アメリア公式ブログ

翻訳者ネットワーク「アメリア」が、
最新情報やアメリア会員の方の
翻訳実績を綴ります♪

本日は新田美紀さんが字幕翻訳をされた作品をご紹介いたします!シーズン1全8話のご担当です。

『サタデーモーニング・オールスターヒッツ!』
※Netflix配信(ACクリエイト)

新田さんからコメントもいただきました↓

「80~90年代の子供向けテレビ番組を装った大人向けの作品…という説明の難しい本作ですが、Netflixでのカデゴリーは『ぶっ飛んでる』になっています・笑。

ぶっ飛んだ作品なので私もぶっ飛んだ気持ちで(でも真剣に!)楽しんで字幕を作りました。
当時のアニメにしか見えない質感やビデオテープを上書きしたような演出など、ぶっ飛んでいながらかなり手の込んだ作品だと思います。

主演(+何役も)は『サタデー・ナイト・ライブ(SNL)』のカイル・ムーニー。印象深くて面白い作品です!個人的には劇中アニメの続きがとても気になっています…」

予告編はこちらからご覧いただけます。とっても懐かしい雰囲気がするので、ぜひご覧ください!ビデオテープに録画した海外のアニメを何度も繰り返し見ていた思い出がよみがえりました😁

新田さん、お知らせいただきありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

アメリア事務局 相澤

2月のバレンタイン😍に向けて、可愛らしいチョコレートを沢山見かけます😊
購入意欲が高まって仕方がない私ですが…本日は「買い物の心理」に関する1冊をご紹介いたします。

アメリア会員の花塚 恵さんが翻訳を手がけられました。

 

 

あなたの買い物はすべて「仕組まれていた」?

広告に使われる派手な色、キャッチーなCMソング、そして商品のレイアウトなど、
ありふれた買い物の背後には企業が消費者に買わせるための〈見えない〉罠が隠れている。

企業があなたの「欲しい」をいかに誘導しているかを、
脳科学×マーケティング=ニューロマーケティング
の視点から、実例をもとに徹底解説。
(Amazonより引用)

 

冒頭の あなたの買い物はすべて「仕組まれていた」? にドキッとしてしまいましたが…きっと私は「罠」にはまりまくっているタイプです😅
本書を読んで冷静さを取り戻さないとですね❗

 

花塚さん、訳書をお送りいただきましてありがとうございました😊
今後のご活躍もとても楽しみにしております✨

 

事務局 入江

本日はただいま✨劇場公開中✨の作品をご紹介いたします❗
アメリア会員の金澤壮子さんが字幕翻訳を手がけられました。

 

『アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド』

公式サイトは⭐コチラ

 

金澤さんよりコメントをいただきましたのでご紹介します。

本作は「理想の恋人の条件をすべて備えたアンドロイドは人間の最良の伴侶になれるのか?」という問いを投げかける、近未来ラブストーリーです。哲学的示唆に富んだセリフも多く、訳了後も深く考えさせられました。主演2人の抑制の効いた演技がすばらしく、仕事一途でこじらせ気味なヒロインのアルマと、彼女を幸せにしようと奮闘するアンドロイドのトムとの掛け合いが時にユーモラスで、時に切なく、とてもリアルです。「ダウントン・アビー」や「美女と野獣」で日本でもファンの多いトム役のダン・スティーヴンスはふとした仕草や表情に機械っぽさをにじませつつも、子犬のように健気で愛らしく、険しい恋路を応援せずにはいられません。本作の問いには十人十色の答えがあると思います。ぜひ劇場でロマンスの行方を楽しみながら、思いをめぐらせて頂けたら幸いです!

 

サイトでは予告編を見ることができますよ😊
このロマンスの行方がとても気になります~❗

金澤さん、お知らせいただきありがとうございました✨
今後のご活躍もとても楽しみにしております。

事務局 入江

続きまして、國森由美子さんが翻訳を手がけられたオランダの文芸作品をご紹介いたします❗

 

集英社HPより)
もし別の治療を試していれば、
もしもっと早く出会っていれば、
もし別の人と結婚すれば、
ぼくたちは幸福だったのだろうか? 

