アメリア公式ブログ | 【Amelia】在宅でできる英語などの翻訳の求人・仕事探しはアメリア

アメリア公式ブログ

翻訳者ネットワーク「アメリア」が、
最新情報やアメリア会員の方の
翻訳実績を綴ります♪

明日からは3連休、勤労感謝の日は色々サボってゆっくり休みたいですね~

皆さまも良い週末となりますように

 

今日も訳書2冊をご紹介します

まずはパッチワークやキルトにとても造詣の深い大田亜侑さんが

英訳を手がけられた魅惑のキルトの世界

 

Foundation-Pieced Double Wedding Ring Quilts
(2012/09/12)
Sumiko Minei
商品詳細を見る

 

アメリカのキルト専門出版社より刊行された本書、大田さんにとっても

日英翻訳の書籍としては初めての訳書となるのだそうです。おめでとうございます

 

タイトルにもなっているダブルウェディングリングキルト、とは

結婚指輪を象徴するリングが重なり合い永遠の愛を表すパターン

ブライダルキルトとしてよく作られる憧れのキルトなのだそう

 

本書の中にも写真とプロセスがたくさん紹介されていますが、

様々な組み合わせの妙と細やかな手仕事にほぉ~っとため息が

出てしまいます。こうやって作っていくものなのですね~

ちょっと興味がある方は絶対やってみたい欲がむくむくと湧き上がっちゃいますよ。

 

大田さんは長編小説の翻訳にもご興味があるそう。

そちらの分野でもご活躍をお祈りしています

 

そしてもう1冊は辻早苗さんの手がけられたヒストリカル・ロマンス

『偽りのあなたに真実の誓いを』。

 

偽りのあなたに真実の誓いを (ラズベリーブックス)
(2012/11/09)
サラ・マクリーン
商品詳細を見る

 

アマゾンでは早速大満足の読後感をつづったレビューも

ぐぐぐっと引き込まれてしまうのだそうですよ~

 

かつて結婚式直前に婚約破棄された苦い思い出を持つ

28歳の侯爵令嬢ペネロペ。愛ある結婚を夢見る彼女の心の中には

かつて幼なじみで10年前に姿を消した侯爵マイケルがいた。

それぞれにとっての思い出の土地で偶然の再会に喜ぶペネロペだったが…

 

それぞれに過ごした月日で重ねた悲しみや痛みは

二人にどんな変化をもたらしたのでしょうか

忘れられない初恋の人を思い続ける甘酸っぱい恋の展開は…

 

ハッピーエンドがわかっていても、読ませる小説は素直に読んでしまうのですよね~。

作品や作者の魅力が感じられるのは翻訳者さんのお力ですね

 

大田さん、辻さん、またのご連絡も楽しみにお待ちしています

 

 

アメリア事務局

中川

本日は2冊の訳書をご紹介します~

まず1冊目は中世ハイランダー・ロマンスシリーズ三部作の第2作目です

 

ハイランダーの天使 (マグノリアロマンス)
(2012/11/09)
マヤ・バンクス
商品詳細を見る

 

翻訳を手がけられたのは出水純さん。

 

「面白かった~!」のレビューがたくさん見つかる前作、

『ハイランドの美しい花嫁』にも登場した次男アラリックが本作の主人公。

決められた相手に正式に結婚を申込に行く途中で襲撃に会い、

まるで天使のように美しいヒロインに出会ってしまって……

というストーリーです。

 

とにかく男らしいハイランドもののヒーローが、

それぞれのヒロインとの関係にメロメロになる姿にキュンとくる

大人女子が多いのですって

ロマンスって理想の男性像もわかっちゃいますね

 

 

そしてもう1作は贋作にまつわるドタバタコージーミステリシリーズ・第3弾

 

暗くなるまで贋作を (創元推理文庫)
(2012/11/10)
ヘイリー・リンド
商品詳細を見る

 

気になるあらすじはこちらです

 

納骨堂での壁画の修復中に墓場泥棒に遭遇したアニー。

追跡した大学院生から、納骨堂内にラファエロの真作がある

可能性を告げられる。

 

天才贋作師の祖父がかつて贋造した名画だが、

真作はイタリアの国宝で国立古典絵画館所蔵のはず。

調査を始めたアニーは訪問先で死体を発見。

一方贋作師の祖父のもとには贋作撲滅師の手がのびる…

(参考:Amazon.co.jpより)

 

行きつ戻りつするフランクとのロマンス、

贋作撲滅師に追われる天才贋作師のおじいちゃんはドーナル?

今後の展開も気になります

 

読書の秋、本屋めぐりが特に楽しい季節です。

続きが待ち遠しくなるお気に入りを見つけてくださいね

 

出水さん、岩田さん、次回作刊行のご連絡も楽しみにお待ちしています

 

 

アメリア事務局

中川

毎週が明けるごとに冷え込みが厳しくなりますね…

今週は冬物コート&ロングブーツも登場させてしまいました

みなさんは冬支度、お済みでしょうか?

