アメリア公式ブログ

翻訳者ネットワーク「アメリア」が、
最新情報やアメリア会員の方の
翻訳実績を綴ります♪

今日の東京は夏の陽気になるとか。朝から日差しが眩しいです。

本日はアメリア会員の浦田貴美枝さんが字幕翻訳を手掛けられた2作品をご紹介いたします。

『ザ・ビーチ』

その美しいビーチから、世界が終わる…休暇で田舎の美しいビーチを訪れた一組のカップルと夫婦。楽しいひと時を過ごしいていた矢先、あたり一面を霧が包み込む。海岸には打ち上げられたネバネバの生物、次々に正気を失い肉体が変容していく人々、無線から聞こえた謎のメッセージ――。一体このビーチで何が起こっているのか? 不可思議な出来事に直面する彼らは、やがて何かに寄生された事に気付く…。果たして、極限状態に追い込まれた彼らの運命は? (アマゾンより

浦田さんコメント
このネバネバ生物感染ホラー映画は、「未体験ゾーンの映画たち 2022年」の上映作品ですが、今回DVDがリリースされました。楽しい海辺の休暇がだんだん怪しいものに変わっていく恐怖をお楽しみください!

『サバイバル・シティ』

世界一タフな人質
ベテラン刑事のデビッド(ブルース・ウィリス)と、その相棒のキャル(スウェン・テメル)は、長年の宿敵である麻薬組織の取引現場をついに押さえようとしていた。しかし、キャルの焦りから居場所がバレてしまい、たった2人VS組織での激しい銃撃戦となる。このままでは逃げ切れないと悟ったデビッドは、自ら囚われの身となり、キャルを脱出させる…。常に銃口を向けられる絶体絶命の中、巧みな頭脳・心理戦を使い相手を攪乱、常識をブチ破る戦いをブチまける! 今、世界でもっともタフな人質が誕生する!(アマゾンより

浦田さんコメント
こちらも「未体験ゾーンの映画たち 2022」で上映されました。ブルース・ウィリス主演のアクション映画、DVDとBlue-rayのコンボがリリースされました。今回ブルース・ウィリスは人質に取られているのでほとんど派手なアクションはありませんが、頭脳戦で敵を翻弄し、あくまでタフで「ダイ・ハード」な刑事を演じています。セリフは結構掛け合いが面白いので、工夫して訳しました。

今回、DVDなどでもリリースされたということで、あらためてご家庭でも楽しめそうです。
GWにいかがでしょうか。

浦田さん、お知らせいただきありがとうございました。
今後のご活躍も楽しみにしております。

アメリア事務局 河原🐕🐾

本日は春にピッタリ🍀な作品をご紹介いたします😊

アメリア会員の新田美紀さんの字幕翻訳作品となります。

 

『ミッキーマウスのワンダフル・スプリング』ディズニープラス

予告編は⭐コチラ⭐をクリック!

新田さんからコメントをいただきました。
狂気のミッキー(?)ワンダフルワールド・シリーズの続編、ウィンターに引き続きスプリングが配信開始されました。
3つの物語で春のすばらしさを本作流のはじけた表現でたたえています。
春の大掃除の回では、思い出の品を捨てられないミッキーに共感してしまいますが、ミニーちゃんは容赦なし。
小ネタも満載で、ファンの方は一時停止して確認したいシーンがたくさんあるのではと思います。ワクワクする春の楽しい作品です!

 

春にぴったりの楽しい作品、ぜひお楽しみください。

新田さん、お知らせいただきありがとうございました。
今後のご活躍もとても楽しみにしております✨

アメリア事務局 並木

花粉症のピークを過ぎたようで、鼻と目が元通りになりつつありホッとしています。

さて、本日はアメリア会員の浦田貴美枝さんが字幕翻訳を手がけられたDVD作品をご紹介します。

~あらすじ(Amazonより)~
人質奪還屋の壮絶な復讐劇を描くノンストップ・キリング・アクション!
元デルタフォースの最強兵士にして、奪還のプロ・マーカス。ロシアン・マフィアに妹をさらわれた最強の奪還屋が、心に炎を燃やして、リベンジを誓う。

主人公はかなりの強者ですが、妹想いの優しいお兄ちゃんとのこと。爽快なアクションに注目です!

