アメリア公式ブログ

翻訳者ネットワーク「アメリア」が、
最新情報やアメリア会員の方の
翻訳実績を綴ります♪

本日、3冊目のご紹介です。
翻訳を手がけられたのはアメリア会員の百合田香織さんです

 

 

コメントをいただきました😊

Googleのプロダクトインクルージョン責任者が、誰ひとり見過ごすことなく真に「すべて」の人を取り込むことがいかに重要か、それを実現するにはどうすればよいのかを、さまざまな実例も交えてわかりやすく実践的に紹介します。
サブタイトルは「製品開発」ですが、ダイバーシティ&インクルージョン、さらにはそれにエクイティを加えたDE&Iについて、どなたでも学ぶことのできる一冊です。
無意識に誰かを見過ごして排除していないか、バイアスに無頓着になっていないか、わたし自身も自分の認識を見直すきっかけになりました。

「はじめに」を試し読みできるそうですよ❗

*「はじめに」を試し読みできます。
コチラ⭐から

百合田さんのコメントにあります通り「誰ひとり見過ごすことなく真に「すべて」の人を取り込むこと」というのは難しいことだとは思いますが、本書を参考に私も自分の認識を見直したいです😀

百合田さん、お知らせいただきありがとうございました。
今後のご活躍もとても楽しみにしております✨

事務局 入江

ここ数日の東京はまた夏が戻ったような暑さですね。💦

さて本日はアメリア会員の福井久美子さんが翻訳を手掛けられた作品を二つ、ご紹介いたします。
まずはこちら❗

タイトルにある通り、顧客が雪だるま式に増えていけば、こんなに嬉しいことはありません。
本書は、厳密な分析を元にイラストや図版で解説。すぐに活用し効果を実感できる類書のない実用書だそうです。
詳細は版元の実業之日本社さんに詳しくありますので、ぜひそちらをご覧になってください。
CLICK!

もう一冊はこちら❗

強気のアメリカ人と引かない中国人。
いま日本人は、彼らとどう向き合えばいいのか。(帯より)

著者は日本と中国で25年以上暮らしてきた米国人。
それぞれの国民性の違いと思考の癖を、ユーモアを交えながら解説した一冊となります。
こちらも詳細はダイヤモンド社さんのHPをご覧ください。
CLICK!

福井さん、このたびはお知らせいただきありがとうございました。
今後のご活躍も楽しみにしております✨

アメリア事務局 河原🐕🐾

本日はもう1冊ご紹介いたします。
アメリア会員の脇本美穂さんの共訳書です😀

イタリア語から日本語への翻訳を手掛けられたそうです。

 

 

タイトルを拝見してフィクションかと思ってしまったのですが
渾身のルポ=ノンフィクションとのこと❗

脇本さんよりコメントをいただきましたのでご紹介いたします。

 マフィアといえば、コーザノストラ、カモッラ、ンドランゲタのことだと思っていました。首都ローマにマフィアが?
この作品を読むまで、その存在をまったく知りませんでした。ローマ市民でさえ、最近まで知らなかったのですから、当然かもしれません。それでも「カザモニカ」でネット検索すると、彼らが投稿した動画や画像などが次々にヒットします。これは作品内に出てくるエピソードや彼らのライフスタイルを理解するのに、大いに役立ちました。ネットの世界では、彼らはちっとも隠れていなかったのです。フィクションではないかと思えてしまうくらい、かなり強烈なエピソードもあり、彼らの拠点に行き、突撃取材をした著者の勇気とジャーナリスト魂に感服するばかりです。

作品内でひんぱんに引き合いに出された映画「野良犬たちの掟」が好きな人には、ぜひとも読んでもらいたい一冊です。

「カザモニカ」で私も検索してみましたが、なんとも新鮮🤩
渾身の取材内容をぜひ読ませていただきたくなりました。

脇本さん、お知らせいただきありがとうございました✨
今後のご活躍もとても楽しみにしております😀

事務局 入江

昨日の中秋の名月🌝はご覧になれましたでしょうか? 私は雲間から漏れる光だけ見ることができました。

本日はアメリア会員の伊藤伸子さんの翻訳作品をご紹介いたします。

 

