アメリア公式ブログ

翻訳者ネットワーク「アメリア」が、
最新情報やアメリア会員の方の
翻訳実績を綴ります♪

「実力、適性がある翻訳者に、翻訳の仕事をしてもらいたい」というアメリアの理念に共感し、アメリアに求人を依頼してくださるご利用企業が、この一年間で21社増えました。

出版社翻訳会社印刷会社等、さまざまな企業・団体よりサービス利用登録申請をいただき、審査のうえ登録とさせていただきました😊

ご利用企業一覧

 

法人向けサービス紹介動画「アメリアのご利用方法とメリット」もご用意しておりますので、翻訳者をお探しの法人様には下記ページよりぜひご高覧ください。
※翻訳者をお探しの法人の方へ

アメリア事務局 並木

今日から6月がスタートですね。梅雨入りも間近でしょうか。

さて本日はアメリア会員の神田由布子さんが翻訳を手掛けられたこちらの作品をご紹介いたします。

神田さんからコメントをいただきました。
よくないニュースばかりが聞こえてくる昨今、ローティーンの子どもたちと一緒に大人にもに読んでほしい一冊です。
フェイクニュースの見分け方に始まり、政治、環境、医療、格差等の諸問題を解決すべく、世界中でどんな努力がなされているのかをわかりやすく説明しています。また、未来を悲観せずに希望を忘れないことの大切さも教えてくれる、前向きなエネルギーにみちた本です。
この本が家庭や学校で世の中について話し合うきっかけをつくってくれたら、と思いながら訳しました。

版元は亜紀書房さん。
詳しい紹介がありますので、そちらもご覧になってみてください。
サイト

神田さん、今後のご活躍も楽しみにしております。

アメリア事務局 河原🐕🐾

現在応募できるスキルアップ課題はこちらです。すべてご入会当日から応募いただけます!

●定例トライアル <実務(IT・テクニカル)><日英ビジネス>
6月20日(月)18時締切

「実際の仕事で通用するレベル」が審査基準の翻訳模擬試験です。翻訳スキルのレベルチェックや求人応募前の腕試しに。全部で10分野あり、毎月1~3分野からアメリアが独自に開催しています。

●翻訳お料理番
6月20日(月)18時締切

海外文化や時事問題など約200ワードの英日翻訳演習。まだ仕事レベルではないけれど、様々な文書を訳して実力をつけたい方におすすめです。

●ひとこと翻訳大賞
6月27日(月)11時締切

バラエティに富んだ英文を翻訳し、応募してみましょう!ひとこと翻訳大賞選定委員会が選出した優秀作品は情報誌にて発表します。

●一行翻訳

短い英⇔日の課題を翻訳して投稿できます。「ファッション」「習慣化」など身近な題材で、ほかの方の投稿訳文を見るのも楽しいコンテンツです。後日、訳例も公開されます。

●ミニテスト

翻訳にも役立つ雑学やミニ知識をチェックできる選択式のテストです。 「児童書翻訳のいろは」「映像翻訳適性テスト」「聖書・キリスト教の理解が深まるテスト」などテーマは様々!

アメリア事務局 相澤

暑くなったり雨が降ったりと、なかなか気候が安定しませんね☔

本日はアメリア会員の新田美紀さんが字幕翻訳を手がけられたNetflix作品をご紹介いたします。

 

『スノーピアサー』シーズン3
※全10話のご担当です。詳細は⭐コチラ


~あらすじ(Netflixより)~
氷河期に突入し人類の大半が死滅した世界。地球を周回し続ける列車で生活する生存者たちは、階級間に張り詰める危うい均衡の
中、それぞれが存続の危機にさらされる。

新田さんからコメントをいただきました😊

「すべてが凍りついた地球で、生き残った人類を乗せて走り続ける列車『スノーピアサー』、シーズン2はジェットコースターのような展開でしたが、シーズン3では目的地が見つかったこともありペースは比較的緩やかに。その分、キャラクターの内面を深くえぐり出しています。


本作はNetflixでは珍しく週1話配信なのですが、私は毎回、字幕と吹替でそれぞれ見ていました。オリジナル音声だと親しみやすいアニキ的な主役レイトンが、吹替だとものすごくカッコよくて頼れるリーダーに感じられて、どちらで見ても面白いです。すでに現地ではシーズン4制作中とのこと。見渡す限りの氷の世界、これからの暑い季節に一気見オススメの作品です!