 

さてさて、本日はどちらも本国で話題を読んだ大作DVDのご紹介です

いずれも吹替翻訳を手がけられたのは今井純子さんです!

 

まずは「ミレニアム」シリーズ製作陣が贈るこちら

 

ヘッドハンター [DVD]
(2013/01/25)
アクセル・へニー、ニコライ・コスター=ワルドウ 他
商品詳細を見る

 

背の低さを除く全てを手に入れたヘッドハンター・ロジャーの裏家業は

芸術品を盗むこと。ロジャーはある日、高価な絵画を所有する軍隊出身の

成功者クラスに出会う。最後の裏家業と心に決めてクラスの家に忍び込んだ

ロジャーを待ち構えていたのは、人生最大の危機だった……!

 

超・超話題作の北欧系傑作サスペンススリラー『ヘッドハンター』。

いったいどう話題かといいますと

本国ノルウェーでは興行収入4週連続第1位を飾り、

世界50か国以上での公開、またハリウッドでのリメイクも決定し

さらに話題が話題を呼び10月にアンコール上映まで行われたほど

 

映画館で見た方の大興奮レビューもたくさん見つかります。

見逃してしまった方はぜひDVDで

 

そしてもう1作は『アウェイクニング』。

 

『それでも恋するバルセロナ』や『ザ・タウン』など

話題作への出演が続く実力派女優レベッカ・ホール主演作です

う~ん、不気味なたたずまい。ホラー感たっぷりです

 

アウェイクニング [DVD]
(2013/01/25)
レベッカ・ホール、イメルダ・スタウントン 他
商品詳細を見る

 

第一次大戦後のイギリス。婚約者の死を忘れられないヒロインは

理論的に超自然現象の嘘を暴くことを生きがいとしていた。

ある日彼女の元に寄宿学校で目撃される少年の幽霊を調査してほしいと

依頼が舞い込む。ただのいたずらと判明し学校を去ろうとしたそのとき、

理屈では説明できない身も凍るような出来事に遭遇する

徹底的な調査で亡霊に向き合ううち、ヒロイン自身の心に眠るある記憶に辿りつくが……

 

怖いだけじゃない、見ごたえのあるサスペンススリラー&スーパーナチュラルホラー。

2作ともDVD発売は1月25日です。お楽しみに

 

今井さん、これからもご活躍をお祈りしています

 

 

アメリア事務局

中川

本日は、中華映画のDVD&ブルーレイのご紹介です

いずれも木村佳名子さんが手がけられた作品です。

王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件 [DVD]
(2012/10/12)
アンディ・ラウ、リー・ビンビン 他
商品詳細を見る