伊藤さんよりご訳書をご紹介いただきました。
理系分野に占める女性の割合がOECD 加盟国で日本は最下位!との報道が先頃あり、本書もその文脈のなかで取り上げられることがありますが……少々齢を重ねた身としては、偶然がたぐり寄せる人生の妙のようなものも感じます。高校生、高校生のまわりにいる大人たち、伝記好きの人たち、思いのほか、いろいろな人に興味深く読んでいただける一冊かと思います。


本作品では、化学者、物理学者、生物学者、天文学者、医学者と、分野は違えど、現代科学の一端を支える業績を残した女性科学者たちを10人紹介しているそうです。ぜひお楽しみいただけますと幸いです😀

伊藤さん、お知らせいただきありがとうございます✨
今後のご活躍もとても楽しみにしております🌟

アメリア事務局 並木

東京はさわやかな秋晴れで、すがすがしい一日となりました。

本日はアメリア会員の富原まさ江さんが翻訳された作品を紹介いたします。

~内容紹介(Amazonより)~
種類や健康効果、宗教との関係、世界のヨーグルトの多様性、腸内細菌叢や脳腸相関の最新の知見など、ヨーグルトの歴史と未来を多角的に紹介する。レシピ付。

富原さんからコメントもいただきましたのでご紹介いたします!

「新石器時代から現在まで、世界中で愛されているヨーグルトの歴史を紐といた『食』の図書館シリーズの1冊です。この本に登場するいろいろなヨーグルトを食べ比べながらぜひお楽しみください!」

朝食のお供としてだけでなく、ちょっとした間食にもぴったりなヨーグルト。お好きな方も多いのではないでしょうか。古くから人類に愛されてきたヨーグルトについて学んでみるのも楽しそうです😋

富原さん、お知らせいただきありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

アメリア事務局 相澤

「食欲の秋」とはよく言ったもので本当に食欲が止まりません。特にお米ばかり食べてます。大丈夫でしょうか、私の体重…。😅

そんなことはさておき、本日はアメリア会員の村山美雪さんが翻訳を手掛けられたこちらの作品をご紹介いたします。

他人と接触することがなくなった時代、禁止されてもなおライブの熱狂を求めるひとびとを描いた音楽SFの傑作。2020年度ネビュラ賞長篇部門受賞作。竹書房HPより)

人が集まって一緒に音楽を楽しむことが難しい今、本書はまさにタイムリーな一冊。👍👍
表紙もインパクトがあり、女性の強い意志みたいなものを感じます。
音楽SFの傑作、ぜひお楽しみください。✨

村山さん、いつもながらお気遣いいただきありがとうございます。
今後のご活躍もとても楽しみにしております。😀

アメリア事務局 河原🐕🐾

本日は冬木恵子さん蒲池由佳さんが共訳された本をご紹介いたします。

~内容紹介(Amazonより)~
本書は、料理の基本要素は「塩、油、酸、熱」であり、それぞれがわかればどの料理も最高に美味しくできる!いう理念に基づいたものです。この4大要素を、わかりやすく親しみやすい文章と素敵なイラストで科学的に解説しています。

「切る、煮る、炒める」などの手順解説ではない大変斬新なアプローチを用いた本書は、全くの素人からベテランのシェフに至るまで学びとるものがあります。料理を体系立てて学べて、自由自在にレシピ本に頼らず誰でも好きな味が出せるようになる一冊です!!

レシピを見ないでおいしい料理を作れるだなんて、まさに憧れです😆
また、イラストと色使いがとてもかわいいので、ページをめくって目でも楽しめそうな一冊になっています!