 

新田さん、お知らせいただきありがとうございます✨
シーズン4も楽しみにしております❗

アメリア事務局 並木

本日はもう一作品ご紹介いたします。アメリア会員の柳田麻里さんが共訳されました。

~内容紹介(Amazonより)~
「よい翻訳」とはなにか?翻訳研究(トランスレーション・スタディーズ)の第一人者による代表的著作にして古典、待望の邦訳!差異を見つめ、よく読み、よく訳すための必読書。

柳田さんから下記コメントもいただきました。

「英語から外国語の翻訳点数に比べ、外国語から英語の翻訳点数はほんのわずか。異文化交流を促進するはずの翻訳が、文化、政治、経済といった側面で不平等なのが現実です。そんな現状を乗り越えるには、差異を肯定した翻訳が必要なのではないか――そう説くローレンス・ヴェヌティの代表的著作です。難解な学術書ですが、翻訳に携わるみなさまに、ぜひお手に取っていただきたいです」

言語を超えて様々な文化の架け橋となる翻訳ですが、同時に政治や経済における不平等さも浮き彫りにしてしまうとのこと。翻訳とは?を改めて考えるきっかけを与えてくれそうです。

柳田さん、お知らせいただきありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

アメリア事務局 相澤

5月も今日で終わりですね。梅雨入りも近いようで季節の移り変わりを実感しています。

さて、本日はアメリア会員の安達眞弓さんが翻訳された作品をご紹介いたします。

~あらすじ(Amazonより)~
真夜中、小さな町で立てこもり事件が発生した。一般家庭に銃を持った男数名が侵入したという。刑事ニックが現場に到着すると、家から大音量で音楽が流れ、爆発音が続いた。狙撃班が銃弾を浴びせ、機動隊が突入し、妻と娘たちを救出。だが家には犯人5名の遺体はあったが、夫の姿がなかった。警察は、犯人の一人が夫を人質にして逃亡したと考え、大規模な捜索を開始する。謎めいた行動を取る犯人の目的とは――。

安達さんのコメントもご紹介いたします!

「2020年に出版された『死んだレモン』の著者、フィン・ベルの邦訳第2弾です。前作同様、意外性と驚きにあふれるストーリーですが、小説としての魅力が光り、コーマック・マッカーシーが好きだという著者の思いが存分に発揮されています。翻訳はその分大変でしたが、これまでにない達成感を得た作品でした」

人質立てこもり事件がどのように動いていくのか……。一気読みしたくなること間違いなしです!

安達さん、お知らせいただきありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

アメリア事務局 相澤

昨日までは真夏のような天気が続いていましたが、今日は一段落でしょうか。冷たい雨にほっとします。🙂

さて本日はアメリア会員の牧高光里さんが翻訳を手掛けられた作品をご紹介いたします。
まずはこちら。『天才IT大臣オードリー・タンが初めて明かす 問題解決の4ステップと15キーワード』

牧高さんからコメントをいただきました。
台湾のデジタル担当大臣、オードリー・タン氏が、問題解決法「向き合って、受け入れて、対処して、手放す」を軸にして、さまざまなキーワードを切り口にご自身を語ったインタビューです。
コロナ禍やウクライナ情勢の悪化によって、自分たちがいかに脆く儚い世界に住んでいたのかを嫌でも思い知らされる毎日ですが、本当は今までも存在していたのに目を向けていなかったこと、気づかずにいたものが可視化されたにすぎないのかもしれず、だとしたら世界を眺める自分の視点を変えさえすれば、現実は何も変わっていなかったとしても、そこに映る姿は再び今と違ったものになるのかもしれません。
本書の中でタン氏が語る「あらゆる人の立場に立つ」「競争以外の選択肢を探す」「世界はもともと一つ、いたるところに知恵がある」などなど数々の『オードリー・タン的視点』を心に留め置くことで、本書を手に取ってくださった方々の中に昨日とは違った新たな発見や別な観点が生まれたなら、訳者として望外の喜びです。

文響社サイト→CLICK!

オードリー・タン氏の著書ということで注目する方も多いのではないでしょうか。
「向き合って、受け入れて、対処して、手放す」を軸とする問題解決法、新たな切り口を与えてくれそうです。

続きましてこちらの作品。
『ERROR FREE 世界のトップ企業がこぞって採用したMIT博士のミスを減らす秘訣』

牧高さんのコメントです。
米国で危機管理専門家として長年にわたり活躍してきた著者が、有史以来の膨大なデータを活用して、「ヒューマンエラーはなぜ発生するのか」「それを防ぐ手段はないのか」「なぜ人間は同じ失敗をいつまでも繰り返すのか」といった数々の疑問に明確な裏付けを伴う答えを出してくれたのがこの一冊です。タイトルはゴリゴリのビジネス書の雰囲気をまとっていますが、内容は具体的な事例に富んでおり、たとえば三国志演義の数々のエピソードやアレキサンダー大王の死因、コダックやノキアの失敗例など、どれかのエピソードについて誰でも「そういえば聞いたことがある」と思えるような実例を挙げながらエラーのタイプを紹介しています。しかし特筆すべきは、同じエラーが世代を超えて延々と繰り返される理由について「人はすべて成長過程でエラーを犯しやすいマインドセットを植え付けられて」おり、それが次世代にそのまま伝えられているからだと分析した点、そしてそうなる理由は「権威へ盲目的に服従する」ような教育であると論じた点だと、個人的には考えています。
その他、日常生活のなかですぐに活用できるエラーの減らし方など、役立つ情報も満載です。この本を手に取ってくださった方々が、エラーを減らして幸せな人生を歩まれますようにと(詳しくは第4章「エラーフリーがもたらす幸福と成功」をご覧ください)願ってやみません。

文響社サイト→CLICK!