浦田さん、お知らせいただきありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

アメリア事務局 相澤

またお天気が崩れるようですが来週は夏日が続きそうな予報です🌞
葉桜がキラキラと煌めく季節の到来ですね🍀

本日はアメリア会員の花塚恵さんの訳書をご紹介いたします。本日、発売です❗

 

 

★一流の研究者たちが大絶賛!
☆「習慣の科学」第一人者が明かす、最も確実で信頼できる習慣メソッド!
ダイエット、節約、勉強、禁煙…。目標達成が「できる人と挫折する人」の差は、意志の力ではなかった!
科学に基づいた行動をすれば、効率的にいい習慣が身につく!
(Amazonより引用)

 

本書を読んでおりますと、わくわくするような、前向きになれるような、
すぐに書かれていることを試したくなる衝動にかられますよ😆

 

花塚さん、訳書をお知らせいただきありがとうございます✨
今後のご活躍もとても楽しみにしております⭐

 

事務局 入江

半袖を出したり、薄手のダウンを出したり慌ただしいお天気続きですね😅

 

本日はアメリア会員の岡本香さんの訳書をご紹介いたします❗

 

 

岡本さんにいただきましたコメントをご紹介いたします✨

シャロン・サラの人気シリーズ最終巻です。自分も大好きな作品で、読者のみなさまから寄せられたコメントを読みながら、一緒にわくわく次作を待つことができて、幸せな仕事でした。MIRA文庫のテーマはもちろんロマンスですが、以前に訳した『恋のつぼみがほころぶとき』のように、困難に負けず人生を切り開いていく女性たちの生き様が描かれた作品も多く、そうした作品は深い感動と明日を乗り切る力を与えてくれます。ジャンルという固定概念にとらわれることなく、よい本が広く読まれる社会になるといいなと思います。

 

岡本さんのコメントを読んで、早速読みたくなってしまいました。
Amazonでは一部、試し読みもできるようです😊
ご興味ある方はぜひ❗
私はシリーズの最初から読んでみようと思います⭐

 

岡本さん、ご連絡いただきありがとうございました。
今後のご活躍もとても楽しみにしております😍

 

事務局 入江

今日の東京は冷たい雨☔。気温も一気に下がるようでまた冬に戻ったかのようです。この時期、着るものに困りますね。

さて本日はアメリア会員の川岸史さんが吹替翻訳を手掛けられた映像作品をご紹介いたします。

『アナザーラウンド』DVD版

『ロシアン・ソルジャー 戦場に消えた18歳の少女兵士』Amazonプライム&DVD版

『アトランティス 海底王国の逆襲』DVD版

『蛇王島 キングスネーク・アイランド』DVD版

『機関城 モータル・ラビリンス』Amazonプライム&DVD版

どれも面白そうですが、個人的には『アナザーラウンド』に興味津々。
「血中アルコール濃度を常に0.05%に保つと仕事もプライベートもうまくいく」というキャッチコピーに笑ってしまいました。😂

川岸さん、お知らせいただきありがとうございました。
今後のご活躍も楽しみにしております。

アメリア事務局 河原🐕🐾

このたび、アメリア会員の栗田佳代さんから嬉しいご報告✨をいただきました。
栗田さんが翻訳を手掛けられた『まっすぐだけが生き方じゃない』が文響社さんより刊行されたそうです。★文響社さんサイト→HP
栗田さん、おめでとうございます。🎊🎉

まずは栗田さん✨のコメントを紹介させてください。
翻訳の実務経験ゼロだった私のような者が、こんなすてきな本の出版翻訳に携わらせていただくなんて、アメリアのスペシャルコンテストがなければ絶対に叶わなかったことで、ほんとうに感謝しております。監修の先生と編集者さまのご尽力により、原書に根を張りつつも、日本語版独自の樹形に育ち上がった本書。葉と葉のあいだを抜けていく風の色にも似た軽やかなカバーの下には、美しく重ねられた年輪を思わせるような落ち着いたブラウンとゴールドが隠れています。コーヒーテーブルやベッドサイドには、カバーを外した姿も似合うかもしれません。もしもお手元に置いていただけることになりましたら、ぜひ、カバー下の表紙もご覧になってみてください。

