アメリア公式ブログ

翻訳者ネットワーク「アメリア」が、
最新情報やアメリア会員の方の
翻訳実績を綴ります♪

昨日は真夏のような日差しと気温でじりじり、やけた気がします
秋らしさはどこにいったのやら…

さて、今日はYA・児童書でご活躍中の田中亜希子さんの最新訳書のご紹介です。

困っちゃった王子さま (創元ブックランド) 困っちゃった王子さま (創元ブックランド)
(2011/09/29)
パトリシア・C・リーデ

商品詳細を見る


らしくない”登場人物たちが様々な冒険に
繰り出す<魔法の森シリーズ>、完結編の第4巻。

完結編……というのは寂しい気持ちもするのですが、
1~3巻までと大きく違う点がひとつ。
これまではすべて三人称で語られていた物語が、
本作では主人公、“らしくない”王子・デイスターの
一人称で進行します

小説において三人称と一人称の違いはとっても大きいですよね
本作は16歳の主人公の気持ちや眼差しがぐっと身近になり、
物語は一層臨場感を増して進んでいきます。

もちろん、シリーズおなじみのキャラクターたちも
どんどん登場するのですが、なんと前作の主人公、
魔女のモーウェンにも驚きの展開が待っているのです~
こういた登場人物たちの変遷が楽しめるのもシリーズものの醍醐味ですよね。

王子、魔女、魔法使い、森の王妃…おとぎ話によくある
役割を与えられた一人ひとりの登場人物の違いが
生き生きとした魅力となっている“らしくない”おとぎ話シリーズ

挿絵も大人っぽくてこれまた素敵なのです。
実際にページをめくってみてほしいな~と思います

田中さん、刊行おめでとうございます。
今後ますますのご活躍をお祈りしています


アメリア事務局
中川