几帳面な「ぼく」と自由なアントワネットは、愛に満ちた理想の二人だった――子供に恵まれないことをのぞいては。
病院で診察を受けるも原因は不明。時はいたずらに過ぎ、夫婦の間の亀裂は少しずつ広がっていく。
不妊治療に臨む夫婦を夫の視点から描く、オランダの実力派による文芸作品。
美しい過去への憧憬が、静かに、確かに、胸を打つ。

 

装丁からもどこか哀しい美しさがにじみ出ているようです。
このカップルが今後どのような関係を築いていくのか気になりました。

國森さん、お知らせありがとうございます❗
これからもご活躍を応援しております✨

アメリア事務局 並木

さて、本日はたぶち貴美子さん字幕翻訳2作品もご紹介させていただきます❗
いずれもNetflixの配信作品です。タイトル部分をクリックのうえ、Netflixの作品紹介ページもぜひご覧ください😊

 

 

『アンダーカバー:秘密捜査官』
※シーズン3の第1、3、6、8話をご担当
麻薬組織に絡む潜入捜査で展開したシーズン1と2。シーズン3では、なんと元警官と元麻薬王がタッグを組むことに。

 


『メリー・グランピー・クリスマス』
コメディ。メキシコの頑固なおじいちゃんが繰りひろげるクリスマスの大騒動。

 

たぶちさん、テイストの異なる2作品のお知らせありがとうございました✨
今後のご活躍も楽しみにしております❗

アメリア事務局 並木

本日はアメリア会員の浦田貴美枝さんが字幕翻訳をなさった作品をご紹介いたします。

『ザ・ビーチ』

~あらすじ~
休暇で田舎の美しいビーチを訪れた一組のカップルと夫婦。楽しいひと時を過ごしいていた矢先、あたり一面を霧が包み込む。海岸には打ち上げられたネバネバの生物、次々に正気を失い肉体が変容していく人々、無線から聞こえた謎のメッセージ――。一体このビーチで何が起こっているのか?不可思議な出来事に直面する彼らは、やがて何かに寄生された事に気付く…。果たして、極限状態に追い込まれた彼らの運命は?

浦田さんからコメントをいただきました↓

「登場人物はほぼ4人だけですが、楽しい夕食の後、どんどん不気味な状況になっていきます。ネバネバ生物系は苦手なので、顔を背けながら何とか訳しきった作品です。今月14日から20日までヒューマントラストシネマ渋谷で上映、また21日からはU-NEXTで配信されます。ネバネバ系が大丈夫な方は、ぜひご覧ください!」

「未体験ゾーンの映画たち 2022」での上映作品だそうです!詳細はこちらからご覧いただけます🙂

浦田さん、お知らせいただきありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

アメリア事務局 相澤

出場を予定していたマラソン大会が中止になってしまいました。また開催中止が続きそうで、気になっています…。😥

さて本日はアメリア会員の西川美樹さんが翻訳を手掛けられた作品をご紹介いたします。

西川さんから紹介文をお寄せいただきました。
ネオナチや白人ナショナリスト、欧州のヒップな極右団体、反フェミニズムの女性たち、Qアノン、ISISのハッカー集団などなど、1ダースもの過激主義組織を潜入調査した、1991年オーストリア生まれの研究者によるスリリングなノンフィクションです。危険を覚悟の取材によって、組織の手のうちが晒され、隠れた世界の人びとのリアルな声や姿が暴きだされ、彼らを組織につなぎとめるものもまた見えてきます。巻末に紹介される、過激主義に立ち向かうさまざまな取り組みや提案には希望が持て、木澤佐登志氏の解説も読み応えがあります!

西川さんの紹介文を読むだけで、スリリングな雰囲気が伝わってきますが、実際の様子はどうだったのでしょうか。
非常に気になります。

版元は左右社さん。
同社のサイトでも詳しい説明がありますのでぜひご覧になってみてください。
CLICK!