冬木さん、蒲池さん、お知らせいただきありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

アメリア事務局 相澤

過ごしやすい気候ですね。
本日は、アメリア会員江口泰子さんのご訳書をご紹介させていただきます😊

 

(Amazonより)
斎藤幸平氏、絶賛!
「株式市場をぶっ壊せ。21世紀の革命は、いま始まったばかりだ」
「公平で正しい民主主義」が実現した2025年にいるもう一人の自分と遭遇した。分岐点は2008年、そうリーマンショックがあった年だ。2011年に「ウォール街を占拠せよ」と叫んだ、強欲な資本家と政治家に対する民衆の抗議活動はほどなく終わったが、「もう一つの世界」では別の発展をたどることになった。資本主義消滅後のパラレルワールドは、はたして新たなユートピアなのか、それとも?
『父が娘に語る、美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話』著者による衝撃のストーリー!


資本主義消滅後のパラレルワールドから見える景色はどのようなものなのか、興味深いです❗

江口さん、お知らせいただき誠にありがとうございます✨
今後のご活躍もとても楽しみにしております😆

アメリア事務局 並木

ススキや彼岸花を見かけるようになりました。気持ちのいい季節になりましたね。🙂

さて本日はアメリア会員の神戸万知さんが翻訳を手掛けられたこちらの作品をご紹介いたします。

バレリーナスパイという組み合わせが面白いです!😆
さらに作品にはスパイグッズがいろいろ登場するようですが、例えば「羽より軽くて透明なスパイ用スマホ」や「空飛ぶチュチュ」。
空飛ぶチュチュ!想像するだけで笑っちゃいます。😂

ロンドンのバレエ学校を舞台にしたハイテンションな児童向けミステリ。
ぜひお楽しみください❗

アメリア事務局 河原🐕🐾

金木犀の香りに癒される毎日です。秋ですね。

本日はアメリア会員の新田美紀さんが字幕翻訳を手がけられた作品をご紹介いたします😊

 

『グーフィーのステイホーム教室』ディズニープラス
詳細は⭐コチラ

新田さんからコメントをいただきました✨

グーフィーの「教室」シリーズの新作です!
グーフィーが映画デビューを飾ったのは1932年。1940年に“How To”と銘打った短編シリーズ(「教室」シリーズ)が始まったとのこと。
長い歴史のあるシリーズの新作では、グーフィーがステイホームを楽しむ方法を教えてくれます。
本作は制作自体もステイホームで行われたそうです。
久々に見る手描きアニメーションは温かみがあって、懐かしい気分になりました。

グーフィーの教室シリーズは1940年に始まったとのこと、ビックリしました。
おとぼけで癒し系のグーフィーが教えてくれる”How To”はどのような内容なのでしょうね。
グーフィーがステイホームに新しい風を吹き込んでくれるかもしれません。

新田さん、お知らせいただきありがとうございました。
今後のご活躍もとても楽しみにしております❗

事務局 入江

東京は気持ちのよい秋晴れです。😀

さて本日はアメリアのスペシャルコンテストを通じて誕生した翻訳書をご紹介いたします。
スペシャルコンテストとは求人情報にトライアル課題も公開された募集形態。
経歴よりも実力重視で選考されることが多く、企業・会員ともにリピートでご利用いただくことが多いです。

そんなスペシャルコンテスト、文響社さんにより開催いただき、
そのコンテストで鈴木沙織さんが採用となりました。
タイトルはSIGNAL 10億分の1の自分の才能を見つけ出す方法』です。

鈴木さんからコメントをいただきました。
アメリアのスペシャルコンテストを通じて、人生初の翻訳書を出すことができました。私にもこんな日が来るとは……!
自己啓発書ということもあり、ときには著者の考えに励まされながら翻訳していました。
翻訳原稿提出後、本の構成の大幅な変更などから、思いのほか編集作業に時間がかかり、もしやこのまま出版取り止め&お蔵入りなんてこともあるのではないか……(待っている間に『出版翻訳家になんてなるんじゃなかった日記』を読んだせいかもしれませんが)と、いっとき心配もしましたが、素敵な装丁で無事に刊行され、ほっとひと安心(……というより、正直、初めての訳書なので心臓バクバクです)。
翻訳者としてまだまだ未熟ですが、地道に頑張っていきたいと思います。

