アメリア公式ブログ

翻訳者ネットワーク「アメリア」が、
最新情報やアメリア会員の方の
翻訳実績を綴ります♪

出場を予定していたマラソン大会が中止になってしまいました。また開催中止が続きそうで、気になっています…。😥

さて本日はアメリア会員の西川美樹さんが翻訳を手掛けられた作品をご紹介いたします。

西川さんから紹介文をお寄せいただきました。
ネオナチや白人ナショナリスト、欧州のヒップな極右団体、反フェミニズムの女性たち、Qアノン、ISISのハッカー集団などなど、1ダースもの過激主義組織を潜入調査した、1991年オーストリア生まれの研究者によるスリリングなノンフィクションです。危険を覚悟の取材によって、組織の手のうちが晒され、隠れた世界の人びとのリアルな声や姿が暴きだされ、彼らを組織につなぎとめるものもまた見えてきます。巻末に紹介される、過激主義に立ち向かうさまざまな取り組みや提案には希望が持て、木澤佐登志氏の解説も読み応えがあります!

西川さんの紹介文を読むだけで、スリリングな雰囲気が伝わってきますが、実際の様子はどうだったのでしょうか。
非常に気になります。

版元は左右社さん。
同社のサイトでも詳しい説明がありますのでぜひご覧になってみてください。
CLICK!

西川さん、このたびはお知らせいただきありがとうございました。
今後のご活躍も楽しみにしております。

アメリア事務局 河原🐕🐾