西川さん、このたびはお知らせいただきありがとうございました。
今後のご活躍も楽しみにしております。

アメリア事務局 河原🐕🐾

本日はアメリア会員の川岸史さんが翻訳を手がけられた6作品を一挙ご紹介いたします。

・吹替翻訳
『クリスマス・ウォーズ』Amazonプライム
『プラネット・デューン 砂漠の惑星』Amazonプライム
『解明・ヒトラーの資金源』ディスカバリーチャンネル(全話ご担当です)
『ブータン 山の教室』Amazonプライム

・リライト
『どうぶつたんけん!ドゥダとダダ』Amazonプライム(1、2、3、9、10、11、18、19、20話ご担当です)

・出版翻訳
『SUPER JUICE ME!』
※インターネットのみでの取り扱いがある書籍です。詳細は出版元のサイトをご覧ください。

川岸さん、お知らせいただきありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

アメリア事務局 相澤

花粉が始まっていますでしょうか…❓
鼻がムズムズしてきました💦

本日はアメリア会員の池本尚美さんの訳書をご紹介いたします✨

 

 

コメントをいただきましたのでご紹介いたしますね😊

2021年11月に発売された『ゆがめられた世界 パート・オブ・ユア・ワールド』に続く、全米でヤングアダルト層に高い人気をほこる「ディズニーツイステッドテール」の小説シリーズの第2弾。
ディズニー映画『アラジン』の主人公アラジンが、魔法のランプを手にれることのなかった「もしも」の世界が描かれています。
アラジンは、魔法のランプも、じゅうたんもないまま、王女ジャスミンとともに世界最強の魔術師ジャファーに立ち向かいます。
アラジン、ジャスミン、ジーニー、ジャファー、それぞれの心の葛藤や思いが描かれているのも本書の魅力のひとつです。
水溜鳥さんのカバーイラストも、今回もまた作品世界をみごとに表現していてずばらしいです。

 

すっかりこちらのシリーズのファンになってしまったのですが、新鮮な切り口で新たな角度からストーリーを楽しめます😊

王道のプリンセスがまだ大好きな娘も、もう少し成長したら楽しめるかな…❓
ご興味ある方はぜひ❗

池本さん、お知らせいただきありがとうございました✨
今後のご活躍もとても楽しみにしております。

事務局 入江

本日はもう1作品ご紹介いたします。

アメリア会員の浦田貴美枝さんが字幕翻訳を手がけられました。

 

『ネパール雲の向こう側』Part 1, Part 2
アジアンドキュメンタリーズ
詳細は⭐コチラ⭐から

 

浦田さんにコメントをいただきましたご紹介します😊

今年1作目の作品になります。アジアンドキュメンタリーズ1月特集「ネパール地震の記録」の中の1作です。Part 1, Part2 に分かれていますが、2部構成の映画を担当したのは初めてでした。地震で崩れた生活道路である山道を直す人々。その山道をラバと共に荷物を運ぶ少年たち。過酷な自然と共存しながら暮らしている人々を、映像で見せるタイプの作品でした。

 

サイトを拝見し、コメントにいただきました通り「過酷な自然と共存しながら暮らしている」状況に、ぐっとくるものがありました…今の自分に何ができるのだろうかと考えてしまいます。少しでも行動に移していきたいです。

浦田さん、お知らせいただきありがとうございました✨
今後のご活躍もとても楽しみにしております。

 

事務局 入江

今日は雨で冷え込みも厳しいですね。免疫力をアップさせる食事や習慣をとりたいものです。

アメリア会員木村千里さんの翻訳作品をご紹介させていただきます😀

 

 

木村さんよりご紹介いただきました🍀

SNSで話題の臨床心理士が「心の容量を増やす20の道具」をイラストで解説。内容は本格的だけど、イラストはゆるふわ。具体的なエクササイズを通して自分の心と向き合ううちに、自分だけの「メンタルを整える道具箱」が出来上がります。
翻訳では、疲れた心にもすっと入っていくような、素直な文章と優しい口調を心がけました。「なんだか心がすっきりしない」「自分に自信が持てない」「忙しくてイライラしがち」と思ったとき、好きなところから気軽にめくっていただきたい1冊です。

 

自分だけの「メンタルを整える道具箱」によって心も健やかに、
高い免疫力を維持して過ごしたいですね😊

木村さん、本書のお知らせありがとうございます。
今後のご活躍も応援しております✨

アメリア事務局 並木

先日の雪は大変でしたね。運動神経が皆無の私はつるつる滑る道路を歩くのが本当に大変で…😅 何度も軽く滑ってしまい怖かったです💦

さて、本日はアメリア会員のスターミー亜耶さんが吹替翻訳を手がけられた作品をご紹介いたします✨

ヒルダと山の王 NETFLIX
作品紹介は⭐コチラ

 