鈴木さん、出版翻訳者デビュー、おめでとうございます❗✨
人生初の翻訳書、きっと思い出深い一冊になったのでないでしょうか。
今後さらなるご活躍をお祈りしております。⭐

なお本書は文響社さんのサイトでも詳しい紹介があります。
こちらものぞいてみてくださいね。
CLICK!

本国で20万部超のベストセラーの本書。
ぜひぜひお手にとってご覧ください❗❗

アメリア事務局 河原🐕🐾

テレビでも度々紹介されているという宮崎県の有名な餃子をお取り寄せしました。注文から到着まで2か月、待ちました~!ガツンとニンニクでビールが進む、進む(笑)二人で30個をペロリでした😋

さて、本日は久保尚子さんが翻訳された一冊をご紹介します。

久保さんからコメントもいただきました。

クレムソン大学の学生さんたちに実験に興味をもってもらおうと、身近な食習慣をテーマにしてみんなで実験してみたら・・・「5秒ルール」「ソースの二度漬け」「バースデーケーキのロウソク」「映画館のポップコーン」「公衆トイレのハンドドライヤー」などなど・・・結果が気になる方、実験方法が気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

本書は図書館向けの取次であるTRC (図書館流通センター)の優良推薦書に選ばれました。図書館もぜひご利用ください。

「ソースの二度漬け」と聞くと二度漬け厳禁の串カツが頭をよぎります。「5秒ルール」にだって何度もお世話になりましたが(1個500円の高級梅干しを道路に落としたときはさすがに諦めました……)、実際のところ細菌やウイルスなどによる健康リスクはあるのでしょうか?「ひゃ~~」と言いながら読みたいです😁

久保さん、お知らせいただきありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

アメリア事務局 相澤

本日、2作目のご紹介です。
アメリア会員の浦田貴美枝さんが字幕翻訳を手がけられた作品をご紹介いたします。

『影として生きる 苦難のアフガン難民』
アジアンドキュメンタリーズ 9月配信
詳細はコチラから

 

浦田さんからコメントをいただきました✨

『アジアンドキュメンタリーズ』9月の特集は、今急速に政治情勢が悪化しつつある「アフガニスタン」と「難民問題」です。

比較的セリフが少なく、映像で魅せるタイプの作品でした。ドキュメンタリーは監督さんによって、セリフやナレーションが多いものと少ないものとに分かれますが、この作品はナレーションもテロップも全くない、ちょっと珍しいタイプでした。80分ものなのに、スポッティングと字幕翻訳が3日で終わってしまいました(最短記録かも)。

前回の作品は、イランの圧政に苦しむ女性人権活動家のお話でした。イランもずいぶん酷いことをするもんだ、と思いましたが、今回の作品を観てアフガニスタンよりはだいぶマシだと思えました。

紛争の多いアフガンからイランに逃れてきた難民一家の物語です。裕福ではないものの、平和に暮らしていた家族から離れ、移民にはない自由を求めて両親の祖国アフガンに移住を決めた青年、タギ。2018年当時とは違い、今はタリバンが侵攻しています。これから人々が平和で自由に暮らしていけるのか、タギはどうなるのか、とても心配になりました。

ニュースや報道では知ることができないアフガンを知ることができる作品ですね。
私もアフガンに移住を決めた青年の行く末が気になります。

 

浦田さん、お知らせいただきありがとうございました🙂
今後のご活躍もとても楽しみにしております。

事務局 入江

残暑から一転、今度は涼しくなりましたね。皆さんも体調管理にお気をつけくださいね😊

本日はアメリア会員田中恵理香さんのご訳書を2冊ご紹介させていただきます❗
田中様より作品のご紹介文もお寄せいただきました✨

 

