アメリア公式ブログ

翻訳者ネットワーク「アメリア」が、
最新情報やアメリア会員の方の
翻訳実績を綴ります♪

本日はご紹介するのは名誉会員の吉澤康子さんの最新訳書、
『ロザムンドの死の迷宮』です
吉澤さん、ご献本ありがとうございます

ロザムンドの死の迷宮 (創元推理文庫) ロザムンドの死の迷宮 (創元推理文庫)
(2011/05/28)
アリアナ・フランクリン

商品詳細を見る


第一作『エルサレムから来た悪魔』で英国推理作家協会の
最優秀歴史ミステリ賞を受賞した女医アデリア・シリーズの第二作目
同賞には二作目となる本作もノミネート。折り紙つきの歴史ミステリです。

タイトルにもなっている「ロザムンド」は、
12世紀に実在した“麗しのロザムンド”、またの名を
“世界のバラ”
と呼ばれた絶世の美女

12世紀、イングランドからフランス西南部一帯を領有した
ヘンリー2世の愛妾でしたが、嫉妬にかられたヘンリー2世の妻、
王妃エレアノール(アリエノール)がロザムンドに毒を盛り
殺したという説話も…

本書ではこの説話を下敷きに、本シリーズの主人公で
本作では母になった女医・アデリアがロザムンド殺害の
真犯人を突き止めていきます
どんな推理で犯人にたどりつくのでしょうか

著者のアリアナ・フランクリンは今年一月に残念ながら
逝去されたそうなのですが、こちらのシリーズは第四作目まで
刊行予定とのこと。

淋しさも感じつつ、次回作の刊行が今から待ち遠しいです。
またのご連絡を楽しみにお待ちしております


アメリア事務局
中川