スターミーさんから素敵なコメントをいただきました😊

「ヒルダと山の王」の吹き替え版を翻訳いたしました。
舞台はイギリス、イギリス作家によるファンタジー漫画が原作です

ヒルダという自然を愛する女の子が住むトロールバーグという町。
町の外にはトロールが生息しており、町はトロールが入ってこないよう高い塀と鐘で守られています。

既にNetflixでは、「ヒルダの冒険」というシリーズが2シーズン配信されており、今作はそれの続きを映画として描いています。
前の2シーズンは別の方が吹き替え翻訳をされていますが、とても美しい翻訳で感心しっぱなしでした。
その雰囲気を壊さず、引き継ぐ気持ちで取り組んだ作品です。

前回のラストで、トロールの子供に変身してしまったヒルダ!
果たして元の姿に戻り、ママの元に帰れるのでしょうか!?

こちらの映画から見ても楽しめる作品だと思います。
世界観が非常にしっかりしており、イギリスでは子供だけでなく、大人のファンも多いのがこの作品の特徴です。
ファンタジーの生き物と人間が共存している素敵な世界。

アニメ作品を担当する際は、友人が子供と一緒に見てくれたり、
将来自分の子供に見せるのが密かな楽しみだったりします(笑)

 
娘と一緒に見てみたいと思います❗
サイトを拝見すると不思議な雰囲気もありつつ、
なんだか惹きこまれてしまいます🤩
 
スターミーさん、お知らせいただきありがとうございます。
今後のご活躍もとても楽しみにしております❗
 
 
事務局 入江

続きまして、アメリア会員の飯田亮介さん佐藤由樹子さん柴田元幸さん、ほか共訳の作品をご紹介いたします。

~内容紹介(Amazonより)~
「困難な時代に物語を読むことは、その時代を理解するための、さらにはその時代を耐え抜くための営みなのだ」(リヴカ・ガルチェン「はじめに──命を救う物語たち」より)

ペスト禍で紡がれた名作『デカメロン』にならい、さまざまな言語、人種、ジャンルからなる世界の作家が書き下ろした、コロナ禍のいまを生きるための物語。

ニューヨークタイムズマガジンの編んだ短篇アンソロジーで、パンデミックから生まれた29の物語だそうです。

飯田さんはパオロ・ジョルダーノ著『完璧な旅のおとも』を、佐藤さんはアンドリュー・オヘイガン著『形見』を、柴田さんはレイチェル・クシュナー著『大きな赤いスーツケースを持った女の子』をそれぞれ訳されています。

飯田さん、佐藤さん、柴田さん、お知らせいただきありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

アメリア事務局 相澤

今日は朝から冷たい雨が続いています。暖かくしてお過ごしくださいね🙂

さて、アメリア会員の飯田亮介さんが翻訳された作品を3つご紹介いたします!

~内容紹介(Amazonより)~
成功を夢見て米国に渡ったヘンリー青年。彼の小さな店は、弟とその子らの手でみるみる拡大、利益のためなら祖国すら犠牲にして膨らんでゆく。そして破綻。リーマン・ブラザーズ創業者一族の視点から描く、野望と破滅の三代記。

~内容紹介(Amazonより)~
毎年夏休みを過ごす祖母の家で、14歳のテレーザは共同生活を営む少年3人と出会い、その中の一人と恋に落ちた。4人の友情は永遠と思えた。だが数年後、その少年が他の少女を妊娠させたと知り――。

~内容紹介(Amazonより)~
還暦をとうに過ぎながらも組織一の殺し屋として名を轟かすオルソ。ある日心臓発作に見舞われて生死の境を彷徨った彼は、40年前に生き別れた恋人と娘に一目会いたいと願うように。オルソは忠実に仕えてきた〈組織〉に楯突き、二人が暮らすというイタリア中部の小さな町へ向かうが、道中の列車内で男に襲われる。その男の連れにはどこか見覚えがあり――。

飯田さん、お知らせいただきありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

アメリア事務局 相澤

1月6日からアメリア事務局は始動いたします!本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、本日はアメリア会員の金澤壮子さんが字幕翻訳を手がけられたAmazonプライムのオリジナル作品をご紹介いたします。どちらも全話のご担当です。

『ハンナ~殺人兵器になった少女~ シーズン3』

『エクスパンス~巨獣めざめる~ シーズン6』

金澤さんからコメントをいただきました!

