アメリア公式ブログ

翻訳者ネットワーク「アメリア」が、
最新情報やアメリア会員の方の
翻訳実績を綴ります♪

今日はバレンタインデー
10代の頃は乙女にとっての一大イベントでしたが今となっては……
とはいえ、可愛らしいチョコレートやパッケージを見ると乙女(頃の?)の血が騒ぎ
無駄にテンション高く購入してしまう私です。


さて本日は世界が注目している組織「ウィキリークス」のすべてに迫るドキュメント本のご紹介。
翻訳を手がけたのは会員の福原美穂子さんを含む3名の方。
福原さん、お知らせいただきありがとうございました。


全貌ウィキリークス 全貌ウィキリークス
(2011/02/10)
マルセル・ローゼンバッハ、ホルガー・シュタルク 他

商品詳細を見る



「ウィキリークス」といえばアメリカの2010年12月にアメリカの外交公電を公開したことで
有名になった内部告発サイトです。

ドイツ『シュピーゲル』の記者2人ががジュリアン・アサンジの信頼を勝ち取り、密着取材を許され、
ウィキリークスのメディア・パートナーとして活動。その過程で浮き彫りになる「ウィキリークス」の
すべてを描きます。

ドキドキしながら読みたい一冊ですね

ドイツ語翻訳で幅広くご活躍の福原さん。
今後のご活躍も楽しみにしております


アメリア事務局
入江