こちらは以前ご紹介した劇場公開作品のDVD版。

中華圏の大スター、アンディ・ラウが大活躍。

ダイナミックなアクションと展開で映画を見る興奮と

楽しさがストレートに味わえる痛快作です

捜査官X [DVD]
(2012/11/02)
ドニー・イェン、金城武 他
商品詳細を見る

山奥ののどかな村で指名手配中の凶悪犯と遭遇した職人が

正当防衛で彼を殺してしまう。悪人を退治したことで英雄扱いされるが、

事件の捜査官は職人の隠された過去にたどり着く……

こちらはハリウッド映画にも出演するドニー・イェンと

金城武さんのダブル主演です。濃い、豪華

『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』では

字幕翻訳をご担当、『捜査官X』では吹替翻訳をご担当されました

ちょうど先日、学生時代に足繁く通った早稲田松竹さんでも

こちらの2作が上映されていました~

残念ながらこのタイミングを逃してしまった私……

DVDで堪能します。

昨日は中国共産党の総書記交代のニュースが新聞の一面を飾りましたね

何かが大きく変わろうとしているのでしょうか。

連日報じられる日中間の政治・社会面の影響は

生活の様々な場面で少なからずあるものの、

文化の交流は脈々と続いているのだと励まされます。

木村さん、これからも中華圏の作品の魅力を教えてください

またのご連絡も楽しみにお待ちしています。

アメリア事務局

中川

北海道では例年雪が降る時期なのにまだ降っていないという

ニュースを見ましたが、今年は暖冬傾向にあるようですね。

と思いきや、今日から冷え込むという噂も。今年も冬が近づいているのでしょうか

さて、今日は書籍を2冊ご紹介します

まずは安齋奈津子さん、笹森みわこさんほか数名の方で共訳を手がけられたこちら。

エリック・クラプトン全記録
(2012/09/27)
クリス・ウェルチ
商品詳細を見る

その昔、ロンドンでギターの神と落書きされたというクラプトン

音楽に疎い私は“Tears in heaven”を知ってから

聴き始めたのですが、あまり詳しくない方でもクラプトンの曲を

一曲も聴いたことない! という方は少ないかもしれませんよね~

本書は全記録と銘打つだけあり、クラプトンの音楽、

人生の今と昔がぎゅっと詰まったとーっても豪華な1冊。

ファンの方、必読です

そしてもう1冊は大友香奈子さんが手がけられた『マッドアップル』

マッドアップル (創元推理文庫)
(2012/09/27)
クリスティーナ・メルドラム
商品詳細を見る

大友さんからはご献本もいただいたのですが、

手にしてすぐに何層もの意味を感じてしまう

とっても印象的なタイトルと表紙にぐっと惹きつけられます

全米図書館協会ベストブックにも選ばれた本書は著者のデビュー作。

大友さんのあとがきを拝見すると、著者自身が信じ、大切だと

信じている主題、“自然と科学と宗教と神話の相関関係”について

書きたかったといいます。事実、「人間の本質と神の介在」や

「人間の魂の最も暗い部分」を探求した作品として様々な場所で

高く評価されているのだそう

処女懐胎を想起させる序章に誘われ、ミステリアスな雰囲気に

呑み込まれていく感覚にさらなる期待をかきたてられ、ページを繰る手がとまりません

どちらもぜひ多くの方が手に取られますように。

安齋さん、笹森さん、大友さん、これからもご活躍をお祈りしています

アメリア事務局

中川

今日は幅広い層からアツイ支持をうけるDVD・2作のご紹介です。

今井由美子さんほか複数名の方が字幕翻訳を手がけられた人気シリーズ

明日11/9リリースとのことです

ビバリーヒルズ青春白書 シーズン9 コンプリートBOX Vol.1 [DVD]
(2012/11/09)
ジェニー・ガース、ルーク・ペリー 他
商品詳細を見る

ビバリーヒルズ青春白書 シーズン9 コンプリートBOX Vol.2 [DVD]
(2012/11/09)
ジェニー・ガース、ルーク・ペリー 他
商品詳細を見る

今井さんは26話中、8話をご担当されたのだそう。

メンバーの入れ替わりや事件の発覚など新たな展開に

見始めると止まらないシリーズですよね

本国でも90年より10年間にわたり放映されていましたが

当時見ていた方もDVDで新たに出会う方も釘付けにしてしまう愛され続けるビバヒル

翌週の放映を待たずに続けて見られるDVDはなんだかお得な気分です

そして映画公開時にも話題を呼んだこちら

映画「フラメンコ・フラメンコ」 [DVD]
(2012/10/17)
ドキュメンタリー映画
商品詳細を見る

字幕翻訳を手がけられたのはもちろん渡部美貴さん。

DVDの真っ赤なパッケージも鮮烈な印象を残しますね。

「背景に大きな絵画が使われているのですが、

その前で踊るバイラオール(男性舞踊家)や

バイラオーラ(女性舞踏家)が絵画の一部になるような

演出はすばらしく、見ごたえがあります。」

と渡部さん。まさに目の愉悦です。

映画館で見逃してしまった方も、ヴィットリオ・ストラーロの映像美を

とくとご堪能あれ

今井さん、渡部さん、またのご連絡も楽しみにお待ちしています

アメリア事務局

中川

今年も残すところあと、2ヶ月。妙に焦り始める季節になりましたが

みなさん、今年やりたかったことは全部実現できましたか

あれもやってない、これもできてない…となんだかモヤモヤしてしまった方に

ぴったりのノンフィクションをご紹介します

スタンフォードの自分を変える教室
(2012/10/20)
ケリー・マクゴニガル
商品詳細を見る

スタンフォード大学で大評判を呼んだ「意志力」の講座を完全書籍化した

アメリカのベストセラーである本書。翻訳を手がけられたのは神崎朗子さんです

私もじっくりと読ませていただいているのですが、

ぐさぐさと思い当たることばかり…例えば

・しようと考えただけで、した気になってしまう

・人は「まちがった衝動」を信用する

・エコ活動が罪悪感を鈍らせる

・「あとで取り返せる」と思っていないか

・つねに「将来の自分」を過大評価している

…どうでしょう?