 

編集者さん🍀からもコメントをお寄せいただきました!
「樹木」ーそれは誰もが毎日当たり前のように目にします。でも忙しい日々を送っている私たち人間は、身近な存在ほどわかっていない・・・原書を発掘したときは、そんなふうに思ったのを覚えています。コンテストを通して選ばれた栗田様の翻訳文は、まるで樹木が私たちに語りかけているかのような優しい文体が特徴です。そのスタイルが本書の伝えたいメッセージにぴったりで、愛らしく、心がすーっと落ち着く、ただ「翻訳」をしただけではない心のこもった文章だと感じます。人とのふれあいや対話の機会が減ってしまい、自然に目を向ける人が増えていますが、まさにそんな現代人のために作られた一冊です。(編集者Hさん)

今回、翻訳をご担当いただいた栗田様ですが、まず訳のすばらしさが、群を抜いておられました。
いい意味で「翻訳っぽくない」良さを感じ、そこにすでにあったかのように自然に読める文章に仕上げてくださっていて、とてもすてきでした。あたたかさ、親しみの中にも、凛とした芯を感じる栗田様の訳に支えられて、すてきな一冊に組み上がったこと、改めて感謝申し上げます。(編集者Tさん)
 

「原書に根を張りつつも、日本語版独自の樹形に育ち上がった本書」とはすばらしい表現!
ぜひ素敵な装丁にもお目を留めていただき、本全体を味わっていただけたらと思います。

栗田さん、このたびはお知らせいただきありがとうございました。
翻訳の実務経験ゼロから出版翻訳者デビュー🍀。
勇気をもらえる方も多いのではないでしょうか。
本書をきっかけに、今後さらなるご活躍を心よりお祈りしております。

アメリア事務局 河原🐕🐾

昨日はかなり気温が上がりましたね!今年初めてサンダルを履きました😉

さて、本日はアメリア会員の岩瀬徳子さんが翻訳された作品をご紹介いたします。

~あらすじ(Amazonより)~
エミラは25歳のアフリカ系アメリカ人。大学卒業後、定職に就かずにベビーシッターをしているが、そろそろきちんと健康保険に入れる職に就きたい。ある日、ベビーシッター先の白人の子どもを連れて高級スーパーを歩いていると、誘拐の疑いをかけられてしまう。雇い主の白人女性は正式に抗議すべきだと焚きつけてくるが、エミラは今一つ気が進まない。一見リベラルだが、無意識な差別意識に溢れる白人に翻弄されっぱなしのエミラの選ぶ生き方は――。

岩瀬さんから頂いたコメントもご紹介します!

「ベビーシッターとして働くエミラと雇い主であるアリックスの恋や仕事をコミカルに描きつつ、無意識の偏見・差別について考えさせてくれる作品です。しゃがれ声の三歳児、質問魔のブライアーとエミラのコンビが最高なので、構えずに楽しく読んでいただければと思います」

“しゃがれ声の三歳児”が非常に気になりますが(笑)、無意識のうちの差別を考えるきっかけを与えてくれる1冊ですね。

岩瀬さん、お知らせいただきありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

アメリア事務局 相澤

現在開催中の「ベランダ菜園翻訳コンテスト」では、4月27日(水)23:59まで(日本時間です!)訳文応募を受けつけております🍅

 

どなたでもご参加いただけますので、アメリア会員以外の方は、はじめに★コンテストページ★「コンテスト会員に登録する」から無料コンテスト会員にご登録くださいね。

 

課題文は、ベランダにちょっとしたスペースがあれば気軽に始められるということで人気のベランダ菜園に関する内容です❗

 


課題文:
It’s time to get ready for early summer gardening! Even if you live in a small city apartment, you can still grow a great urban farm on your balcony. Tomato,kale and cucumbers are great choices to start as they are delicious and easy for beginners to grow. Herbs such as mint, thyme and rosemary are good to prevent insects from attacking your garden. Each vegetable will need direct sunlight, so make sure you don’t crowd too many into one planter box. With a creative layout, you can make the most of your limited space and enjoy garden to table food this summer.

