アメリア公式ブログ

翻訳者ネットワーク「アメリア」が、
最新情報やアメリア会員の方の
翻訳実績を綴ります♪

みなさんは小さい頃に読んで心に残っている物語、
ありますか

国や世代を超えて親しまれている名作たちは数あれど、
中でも日本で多くの方々に深く愛され続けている
あの名作がポケット文庫になって登場です

フランダースの犬 (ポプラポケット文庫) フランダースの犬 (ポプラポケット文庫)
(2011/11)
ウィーダ

商品詳細を見る


翻訳を手がけられたのは高橋由美子さん。
今回は同年代の編集者さんとタッグを組んで
仕上げられたのだそうです

記憶を遡ってみると、私が最初に目にしたのはアニメ版でした。
アニメ版「フランダースの犬」は1970年代半ば~1990年代後半までに
放映された23作品におよぶ世界名作劇場シリーズでも
平均視聴率ランキング1位の作品なのですって。
(ちなみに2位は『あらいぐまラスカル』、3位は『母をたずねて三千里』。
 懐かしアニメ特集の御三家ですね

たまたまですが、わりと最近ケーブルテレビの
アニメ再放送で見直したばかりです。
ネロとパトラッシュが心を通わせる姿、健気さ、
気高い清貧さには何度見ても胸を打たれます…

かつては絵本がぼろぼろになるまで読んだものですが、
自分の子どもにも読んでほしいと思う方々も
たくさんいらっしゃるのでしょうね。
これから生まれる子どもたちの心にも
寄り添う物語となりますように…

高橋さん、これからもお話をお聞かせいただけることを
楽しみにしています


アメリア事務局
中川