私は学生の頃(いまも…)倫理観から、また理性的に「正しい」

ことへの反発(「ダメ」も人間らしさでしょ!という具合に)から

自堕落をずるずると許し続けた記憶があります

ただ、それは本当に自分が望んでいることなのかなと問い始めるとすごくドキっとして……

本書は自分自身の意志の弱さに向き合い、科学的な観点から

「意志力」を磨き、なりたい自分になるための実用的なノンフィクション。

といっても堅苦しくはなく、「シンプルでわかりやすい説明や、

親しみやすくウィットに富んだ語り口に、ひとの痛みや悩みに寄り添う

著者の姿勢を感じました」と神崎さんが仰るように

教育者としての素敵な著者の姿やなりたい自分に変われた受講生たちの

喜びの姿、熱気あふれる講義も想像できる、誠実でアツイ本です

自分に厳しいこと=意志力が強いということではないのですね。

冷静に行動を選択する自分を育てることで、これからの自分がより楽しみになってくるはず

神崎さん、ご献本と詳しいお話もお寄せいただきありがとうございました。

とても評判を呼んでいて早くも増刷がかかっているという本書、

さらに多くの方が手に取られますよう願っております

アメリア事務局

中川

今日はこの秋一番の冷え込みだそうです…風が身にしみます

温かいお鍋が恋しくなりますね

さてさて、本日は人気シリーズ2作をご紹介

まずは田辺千幸さんの手がけられている『トゥルーブラッド』。

トゥルーブラッド11 遺された秘宝 (ソフトバンク文庫)
(2012/10/19)
シャーレイン・ハリス、Charlaine Harris 他
商品詳細を見る

数々の困難、友情や恋模様にもハラハラが止まらない

パラノーマルロマンス、『トゥルーブラッド』。

不穏な殺伐とした雰囲気に包まれた11巻、物語も大きく動き出します

長く愛されているこちらのシリーズも、いよいよ結末が近づいてきているのでしょうか

早く先が知りたいような、芯の強いスーキーをまだまだ見ていたいような…

とにもかくにも続きが待ち遠しいです~

そしてもう1冊、ミステリ作家、エージェントが集う

パーティ会場での上質な犯人探しミステリ

ミステリ作家の嵐の一夜 (創元推理文庫)
(2012/10/30)
G・M・マリエット
商品詳細を見る

翻訳を手がけられたのは吉澤康子さん。

吉澤さんからはご献本もいただきました。ありがとうございます

超売れっ子ながら鼻持ちならない性格の若手作家。

その成功を祝うパーティで起きた密室の惨劇にセント・ジャスト警部が挑みます

「嘘をついて生計を立てている」作家たちは誰もが

怪しすぎる容疑者。巧みな伏線と人間味たっぷりの

会話に欧米の出版事情が織り交ぜられた上質なミステリは

読み応えたっぷり。夢中で読みふけってしまいます

田辺さん、吉澤さん、続刊のご連絡も心よりお待ちしています

アメリア事務局

中川

すっかり秋ですね

事務局はパソコンとスタッフの熱気で半袖でもいいくらいのあたたかさを感じますが

一歩外に出ると冷えますね

さて本日は木村佳名子さんの字幕作品をご紹介いたします

ただいま開催中の東京国際映画祭「アジアの風」部門で

明日25日と27日に上映される予定とのこと。

『老人ホームを飛び出して』

上映予定

10月25日 14:20~

10月27日 16:40~

作品の詳細はコチラをご覧ください。

木村さんからこんなコメントをお寄せいただきました

平均年齢80歳、合計年齢3000歳越えともいう、

往年の名優が大集結したヒューマン・コメディ。

笑えるだけでは終わらない“老人版・青春ロードムービー”です。

「老い」についてだけでなく、

「限られた命の生き方」についても、受け取るものの大きい映画でした。

多くの方に、ティッシュ持参で

(ハンカチだと、とめどない鼻水を持て余します。私だけ?)

ぜひご覧頂きたいです。

主演は『古井戸』の監督でもある呉天明(ウー・ティエンミン)。

個人的には、モンゴル族の名女優、斯琴高娃(スーチンカオワー)が

歌声とともに顔を見せてくれたのが嬉しかったです。

作品への愛情が伝わってきますね

私の大好きな作品『初恋のきた道』のおばあさん役のリー・ビンも本作品に

登場しているようです。

ハートフルな雰囲気あふれる本作品、気になります

木村さん、お知らせいただきありがとうございました。

今後のご活躍も楽しみにしております

アメリア事務局・入江

ちょうど今月、ノーベル賞受賞者が発表されていましたね。

山中教授の受賞に沸き、村上春樹さんの受賞を願い…

とても身近な話題に感じるようになってきました

本日ご紹介する書籍は、昨年のノーベル平和賞受賞者

リーマ・ボウイーさんの自伝です。

祈りよ力となれ――リーマ・ボウイー自伝
(2012/09/18)
リーマ・ボウイー、キャロル・ミザーズ 他
商品詳細を見る

翻訳を手がけられたのは、東方雅美さん。

東方さんからはご献本とともにコメントもいただきました。

ありがとうございます

翻訳者の方ならではのお言葉、こちらでもご紹介させていただきます。

 昨年ノーベル平和賞を受賞したリーマ・ボウイーさんの自伝です。

 普通の女性が平和運動のリーダーとなり、14年も続いた内戦の終結に

 大きな役割を果たす、という物語です。

 自伝とはいえ決してきれいごとが書かれているのではなく、

 プライベートな面での葛藤も素直に描かれており、

 筆者がどんな思いで平和運動を進めてきたのかがよく分かります。

 また、「内戦下で生きる」とはどういうことなのか、

 平和な日本では想像し得ない具体的な様子がよく伝わってきます。

 平和問題を考える上でももちろん参考になりますし、

 一人の女性のストーリーとしても興味深く読んでもらえるのではないかと思います。

本書のAmazonレビューでも、偉業を成し遂げたのみならず、

日常を闘う1人の女性の姿が読者の方の心に響いたというメッセージがありました

東方さんよりお知らせいただいた前後にちょうどボウイー氏のお名前を

ニュースで見かけたばかりだなと思っていましたら、

つい先日リベリアの大統領の収賄や縁故採用の横行を批判し政府の役職を

辞任されたのだそうです。

平和は必ず訪れる。

そのための不断の努力を続ける強い意志をもった女性の言葉は

きっと多くの方にとって力強いエールとして響くはず

ぜひ手にとってご一読ください。

アメリア事務局

中川

朝は晴れていましたが、しとしと雨模様となりました

たまーに空振の日もありますが今日は傘とレインブーツが役に立ってちょっと嬉しいです

 