 

今後のスケジュール:
応募期間:2022年4月27日(水)まで
レーティング審査期間:2022年4月28日(木)~5月18日(水)
結果発表:2022年5月25日(水)

 

コンテスト会員になるメリット:
(1)コンテストに参加できる。

(2)コンテストの期間中、会員専用の翻訳情報メルマガ【Biz-Amelia】が配信される。

翻訳情報メルマガとは?
月平均40件の新着求人をはじめ、アメリアWebサイトの更新情報をいち早くお知らせします。翻訳の現場で集めたスタッフならではの耳より情報なども掲載。サンプルは★こちら★

(3)コンテスト会員から正規にご入会いただくと、通常の5,500円(税込)の入会金が0円

 

この機会に、ぜひ楽しんで翻訳してみてくださいね✨
皆さまの訳文をお待ちいたしております😊

 

➡「ベランダ菜園翻訳コンテスト」

 

アメリア事務局 並木

すっかり初夏のような陽気ですね。もう早速日焼けしています…。😅

さて本日はアメリア会員の天瀬いちかさんが翻訳を手掛けられたこちらの作品をご紹介いたします。

本書は「哲人に学ぶ人類の知恵シリーズ」の新作✨。
今回のテーマは「人の心を動かす話し方」。特に「言葉で相手を納得させる方法」について説かれた一冊となります。

「相手を納得させる」と聞くと、プレゼンや営業など何か「仕事」的なものをイメージしますが、
友人や家族との会話においても、自分の考えや意見をきちんと伝えなくてはいけない場面は意外と多いように思います。
そんな時に有用となるのがこのキケロが説く「説得術」。
あらゆるコミュニケーションの場面で効果を発揮しそうです。

版元は文響社さん。
同社のサイトでは詳しい紹介や「立ち読み」もありますので、ぜひアクセスしてみてください。
文響社HP

なお天瀬さんは同シリーズの『死ぬときに後悔しない方法』『自由を手に入れる方法』の翻訳もお手掛けになられました。
ぜひそちらも手に取ってご覧ください。

アメリア事務局 河原🐕🐾

早くもGWが近づいてきましたね😊

本日はアメリア会員岡本由香子さんが翻訳された児童書をご紹介させていただきます✨

 

(岡本さんより)
ライツ社初の児童書ということで、類書を訳した経験をアメリアのプロフィールで見つけてもらいました。プロフィールだけで依頼されたのは初めてで、とてもうれしかったです。情熱的な編集者と独創的なデザイナーと力を合わせてつくった一冊。オールカラーでイラストも本格的。ゲームを楽しみながら、古代エジプトの知識も身につきます!

 

脱出ゲームを楽しみながら知識も身につくとは、家族で楽しめそうな一冊ですね。
アメリアのプロフィールがご依頼のきっかけだったとは、嬉しい限りです😊

岡本さん、お知らせいただきありがとうございます❗
今後のご活躍も心から応援しております✨

アメリア事務局 並木

本日はもうひと作品ご紹介いたします。アメリア会員の鵜田良江さんが翻訳を手がけられました。

~内容紹介(Amazonより)~
戦争の悲惨さを伝えるドイツ発のグラフィックノベル
市民が空爆にさらされるウクライナ。77年前のベルリンでも同じ光景があった。

本書は、クラウス・コルドンの長編小説『ベルリン1945 はじめての春』(岩波書店)を原作としたグラフィックノベル。第二次世界大戦の末期を生きる少女の物語である。廃墟と化したベルリンで、恐怖と絶望を強いられながら平和を待ち望む人びとが市街戦を生きのびたようすを描いている。

鵜田さんからのコメントもあわせてご紹介いたします。

「クラウス・コルドンが書いたベルリン転換期3部作の第3作『ベルリン 1945 はじめての春』のコミカライズ作品です。独ソ戦最後の激戦地になったドイツの首都ベルリンを舞台に、3世代の家族の苦悩が少女の視点から描かれます。反戦への願いをこめて訳しましたが、戦争が起きているときに刊行されるとは、思っていませんでした。いまだからこそ読むのがつらい、でも、いまだからこそ読んでいただきたい作品です」

