アメリア公式ブログ

翻訳者ネットワーク「アメリア」が、
最新情報やアメリア会員の方の
翻訳実績を綴ります♪

昨日の集中豪雨 はすごかったですね~
でもそのおかげで今朝はホッと一安心の涼しさ。
このまま秋に突入してくれればいいのに…

さてさて、今日は会員の杉本詠美さんが手がけられた
超有名作品のお楽しみしかけ絵本2冊をご紹介しちゃいます。

アリスインワンダーランド (しかけえほん) アリスインワンダーランド (しかけえほん)
(2010/08)
ルイス・キャロルハリエット・キャスター

商品詳細を見る


杉本さんから、本の魅力をお知らせいただきました

「チェコのアニメーション作家による絵は美しくてちょっとぶきみです。
 めくり・ひき・立体などのしかけのほか、見開きごとに隠された「金の鍵
 を探して鍵に書かれた文字を並べると、「ワンダーランド」への行き方を
 示す文があらわれる……といったあそぴもついています。」
 
ルイス・キャロルの原作をたくさん取り入れたテキストは
ボリューム満点で言葉遊びも満載なのだそう。
「おかげで翻訳には非常に苦労しました。」と杉本さん。

そしてもう1冊はピーター・ラビット
(私も小さい頃好きでした~)

ピーターラビット フロプシーの子どもたち (しかけえほん) ピーターラビット フロプシーの子どもたち (しかけえほん)
(2010/08)
ビアトリクス ポター

商品詳細を見る


こちらは以前ご紹介した『冬のおはなし』と同じシリーズの作品。
冒険にドキドキ、友情にじ~んときて最後のページには
大きく立ち上がる立体しかけが
音と光で夜の森が演出されています

ご家族みんなで楽しめちゃうしかけ絵本。
飛び出すファンタジーの世界をご堪能ください

アメリア事務局
中川