さて、今日は2冊の実用書のご紹介です。

まず1冊目は亀田佐知子さんが手がけられた専門書

 

心理療法ガイドブック
(2012/09/20)
G.アマダ
商品詳細を見る

 

スペシャルコンテストで見事採用となり、この度刊行の運びとなったそうです

とても嬉しいご連絡です。おめでとうございます

 

亀田さんからはコメントもいただきましたのでご紹介させていただきます

 

 「心理療法とはなにか」から「心理療法はいつ終わるのか」まで、

 心理療法に関する素朴な質問に丁寧に答える文字通りのガイドブック。

 

 これから心理療法を受けたいと思っている人にとっては

 優れた心理療法家に出会うための道しるべとなろうし、

 心理療法の専門家にとっては、心理療法についての考えを改めて

 整理する上で格好のガイドとなっている。

 

定形があるようでもあり、ないようでもある「心理療法」。

自分自身や身近な人が心理療法の助けを借りたいときに

どのような心積もりでいればよいのかも教えてくれそうなガイドブックです

 

そしてもう1冊は面白い切り口のこちら

 

橋の形を読み解く (GAIA BOOKS)
(2012/09/10)
エドワード・デニソン、イアン・スチュアート 他
商品詳細を見る

 

翻訳を手がけられたのは桑平幸子さん。

 

2年前に桑平さんが翻訳を手がけられた『テキスタイルパターンの謎を知る』に続く

「How to read」シリーズの1冊なのだそうです。

 

普段はなかなか意識しない橋。

通るときには全体像が見えないものですが、よくよく

考えるとある場所と場所を結ぶ重要な建築物ですよね

 

紹介される世界中の橋は美しい形ばかりで、

桑平さんも写真を眺めながらゆったり楽しく翻訳を

手がけられたのだとか。旅気分も味わえるビジュアルブックです~

 

目的があって初めて手にすることが多い実用書。

こうして皆さんからお知らせいただいて、書店で手にとると

1冊1冊の密度や情報の豊富さに思わず引き込まれてしまうことも

少なくありません。本てすごいなーと、じわーっと感動してしまいます

 

亀田さん、桑平さん、ご連絡ありがとうございました

これからもご活躍をお祈りしています

 

アメリア事務局

中川

山北めぐみさんが翻訳を手がけていらっしゃる

かわいいおさるさん、ジョージが奮闘するこちらのシリーズ。

好評続刊のご紹介です~

アニメおさるのジョージ いかだにのって
(2012/09/26)
マーガレット・レイ&ハンス・アウグスト・レイ
商品詳細を見る

川岸のいかだでアヒルにエサやりをしていたジョージが、

川に流されて漂流。迷子のジョージは、アヒルの形をした

大きな岩や、交差した木、太陽が沈む方角などを目印に

地図を書き、元いた農場への帰り道を考えます

アニメおさるのジョージ オタマジャクシは カエルのこ
(2012/09/26)
マーガレット・レイ&ハンス・アウグスト・レイ
商品詳細を見る

ジョージは飼っていたオタマジャクシを泳がせようと、湖に放します。

でも全然帰ってきません。別の日、ジョージは湖でオタマジャクシに

足が生えた生き物を発見。それが成長すると、カエルになることを理解します

(参考:金の星社公式サイトより)

そういえば、初めて足がはえている

オタマジャクシを見たときはびっくりしたなぁ…

小さい頃のことを思い出してほんわかしてしまうシリーズです。

半世紀にもわたり世界中の子どもたちに

愛され続けているおさるのジョージ

絵本だと小さいお子さんでも自分のペースで

読めるのも嬉しいですね

11月末頃にも続刊が刊行予定とのこと。

またのご連絡も楽しみにしています~

アメリア事務局

中川

本日は川岸史さんが今年の上半期に手がけられた

吹替翻訳作をどどどーんとご紹介いたします

 

まずはテレビ放送シリーズから

 

武器や軍隊を紹介するノンフィクション

「ミリタリー大百科2」

2012年2月からディスカバリーチャンネルにて放送、4話分担当

 

ユーモアたっぷり人気お料理番組

「ナイジェラ・キッチン」

2012年4月からD-lifeにて放送、5話分担当

 

全世界の新聞で連載されたギネス記録を持つ大人気アニメ

「ガーフィールド・ショー2」

2012年9月からカートゥーンネットワークにて放送、26話分担当

 

そしてもう2作品はDVDです

 