「Amazonオリジナルドラマ2作品の字幕を前シーズンに続き、担当させて頂きました。どちらもファイナルシーズンなので、これを機に、過去シーズンを見逃していた方にも一気見で楽しんで頂けたらと思います。ドラマチックで見応えのある、スケールの大きな作品で、フィナーレに立ち会えてとても光栄でした。また、吹替を担当された経験豊かな訳者さんお二方の訳語表現や台本作りを拝見しながら学ぶことも多く、大変勉強になりました。

新しい年も不安なコロナ禍が続いていますが、目の前のお仕事ひとつひとつを大切にしながら、一層精進してまいりたいと思います」

「目の前のお仕事ひとつひとつを大切に」とのお言葉に、身が引き締まる思いです。ひとつずつ乗り越えていった先に、さらなるステップアップがあるのですね。

金澤さん、お知らせいただきありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

アメリア事務局 相澤

年末年始はどのようにお過ごしだったでしょうか。私は実家でのんびり過ごしました。🙂

さて本日はアメリア会員の石井ひろみさんが翻訳協力されましたこちらの作品を紹介いたします。
本書はアメリアのスペシャルコンテストを通じて誕生した一冊となります❗

石井さんから素敵なコメントを頂きました。
現代人の多くが心のどこかで感じている、「こんなにつながっているのに、なぜこんなに寂しいんだろう?」という疑問。
本書ではそうした疑問に焦点を当てて、「常時接続・スケジュールてんこ盛り」の日常を送る現代人向けに、仕事・プライベートを問わず、周囲の人たちと真の意味でつながっていくための実践的なアドバイスを提供しています。
著者は、「MTVカナダ」「ブレックファスト・テレビジョン・バンクーバー」などのホスト役もつとめた、カナダの人気司会者。多くの事例や調査結果を交えながら、わかりやすくポイントを伝えています。
とくに、現代人の生活に今や欠かせないバーチャル・コミュニケーションについては、長年テレビ界で司会者やインタビュアーとして活躍してきた著者ならではのコツが満載です。
コロナ禍をきっかけにして、人とのつながりや対話の大切さを再認識された方は多いかと思います(私もそのひとりです)。本書がそうした方々のお役に少しでも立てばさいわいです。

スペシャルコンテストとは、トライアル公開型の求人募集形態。企業から依頼があり次第、不定期で開催しております。
今回アチーブメント出版さんから依頼を受け、開催しましたところ、石井ひろみさんが見事採用となりました。
石井さん、おめでとうございます✨

このスペシャルコンテストを通じて、これまで多くの翻訳書が誕生しております。
出版翻訳のお仕事を探しておられる方は、ぜひご参加いただければと思います。もちろん翻訳者をお探しの編集者さんのご依頼もお待ちしております。
過去の実績はこちら→CLICK!

私もコロナ禍をきっかけとして、人とのコミュニケーションの在り方を考えるようになりました。
ぜひ参考にさせていただきたいと思います。

石井さん、今後のご活躍も楽しみにしております。
アメリア事務局 河原🐕🐾

お正月はどのようにお過ごしになる予定でしょうか?
私の知人は帰省する方が多い印象です。今年はクリスマスも集まったが多かったようですね。

さて、本日はアメリア会員富原まさ江さんが翻訳を手掛けられたご訳書をご紹介いたします❗

 

 

富原さんよりご紹介いただきました🙂

『ターミネーター』、『エイリアン2』、『タイタニック』などで知られるジェームズ・キャメロン監督の、少年時代から最近までのスケッチやデザイン画、コンセプトアートなどを本人の解説で紹介しています。キャメロン監督の考え方や信念の一端も垣間見える、ファンにはお薦めの1冊です!