戦争とは、反戦とは、平和とは……。いつの時代でも戦争で犠牲になるのは何の罪もない一般市民だということを改めて思いました。

鵜田さん、お知らせいただきありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

アメリア事務局 相澤

春の陽気が戻ってきましたね😊 
近くの小学校の入学式だったようでピカピカの一年生が可愛らしかったです❗

さて、本日はアメリア会員の花塚恵さんの訳書をご紹介いたします。

 

 

「食事」だけですべてを解決する。
 
なんとも心強いフレーズから目が離せませんでした😆
食べるのが大好きな私にとって、夢のような1冊だとも思ってしまいました⭐
 
全米で話題沸騰の「何を食べたらいいのかわからない! 」を完全解決するメソッドが日本上陸。減量・快眠・ストレス・集中力・知性・人間関係・長寿などトピックごとのベスト・メソッドを紹介。この1冊で「食べる」ということに関しての情報を網羅的に知ることができる。
(Amazonより引用)
 
試し読みもできますよ😊
 
ちなみに、本書の著者の1冊目は「睡眠」がテーマだそう。
「あなたは眠るたびに賢くなる。」だなんて…今すぐにでも眠りたいです⭐

 
花塚さん、訳書をお送りいただきありがとうございました✨
今後のご活躍もとても楽しみにしております。
 
事務局 入江

本日はもう1冊、アメリア会員の坂口佳世子さんの訳書をご紹介いたします⭐

 

スマートフォンやPCなどにより、あまりにも多くの刺激に囲まれる現代社会。
その一方、触れ合いに飢えている人が増えるなど、私達の感覚負荷はバランスを失っている。
パンデミック時代の今こそ、自分たちの感覚環境を見直し、最適な刺激が得られる空間を構築することで、
「より生産性が高く」、「よりストレスレス」で、「より幸福な人生」を実現すべきだ!
トヨタやユニリーバ、ペプシコ、ネスレといった多国籍企業への感覚的コンサルティング経験をもつ
オックスフォード大学の心理学者による、画期的な感覚改善の書、登場。
(Amazonより引用)

 

「心地よさ」という感覚って後回しにしがちなのですが、とても大切ですよね。
物事がうまくいっている時というのは、自分なりの心地よい感覚が十分に生かされている時のような気もします。
積極的に改善できそうな指南書、ぜひ読んでみたいです。

 

坂口さんからコメントもいただきました❗

生活のあらゆる場面で役に立つ本です。また、とてもユーモアにあふれる著者の語り口で、専門的な内容でも気楽に読める本だと思います。

 

坂口さん、お知らせいただきありがとうございました。
今後のご活躍もとても楽しみにしております✨

 

事務局 入江

「定例トライアル」では現在<映像(吹替)><実務(ビジネス)>の応募を受付中です。締切は4月20日18時!ご入会当日から応募できます。

「定例トライアル」とは?
・「実際の仕事で通用するレベルかどうか」が審査基準の翻訳の模擬試験
・審査員は第一線で活躍するプロの翻訳家や翻訳会社
・訳例と講評は締切の約2か月後に公開(添削はございません)。
・AA~Eまでの6段階の総合評価と項目別のレベルチェックに5段階の評価。
→訳文の全体的なレベルとご自身の強みや弱みが分かります。総合評価B以上を安定して取れるようになってくると、実際のトライアルの合格率も上がってきた証拠です。

【課題と訳例・講評のサンプルはこちら!】
※アメリア会員の方はログイン後「スキルアップ」「定例トライアル」から過去の課題と訳例・講評をすべてご覧いただけます。

総合評価基準(一部抜粋)
AA すぐにお仕事で通用する実力があるという審査員のお墨付きです。
  ★クラウン会員資格取得!

A チェッカーの監修がつけば、仕事として通用する可能性大です。
  ★同一分野で12カ月以内に2回A以上を取得するとクラウン会員資格取得!

