アメリア公式ブログ

翻訳者ネットワーク「アメリア」が、
最新情報やアメリア会員の方の
翻訳実績を綴ります♪

今日はとっても嬉しいアメリアニュースをお届けします~

この度、「出版持込ステーション」をきっかけに新たな書籍 が生まれました。
本多由季さんが企画、翻訳を手がけられ、
中国出版トーハンさんより刊行された『ワンブレスト』です

ワンブレスト ワンブレスト
(2012/03)
畢 淑敏

商品詳細を見る


7月末に見事、刊行の運びとなったようです。
おめでとうございます~

気になるお話は……
片方の乳房をなくした乳がん患者。彼女たちの精神面のケアのため、
女性心理学者がグループカウンセリングを試みます。
それぞれの事情や過去を抱えた参加者たちは心を開いて語り合うことが
できるのでしょうか…。

(参考:楽天ブックスより)

デリケートな話題ながら、それぞれの登場人物が語る描写には
本多さんも“大陸的なおおらかさ”を感じられたのだそう。
女性だけではなく、性別を超えて共感できるエピソードもいくつも登場します。

著者の畢淑敏氏は、チベットで軍医として11年、北京で20年もの
医療従事経験をもつお医者さままた、作家としても北京文学賞をはじめ
30余りの受賞歴があり現地では「文学界の白衣の天使」と称されるほど。
中国国内でとても愛されている存在なのだそうですが、なんと本書が本邦初訳書です

まだまだ刊行数が限られているアジアの作家を
日本に紹介する機会にもなった今回の出会い。
世界の良書を発掘し、日本の読者たちに紹介する
翻訳者の方の役割の大きさ、また魅力を改めて感じます

ぜひ多くの方に手にとっていただけると良いなぁと思います。
本多さん、本当におめでとうございます


アメリア事務局
中川