10/2より発売中

 

フェイシズ [DVD]
(2012/10/02)
ミラ・ジョヴォヴィッチ、ジュリアン・マクマホン 他
商品詳細を見る

 

ミラ・ジョヴォヴィッチがシリアルキラーに挑むサスペンススリラーです。

 

自身も被害者になりかけ、犯人を目撃しながらも事件をきっかけに

ショックで顔が判別できなくなってしまった小学校教師・アンナ。

彼女の証言だけが頼りだが、捜査は一向に進まない。そんな中、さらに被害者は増えていく。

家族や恋人の顔さえわからなくなったアンナに忍び寄る犯人の影……はたして、犯人の正体は

 

11/2発売

 

コナン・ザ・バーバリアン [DVD]
(2012/11/02)
ジェイソン・モモア、レイチェル・ニコルズ 他
商品詳細を見る

 

パルプフィクション作家のロバート・E・ハワードが80年前に生み出した

幻想冒険物語のアイコン、「コナン」。男らしさ、冷静さ、タフで破格の

戦闘力を持つ理想のヒーローとして様々なインスピレーションを与えてきた

「コナン」カルチャーに基づいた映画作りに挑んだ意欲作なのだそう

(元K-1ファイターのボブ・サップも出演←公式サイトより!)

 

 

おぉ~こうやって並ぶと壮観ですね

ドキュメンタリー、サスペンス、アクション、ドラマ、アニメ…

とーっても幅広くご活躍中の川岸さん

またのご連絡も楽しみにしております

 

 

