに!笑顔