誰が世界を支配しているのか――巨大企業が手を組んで政府や国際的な組織を動かし、軍事産業やメディアも巨大企業の富の蓄積に手を貸す。世界規模で富の集中が進むしくみを暴こうとする作品で、貧富の格差や社会の分断といった問題も取り上げられています。

 

ヴィクトリア朝時代、かつては「肉切の技」といわれていた外科手術が飛躍的な進歩を遂げましたが、いっぽうで、感染が医療の障害になっていました。感染と闘い画期的な防止法を編み出した外科医、ジョゼフ・リスターの生涯を描いた作品です。当時のイギリスの社会風俗や生活も紹介されています。

 

どちらの作品からも学ぶところが多そうです。
田中さん、お知らせいただき誠にありがとうございます。
これからもずっとご活躍を応援しています🤩

アメリア事務局 並木

今日は気温が下がって涼しいです。このまま秋に突入でしょうか。

さて本日はアメリア会員の大石盛寛さんが字幕翻訳を手掛けられたこちらの作品をご紹介いたします。

勇者: The Animation

大石さんからコメントをいただきました。
ゲームやRPG好きにはたまらない設定ですが「勇者とは?」という素朴な疑問から始まる、予想外の冒険が待つアニメシリーズです。

現在、NETFLIXにて配信中。
原作は台湾で人気の4コマ漫画だそうです。
詳細は★こちら★にてご確認ください。

大石さん、お知らせいただきありがとうございました。
今後のご活躍も楽しみにしております。

アメリア事務局 河原🐕🐾

本日、2冊目のご紹介です✨

アメリア会員の金丸啓子さんの共訳書をご紹介いたします。

 

 

金丸さんよりコメントをいただきましたのでご紹介いたします。

ファッションに興味のない方でも、この表紙の顔に見覚えがあるのでは?70代以降、驚異のダイエットで絞った体をタイトなスーツに包み、ウルトラモダンなインテリアの部屋に住んで、生活感も年齢も感じさせないデザイナー。読書家で仕事の鬼。膨大なインプットから生まれた創作意欲を、あらゆるジャンルに向けて行使し続けた超人。そんな晩年にいたるまでの氏の人生が、公私にわたって詳細に描かれている本です。自分の人生を語ることも綴られることも好まず、インタビュアーを煙に巻いてきた氏が、最晩年になってようやく著者に取材を許可しました。この貴重な出版の機会に、副翻訳者として携われたことを幸せに思います。第二次大戦後から21世紀まで、モードの伝統も新しい波も華麗に受けとめ、自分のデザインを形にしてきたカール・ラガーフェルドが、いかに「モードと生きた」のか、どうぞたっぷりと味わってくださいますよう。

 

表紙を拝見して「見たことある❗」と思ってしまった一人ですが、
コメントに書いてくださったような方だとはつゆ知らず…貴重な1冊ですね🤩

金丸さん、お知らせいただきありがとうございました。
今後のご活躍もとても楽しみにしております✨

事務局 入江

残暑が厳しい毎日ですが、こんな時はよく冷えたビールがぴったりですよね😊
本日は、日本中のビール好きにご紹介したい1冊をご紹介します❗

アメリア会員長谷川小二郎さんのご訳書です🍻

 

(長谷川さんより)
デンマーク発祥、東京に二つの公式バーがあって、世界的にも人気があるクラフトビールブランド「ミッケラー」の公式本です。ビールの専門家としての知見も生かして訳しました。頻出するデンマーク語のカタカナ音写が意外と大変でしたが、可能な限り調べ抜きました。

 