アメリア事務局

中川

『冥闇』

2012-10-11

だいぶ秋らしくなりました。過ごしやすい季節、夜更かしもしやすくて困りますね~

本日は話題のミステリのご紹介です

冥闇 (小学館文庫)
(2012/10/05)
ギリアン フリン
商品詳細を見る

本作の翻訳を手がけられたのは中谷友紀子さん。

大好きなミステリでの初めての訳書だそうです

このようなお知らせ、事務局スタッフもとても嬉しいです。

本当におめでとうございます

米国ベストセラー作家、ギリアン・フリンの第二作目となる『冥闇』は

幼い頃に母と姉二人を兄によって惨殺されるという衝撃的な事件に

見舞われた少女の、その後を描いたダーク・ミステリです。

悲劇の少女として、善意の人々からもらった寄付金で無気力な

生活を送ってきた主人公リビー。31歳になり、とうとう寄付金が

底を突き始めたとき、有名事件の真相を語り合う「殺人クラブ」に招かれます。

リビーは謝礼金目当てに、過去の闇を振り返りはじめるのですが……

私も読ませていただいているのですが、リビーの語りの合間に

挿まれる母親パティと兄ベンの物語もやるせない思いでいっぱいになります

サタニズム思想への恐怖、田舎町の閉塞感、抜け出せない日常、若さと貧しさ。

人はいったいどれだけの切なさや悲しみを抱えられるのでしょう…

打ちのめされるような気分も味わいつつ、早く続きが読みたいです

中谷さん、ご献本いただきありがとうございます。早速堪能しております

次回作のご連絡も楽しみにお待ちしています

アメリア事務局

中川

3連休、いかがお過ごしでしたか

わがやの近所の中学校では体育祭があったようで、通り過ぎたときには

応援団が相手へエールをおくっていました。当時は当たり前に思っていましたが、

改めて聞こえる大きな応援の声に温かい気持ちになりました

さて、今日は期待度大の小説2作のご紹介です。

いずれも発行はエンジン・ルーム。Fさん、ご献本しかと拝受しております

いつもありがとうございます

まずは笹山裕子さんが翻訳を手がけられた『シスター』。

多数の訳書やご実績をもつ笹山さん、文藝ミステリは

初めて手がけられたそうなんです

シスター
(2012/09/15)
ロザムンド・ラプトン
商品詳細を見る

シナリオライターとして活躍していた

ロザムンド・ラプトン女史、衝撃の小説デビュー作。

…と書くと陳腐ですが、とても魅力的な小説です。

あのジェフリー・ディヴァーも大絶賛の文藝ミステリは、

最愛の妹の失踪を探る、姉の物語。愛しい妹に語りかけながら

自分の、そして妹の愛や記憶や足どりを一つ一つ、手繰り寄せて

つむぐ主人公=姉の言葉はまるで息遣いまで聞こえてくるよう

私も拝読させていただきましたが、真相に近づく足跡が

少しずつ見え隠れし期待や予感をくすぐられ、ぐんぐん

引き込まれてしまいました。妹と姉の身体的な、精神的な、

心理的な距離感てこういうものなんだ、と物語にすーっと

吸い込まれ、実に充実した読書体験でした

そしてもう1冊は宮崎晴美さんが手がけられた『バビロンの魔女』

こちらは本格的な考古学冒険ミステリーです

バビロンの魔女
(2012/09/15)
D・J・マッキントッシュ
商品詳細を見る

宮崎さんは本書でミステリ翻訳者としてデビューされました

かねてよりミステリーやロマンスの翻訳を希望されていた

宮崎さん、数少ないチャンスをしっかりと掴まれて

本当に素晴らしいです。刊行、おめでとうございます

2003年、イラク戦争の陰で起きていた美術品窃盗の国際犯罪集団と

遺跡発掘を糧とする考古学者とのあいだの命がけのたたかい。

このとき密かに持ち出された“失われた旧約聖書の原本「ナホムの石版」”を

めぐり繰り広げられる危険な冒険ミステリーです

メソポタミア文明、古美術、古代史……古より綿々と続く

営みに思いを馳せていくうちに、現代を生きる私たちの姿も

浮き上がってくるのかもしれませんね。頭も心も揺さぶられそうです。

2冊とも、リーディングスタッフの募集をきっかけに翻訳を

手がけることになったのだそう。Fさんの翻訳者さんを見抜く目と

こだわりの本作りのお話にはいつも感激してしまうのですが、

書籍もずっしりした重厚感とこだわりの表紙で本を手に取る喜びを感じます。

各書店さんでも目立つところに面置き、平積みがどどーんと

ぜひ手にとってじっくりご堪能ください。

アメリア事務局

中川

本日は2冊の訳書のご紹介です

まずは『クリスタル バイブル』の著者最新作のこちら

クリスタル プロテクション
(2012/09/25)
ジュディ・ホール
商品詳細を見る

翻訳を手がけられたのは金井真弓さんです。

本書の切り口は、クリスタルを使ったセルフプロテクション。

不調の原因や症状にあった石の力をかりてネガティブな考え方をやめ、

ポジティブな面を強める方法が具体的につづられています

冒頭のカラーページには著者のオススメクリスタルの写真が

ついているので、クリスタルやパワーストーン初心者でも

石の種類がすぐわかるのが嬉しいですね

クリスタル、とてもキレイです

そして、青海まこさんが翻訳を手がけられた

<恋という名の奇跡>というミニシリーズの1冊。

賭けられた愛―恋という名の奇跡 (ハーレクイン・ロマンス)
(2012/03/16)
サラ クレイヴン
商品詳細を見る

現代の男性とはひと味違う強さと優しさを持つ

ヒーローたちとの恋愛を描いたシリーズ最終作となる

本作はギリシャが舞台となった激しい復讐劇

ギャンブラーの父の片棒をかつがされているヒロイン・ジョアンナと、

ギリシアの大富豪バッソス。

ある意味で歪んだ関係から始まった二人の愛の行方は…

ギリシャ、カジノといった誘惑的な雰囲気が楽しめるロマンスです

金井さん、青海さん、いつもご献本ありがとうございます。

これからもご活躍をお祈りしています。

アメリア事務局

中川

昨晩の台風はすごかったですがみなさん、無事に帰宅されましたでしょうかね。

私は帰宅時間が暴風に重なり息ができない突風にドキドキしました…

防ぎようがないこととはいえ、各地で大きな被害がないことを祈ります。

さてさて、今日はなじみのあるキャラクターのしかけ絵本を

2冊ご紹介します。翻訳を手がけられたのは、みましょうこさんです

みまさんからはブログにぴったりのご紹介コメントもいただきました。

いつもありがとうございます~

まずはメイシーちゃんのことば絵本

メイシーのことばえほん あれなあに? (めくりしかけえほん)
(2012/07/19)
ルーシー カズンズ
商品詳細を見る

 みなさまご存じメイシーちゃんが洋服から家具などの

 身の回りのグッズや、仲良しのおともだち、

 いろいろな生き物などなど、好きなもの300個を紹介します。

 25のめくるしかけもついていますので、

 言葉を覚えはじめたお子様にどうぞ!