B 仕事をするレベルにはもうひと息。

C 勘違いによる誤訳やケアレスミスが目立ちます。

D 原文読解で誤っている部分などが多く見られます。

E 原文読解力が不足していたり分野ごとの基本ルールが守られていないようです。

<映像(吹替)>のレベルチェック項目
原文の理解度 / 日本語表現 / 映像ルールの知識・習得度

<実務(ビジネス)>のレベルチェック項目
原文の理解度 / 日本語表現 / 用字・用語 / 専門知識・調査力

目指そう!「クラウン会員」
「クラウン会員」は「実際の仕事で通用するレベル」とみなされるアメリア内の資格です。アメリアの求人では応募条件の必須スキルに「翻訳の実務経験」とある場合、対応する「クラウン会員」資格も併記しています。つまり実務経験か「クラウン会員」資格のいずれかがあれば応募が可能です。「クラウン会員」になるとその分野で実務未経験でも経験者対象の求人に応募できるようになるので、お仕事への可能性がさらに広がります。

「クラウン会員」資格の獲得方法
①「定例トライアル」で総合評価AAを1回取得
②「定例トライアル」の同分野で12か月以内に総合評価Aを2回取得
③「翻訳トライアスロン」で96点以上を取得
※「翻訳トライアスロン」についてはこちらをご覧ください。

アメリア事務局 相澤

本日はアメリア会員の串山大さんが翻訳協力されたこちらの作品をご紹介いたします。

『将軍の花嫁』

串山さんからコメントをいただきました。✨
アメリア・スペシャルコンテストで翻訳者に選ばれ、昨年夏ごろから翻訳を進めてきました。11世紀前後の中国をモデルにしたとおぼしき時代ファンタジー作品(中華BL漫画)です。「まったく存在感のなかった第五皇子がひょんなことから女装して臣下の将軍に嫁ぐことになり……」というきっかけで始まる恋愛・成長物語。

2022年3月28日より、BOOK☆WALKER、ピッコマなど各漫画配信サイトで連載中(月曜更新)。オリジナル中国語版はテンセント(騰訊)の漫画配信サイトで読むことができますので、興味のある方はそちらも是非。

日本語版サイト:『将軍の花嫁』(タテスクコミック、KADOKAWA)
CLICK!

オリジナル中国語版:《将嫁》(天聞角川、脚本:孟南珂、作画:D君)
CLICK!

スペシャルコンテストとは、アメリアが不定期に開催している翻訳コンテストのこと。
出版社等、企業から依頼があるタイミングで開催いたします。
言語やジャンルはさまざま。本作のようにコミックや配信作品といったケースもあります。
出版翻訳のお仕事をお探しの方はぜひチャレンジしてみてください。
※過去の開催実績は★こちら★

串山さん、今後のご活躍も楽しみにしております。✨

アメリア事務局 河原🐕🐾

本日は、アメリア会員のスターミー亜耶さんが吹替翻訳を手がけられた作品もご紹介いたします✨

 

『ウェントワース女子刑務所 シーズン8』Hulu
※第811, 814, 817, 820話をご担当
作品紹介は⭐コチラ

(スターミーさんより🍒)
Hulu様で配信されている「ウェントワース女子刑務所シーズン8後半」の吹替翻訳を担当いたしました。
オーストラリアの女子刑務所が舞台の作品で、huluコンテンツの中でも根強い人気を誇るシリーズです。
しかし、今回でいよいよファイナルシーズン!
811~820話の全10話で、
私は811, 814, 817, 820話を担当致しました。
最終シーズンの、最新話と最終話を担当させて頂けて本当に嬉しかったです!
声優陣の熱い芝居も見所のこの作品、ぜひ吹替版でもご覧ください!
制作スタッフの中が非常によく、お揃いの囚人服パーカーを着て収録するのが恒例になっておりました。

最終回は私もアフレコに参加させていただき、最高の思い出になりました。
実は翻訳者デビューしてから、担当シリーズが終了を迎えるのはこれが初めてということもあり、色々と感無量な1日でした。

 
 
『イラックス』Netflix
作品紹介は⭐コチラ

(スターミーさんより🍒)
吹替版を担当した「イラックス」がNetflixで配信中です。

子供向けのホラーで尺も15分以内と見やすいですが、小さいお子さんだと本気で怖がるかもしれません(笑)
イラックスというモンスターの人形が中々リアルで…。

尺は短いものの、おとぎ話のリズムっぽく翻訳するなど色々頭をひねった作品です。
主役の女の子は、ちゃんと子役さんが演技をされています。
劇場公開されたアニメ「鹿の王」のユナ役を演じた実力派子役さんです。

ぜひ見てみてください!