東京にあるという二つの公式バー、気になって調べてしまいました❗
渋谷と神田にあるようなのですが、美味しそうで…一度は行ってみたいです😆

長谷川さん、この度はお知らせいただき誠にありがとうございます。
今後のご活躍もとても楽しみにしております✨

アメリア事務局 並木

来週からは少しは涼しくなるのでしょうか。秋が待ち遠しいです。😆

さて本日はアメリア会員の大塚道子さんが翻訳を手掛けられたこちらの作品をご紹介いたします。

SDGs、あちこちで耳にしますが、きちんと理解している人は意外と少ないのではないでしょうか。
かくいう私もそうです。😅

本書は「目で見る」SDGs時代の環境問題とあって、写真やイラストが豊富です。
それもオールカラー❗
小学校中学年から高校生までを対象とした本ですが、大人でも十分読みごたえがありそうです。
私もしっかり勉強させていただきたいと思います。🙇‍♀️

大塚さん、このたびはご恵贈いただきありがとうございました。
今後のご活躍も楽しみにしております。✨

アメリア事務局 河原🐕🐾

夏の間は熱中症予防で日が落ちてから犬の散歩に行きますが、同じお家も多いようで、いろんな犬の散歩に出会えて楽しいです🐕

さて、本日はアメリア会員の久保尚子さんが翻訳された作品をご紹介いたします。

久保さんからコメントもいただきました↓

「私たちは今、コロナ禍を経験し、治療薬のない感染症の恐ろしさを実感しています。本書の著者も、現在、感染症の専門医としてニューヨークのマンハッタンで奮闘しています。ですが、薬が効かない感染症との闘いは、もっと前から始まっていました。

近年、抗生物質が効かない『スーパー耐性菌』が世界中で発生し、数年前なら治療できたはずの感染症で患者が命を落としています。命を救うには、新しい抗菌薬が必要です。本書は、新しい治療薬を求めて抗菌薬候補『ダルバ』の治験に取り組んだ著者自身の奮闘の日々を描いた、実話に基づく物語です。

こんなにも需要があるのに、なぜ抗菌薬の開発は少ないのか。なぜ治験プロトコルの審査はこんなにも厳しいのか。患者の利益・人権・安全性を守るには、どうするのが適切なのか。この薬は本当に効くのか。治験の結果は数字で表されますが、治験に参加する患者も医師も生身の人間なのだということを、本書は臨場感をもって描き出しています。そして、数少ないながらも最新の研究は進んでいます。抗菌薬開発の最先端の話は、希望の光のように感じられました」

コロナ禍の裏で抗菌薬の研究に尽力されている医師のノンフィクションです。

久保さん、お知らせいただきありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

アメリア事務局 相澤

本日はアメリア会員のスターミー亜耶さんが吹替翻訳をされたNetflix作品もご紹介いたします。シーズン1全話の吹替を担当されています。

『マスターズ・オブ・ユニバース: 黙示録』

スターミーさんのコメントもご紹介いたします!

「Netflixで配信中の本作品は、アメリカでは知らない人がいない80年代の有名アニメのリブート版です。もとはマテル社のおもちゃの大ヒットから始まった変わったスタートを持つ作品でもあります。

前作からの世界観がしっかりしているため、すでに配信されていたドキュメンタリーや、実写版映画をくまなく見ると共に、英語サイトでもキャラクター同士の関係性を調べ頭に入れた状態で翻訳に臨みました。

実はこのアニメ、日本でもオモチャが発売されていたものの、そこまで認知度はなく、知る人ぞ知るという形でした。なのでご存知の方には熱狂的なファンも多く、その点でもファンの方をガッカリさせないようものすごく気を使いました。私自身も下調べと翻訳中にすっかりファンになってしまって、この世界観を伝えるのに夢中でした。今では家に、主人公、ヒーマンのグッズがたくさんあります(笑)

キャラの性格、語尾等を練るのが非常に楽しく変身前と変身後で一人称や口調も変えてみたりと工夫も凝らしました!ぜひご覧になっていただけると嬉しいです」

ファン待望のアニメですね!予告編はこちらからご覧いただけます。

スターミーさん、お知らせいただきありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

アメリア事務局 相澤