 

キャメロン監督の壮大な世界観がどこからきているのか、そのインスピレーションの源を見てみたいなと思いました❗

富原さん、お知らせいただきありがとうございます✨
これからもご活躍を応援しております⭐

アメリア事務局 並木

もうすぐクリスマスですね🎄
クリスマスでもいつも通りの食事が多い我が家ですが、娘のリクエストにこたえて今年はケーキを予約してみました。
ケーキも胃もたれするお年頃…なのが切ないですが、気分だけでも味わいたいと思います😅

さて、本日はアメリア会員の伊藤伸子さんの訳書をご紹介いたします❗

 

 

コメントをいただきました。

周期表の族ごとに性質が似た元素をとりまとめて,118種類の元素を美しい写真とともに紹介しています。「水兵りーべー……」で覚えた元素は20個。そのほかにも98種類の元素があって、しかも多くが私たちの暮らしともつながっています。手元にあるとぱらぱらと手軽にみて、調べることができます。大人のみなさんもぜひどうぞ。

「水平りーべー……」のコメントを読んで、一気に高校生の頃の記憶が蘇ってきました。必死に覚えていましたので懐かしいです😆

記号表とにらめっこしておりました…あの時代に本書があれば、もう少し楽しく化学の勉強ができたに違いないと思ってしまいます。

伊藤さん、お知らせいただきありがとうございました😊
今後のご活躍もとても楽しみにしております✨

事務局 入江

アメリアで不定期に開催しておりますスペシャルコンテストを通じて、このたびあらたに翻訳書が誕生しました‼
アメリア会員の多田典子さんが翻訳をお手掛けになられましたこちらの書籍です。

多田さんからコメントをお寄せいただきました。
スペシャルコンテストで採用されました。生物学・ウイルス学のジャンルで一般向けに書かれた本ですが、とくに分子生物学などを専攻している学生なども読者ターゲットとなっているため、ある程度程度専門性を保ったまま訳してあります。今、流行っている書籍タイトルのように思われますが、COVID-19のアウトブレーク前からの企画で、紙版の原書は2020年1月に刊行されています。その後、著者がCOVID-19について追加し、電子書籍として改題の上刊行されました。さらに、日本での出版にあわせて加筆され、序文も新たに執筆されました。さらに、福岡伸一先生が、監修者として日本語版序文を書いて下さっています。朝日新聞社の本の情報サイト「じんぶん堂」で、福岡先生の日本語版序文を読むことができます(https://book.asahi.com/jinbun/article/14483384)。第10章のCOVID-19については、ひととおり翻訳した後にまた原本が修正されるという大変さもありましたが、その分内容がよくなりました。本書全体が、COVID-19で人類に投げかけられた大きな疑問の回答になるような内容となっています。私自身、大変思い入れのある書籍となりました。

版元は日本実業出版社さん。
同社のサイトでも詳しい説明がありますので、ぜひご覧になってみてください。
CLICK!

なおスペシャルコンテストとは、トライアル課題が予め公開されている求人募集形態のことです。
出版社をメインに多くの企業にご利用いただいております。過去の実績は★こちら★をご覧ください。

多田さん、スペシャルコンテストの採用、そしてこのたびの刊行、おめでとうございます。
今後さらなるご活躍をお祈りしております。✨

アメリア事務局 河原🐕🐾

今年も残り10日を切りましたね! そして明日は冬至ですね。

本日はアメリア会員町田敦夫さんが翻訳を手掛けられた最新作をご紹介いたします❗

 

 

町田さんよりご紹介文をお寄せいただきましたので、ぜひご一読くださいね😆

遠からず世界から国境などなくなるのではないかと思われた90年代の高揚感も今は昔、強権ポピュリズム政治や移民問題の拡大によって、またぞろ各国の国境が強化されつつありますよね。本書ではベテランの地政学者が、地球温暖化や技術の進歩などによって新たに生まれた「消える国境」「動く国境」「デジタルな国境」「宇宙の国境」などの諸問題を解説しています。近年、日本の若者の国内志向が問題視されてきたところにもってきて、新型コロナ禍でますます国外雄飛が難しくなった今日この頃。その埋め合わせといっては何ですが、ぜひクリスタルキングの『何処へ』など聴きながら(お若いアメリア会員は知らんじゃろうがのう)、本書を手に取ってみてください。♪だから今/白い国境を越えて/ここよりほかのどこかへ/そこで君と逢おう

 

町田さん、お知らせいただきありがとうございました✨
個人的にクリスタルキングの『何処へ』が気になって仕方がないです(聴いてみます)!
これからもご活躍をとても楽しみにしております😊

アメリア事務局 並木