 
スターミーさん、とても魅力的な2作品をお知らせいただきありがとうございます。
今後のご活躍も心から応援しております😊
 
アメリア事務局 並木

先週は桜🌸の可憐な姿に癒されました✨
皆さんは各地でのお花見楽しめましたか?

 

さて本日はアメリア会員の栗原百代さんが翻訳を手掛けられたこちらの作品をご紹介いたします。

(Amazonより)
いまや世界は右翼/左翼ではなく、正気/狂気に分断されている。政治も広告も陰謀論も人々の直感的思考につけこみ、真実よりも「真実っぽさ」を声高に語る。SNSは言葉による平手打ちのけんかを助長し、合理的な議論を破壊する……「ファストライフ」に感染した現代の社会環境に、理性はいかにして実装しうるか? 哲学者が保守主義や認知科学を動員して打ち立てる、新しい啓蒙思想。書き下ろし序文を収録。

 

『反逆の神話』の著者でもある哲学者、ジョセフ・ヒース博士による『啓蒙思想2.0』の〔新版〕となります。〔新版〕にあたり、本作品にも書き下ろし序文が収録されているそうです❗

『反逆の神話』につきましても、以前ブログでもご紹介させていただきました。
ぜひ★こちら★も合わせてご確認ください。

 

栗原さん、今後のご活躍もとても楽しみにしております😊

アメリア事務局 並木

本日は情報誌『Amelia』3月号のアンケート結果を一部公開いたします。
3月号の内容(目次)はコチラよりご参照ください。

 

3月号の特集は、

「好き」や「得意」を武器にして
翻訳の仕事の幅を広げよう

でした。3月号の特集は特に好評で「有益だった」と回答くださった方が
9割以上❗😊 反響が大きかったです✨

今回の特集では、さまざまな形で自分の「好き」なことや「得意」なことを
翻訳に結びつけた 9 名の方に取材をしまして、お話を伺いました。

取材した皆さんの「好き」や「得意」は以下の通り。

ヨガ、ワイン、英国史、ランニング、音楽、
映画、ゴルフ、占星術、韓国、ゲーム、
鳥、山歩き、ビジネス書、アートなど

皆さんのお話を伺って、何が翻訳の仕事につながるかわからないものだと思いましたし
好きを仕事にできることは強みやメリットも大きいのだなと実感しました❗

読者の皆さんからこのような声をいただきました。

⭐趣味に真剣に向き合った向こう側に、翻訳者への扉が待っていると思うと、たくさんある趣味の一つ一つに改めて真剣に向き合おうという気持ちが湧いてきた。
⭐励みになりました。プロフィール欄に、自分の【得意分野・興味のある分野】を追加してみました!
今までは自分の趣味や興味程度の事が翻訳に生かされるとは思っていませんでした。自分が好きで興味をやって取り組んでいる日常の何かが翻訳の仕事に繋がっていくのだと知って、勇気づけられました。
好きなこと、得意なことに対して湧き上がる探究心、向上心のパワーは強いなと改めて思いました。
「好き」や「得意」が実際のお仕事(翻訳)につながっている方のインタビューを読み、自分を見つめ直してみようと思えました。また励みになりました。

 

皆さん❗ 「こんな知識や好きなことは仕事にならないだろう」なんて思わずに
ぜひプロフィールで公開してくださいね😊

事務局 入江

本日はもう1冊ご紹介いたします❗
アメリア会員の村山美雪さんが翻訳を手掛けられたこちらの作品です。

緑茶🍵と言えば、日本茶の代表といったイメージがありますが、幕末時代は日本人よりアメリカ人のほうが好んで飲んでいたとか。
あまり知られてない歴史に触れることで、緑茶の新しい魅力に気付かされるかもしれません。
図版も多く、当時の様子がよくわかって面白いですよ。👍

ちなみに村山さんはこちらの翻訳も手掛けておられます。

『世界のティータイムの歴史』

広く「お茶」に興味のある方はこちらもぜひ!

 

村山さん、いつもながらのお気遣いをありがとうございました。😊
今後のご活躍も楽しみにしております。✨

アメリア事務局 河原🐕🐾