メイシーちゃんもまわりのイラストもキュートです~

そしてもう1冊は、みんな大好きプーさんです

くまのプーさん さがしているのはなんですか?: ディズニーブロックパズルしかけえほん
(2012/02/20)
サラ・ミラー
商品詳細を見る

 昨年夏に公開された、『くまのプーさん』のしかけえほんです。

 セットになったキューブ型のブロックをお話にあわせて組み合わせて遊びます。

 プーさん好きなみなさま、お子様にどうぞ。

ディズニー版のプーさんは華やかさと愛らしさ満点ですね~

手で触って遊びながらお話を楽しめるしかけ絵本、プレゼントにもオススメです

みまさん、楽しいお話をありがとうございました。

またのご連絡も楽しみにお待ちしています

アメリア事務局

中川

今日はニットが欲しくなる涼しさ…ロングブーツ女子も見かけるようになりました

つい2週間前までは暑かったはずなのに、あっという間に移り変わるものですね

今日は、寺尾まち子さんの訳書2冊のご紹介です

寺尾さん、ご献本ありがとうございます。

まずはうっとりするヒストリカル・ロマンス、『公爵との出逢いは木の上で』

公爵との出逢いは木の上で (ラズベリーブックス)
(2012/09/10)
イザベラ・ブラッドフォード
商品詳細を見る

伯爵の父を亡くし、イギリスの片田舎で暮らす母と妹たちと

ひっそりと暮らす18歳のシャーロット。そろそろお年頃の

彼女にも実は公爵の婚約者がいたことが明かされるやいなや、

二人は木の上で出会います…

公爵マーチの高潔ながら時折見せる人間らしさと、伸び伸びとして

温かくあふれる愛情を持ったシャーロットのやり取りはどこか

ほのぼのとしていて、読んでいるとなんだか笑顔になってしまいます

そしてもう1冊は人気シリーズ、「プロゴルファーリーの事件スコア」第4弾

『疑惑のスウィング』です

疑惑のスウィング プロゴルファー リーの事件スコア 4 (プロゴルファー リーの事件スコア) (集英社文庫)
(2012/09/20)
アーロン&シャーロット・エルキンズ
商品詳細を見る

シリーズを重ねるごとに殺人事件の推理がお手の物になりつつあるリーは、

ゴルファーとしても少しずつステップアップしています

今回はなんと米英のトッププロが競う名誉ある大会にくじ引き枠で出場することに。

いやいや、運も実力のうちです…

ところが、アメリカチームリーダーのキャディが他殺体で発見され……

やっぱりこの大会でも事件と出会ってしまうのですね。

リー、恋人のグレアム、親友のペグ、キャディのルー。

お互いに支えあう、信頼する仲間たちに囲まれ奮闘するリーに

ハラハラしながらも少しほろりとし、次回作が待ち遠しくなる

楽しいゴルフ・ミステリです

順調な刊行が続き素晴らしいですね

寺尾さん、これからもご活躍をお祈りしています

アメリア事務局

中川

来週から10月。2012年も少しずつ年末が見え始めました。

なんだか焦りますが……変わらず毎日楽しく過ごしたいですね~

さて、本日は2冊の書籍をご紹介します。

まず1冊目は「会員プロフィール検索」経由でお仕事に結びついた1冊

TREASURE MAP―成功への大航海
(2012/08)
アレックス ロビラ、フランセスク ミラージェス 他
商品詳細を見る

スペイン語翻訳者の青砥直子さんが共訳されました。

リーディングのご相談から、翻訳もご担当されることになったのだそう。

青砥さん、ご献本のお心遣いありがとうございます

本書はベストセラーとなった『Good Luck』の著者による

自己啓発書。世界規模のビジネスで成功を収めている

経営者の経営哲学やアイディア、エッセンスが寓話を交えて

まとめられた1冊です

そしてもう1冊は、バイリンガルブックです

The Gnomes of Knot-hole Manor 木のあなにすむノーム
(2012/08/24)
アデル・マリー・クラウチ
商品詳細を見る

翻訳を手がけられたのはいけや咲良さん。

いけやさん、映像でも出版でもご活躍中ですね~

本書では発音は同じでも意味が異なる言葉を取り扱うなど、

教材としての役割も持たせているのだそうです。

同著者のバイリンガルシリーズの中では長めの作品なのだそうですが

ほんわかとした読後感で日本語、英語それぞれの学習者の方が

最後まで楽しんで読めるのもポイントなのだとか

いけやさん、青砥さん、お知らせありがとうございました

ますますのご活躍をお祈りしています。

アメリア事務局

中川

今朝は一気に気温が下がりましたね~

風邪など引かないように気をつけましょう

さてさて、本日はヒストリカルロマンスのご紹介です

待ちわびた伯爵の求婚 (ハーレクイン・ヒストリカルスペシャル)
(2012/08/31)
アン ヘリス
商品詳細を見る

泉智子さんが翻訳を手がけたリージェンシー・ロマンス。

泉さんからは今回もコメントをお寄せいただいちゃいましたのでご紹介します~

いつもありがとうございます

 『王子様を夢見て』『身分違いの花嫁』に続く、三部作の

 ラストにあたる作品で、今まで人の縁結びばかりしてきたヒロインが、

 ついに意中の男性と結ばれるというストーリーです。

 婚約していた二人は、ヒロインの横暴な兄に仲を引き裂かれてしまいます。

 その後、ヒーローは軍に入隊して外国へ赴き、現地で結婚するものの、

 その妻を亡くして帰国。そしてヒロインにもう一度求婚するのですが、

 いろいろな邪魔が入り……。

というやきもきするストーリー

「誘拐事件や、もう一つの恋のお話などもからまって、

思わず一気読みしてしまう作品」なのだそうです。

婚約者と離れていたら別の土地で結婚してしまったなんて、

フィクションだとわかっていてもよくよく想像すると

切ない話ですよね……

シリーズを通して読むもよし、単発で本作だけ読むもよし。

現実を忘れて別の世界に没頭したい方に

ヒストリカルが初めてだったという泉さん、

現在は同じくヒストリカルの短編、長編に取り組まれているのだそう。

次回のご連絡も楽しみにお待ちしております

アメリア事務局

中川