こちらはアメリアの「スペシャルコンテスト」を通じて、翻訳を担当いただくことになりました。
20名ほどの応募者の中から採用となられたわけですが、全体的な読みやすさや創意工夫、ビジネス書としての雰囲気などをポイントに選ばれたそうです。🎊
台湾発のベストセラー✨、ぜひお手に取ってご覧ください。

牧高さん、今後のさらなるご活躍をお祈りしております。🎶

アメリア事務局 河原🐕🐾

本日は情報誌『Amelia』5月号のアンケート結果を一部公開いたします。
5月号の内容(目次)はコチラよりご参照ください。

 

5月号の特集は、

弱点を克服すれば必ずスキルは上がる!
効果的に復習する方法

でした。

 

よく「勉強方法」のご相談や「他の人の学習方法を知りたい」というようなお問い合わせをいただくことがあり、この度、情報誌で「復習」に焦点をあてて学習方法をご紹介いたしました。

実際に復習によってスキルをアップさせた7名の会員さんの復習法をご紹介していますが、読んですぐに真似ができるぐらい、とても具体的に回答いただきました。
ご協力くださった皆さん、ありがとうございます✨

読んでくださった会員の皆さんからは以下のようなお声をいただきました。

👍翻訳の復習方法がリアルで分かりやすかったです。
👍いろいろな方の復習法を知ることができて大変参考になりました。その復習法を取り入れた理由や、良い点、改善点などは、自分の復習法を見直すのに役立ちそうです。
👍一口に復習といっても、重点を置く箇所ややり方が人によって違い、とても参考になった。「自分だったらどうするか」を考えて実践していくきっかけにもなった。

👍復習の方法については、ずっと自分に合ったものを模索中なので、成績優秀者の方々がされている復習方法はとても参考になりました。
👍「効果的に復習する方法」を読んでこれまでの勉強方法を改めました。復習の仕方でこんなに脳への浸透度が変わるとは…本当に参考になりました。
👍実際に勉強をしながらプロのチャンスをつかんだ方々の勉強法はとても参考になりました。やはり地道な作業が成功への近道なのでしょうね。あきらめずに頑張ります。

 

「参考になった」とか「頑張ります」というお言葉をいただけると、
お役に立てたかな😊、モチベーションアップに繋げられたかな😊 と、とても嬉しくなります✨
ありがとうございました⭐

いよいよ来月からアメリア夏の一大イベント「翻訳トライアスロン」がスタートいたします❗

奮ってご参加ください😍

 

事務局 入江

梅雨入りしたかのような雨模様ですが
週末は晴れてとても暑くなるようですね🌞

本日はアメリア会員の両角和歌奈さんの翻訳作品を二つ、
いただいたコメントと一緒にご紹介いたします🍀

どちらの作品も字幕翻訳を手がかられたとのこと。

 

『バラナシ 死のホテル』 アジアンドキュメンタリーズ
詳細は⭐コチラ

インドのガンジス川ほとりにあるバラナシには輪廻転生から抜け出すために死期の近い人が滞在するホテルがあります。数週間の滞在で息を引き取る人も、数十年住み続ける人も…。25分と短い尺ながらもインドの人々の死生観をうかがい知ることができるすばらしいドキュメンタリーです。死という重いテーマを扱っていますが、美しいインドの風景も作品の魅力だと感じました。ぜひ多くの方に見ていただきたい作品です。

 

『YOU 君がすべて (シーズン3)』 Netflix 
※シーズン3全話をご担当
詳細は⭐コチラ

Netflixの人気ドラマシリーズのシーズン3の全話を担当しました。
ストーカーでシリアルキラーという主人公が新たな町で子育てをしていくサスペンス(コメディ?)です。
シーズン1、2は別の翻訳者さんが担当されたので、お話を頂いてからNetflixで一気見。「お…面白い!」と前のめりで担当者の方にメールをしたのを覚えています。
このドラマの特徴は主人公の心の声がずーっと視聴者にだだ漏れなところ。ふつうのドラマならシリアスな顔の主人公のアップが映ればセリフを言わずとも緊迫感アップ!な見せ場のはずなのですが、そういった場面でも心の声が絶えず流れるのです。この主人公のつぶやきが、なんとも的確なツッコミになっていたり、そういう考え方あり!?と驚いたり、とにかく最高なんです。…が、ずーっとしゃべっているのでもちろん字幕枚数はとんでもないことに…。
うれしいことに全話通しで担当させていただいたこともあり、字幕枚数が多かったこともあり、そして何よりNetflixで公開週からしばらくはアメリカなどで1位になっていた人気のドラマということもあり、大変思い入れの深い作品となりました。多くの方に見ていただければ幸いです。

 

どちらの作品も全くジャンルは異なるものの、とても興味深いです。
ドラマシリーズのほうはコミカルさが気になってしまい…視聴したくなりますね😊

両角さん、ご連絡いただきありがとうございました✨
今後のご活躍もとても楽しみにしております❗

 

事務局 入江

5月26日に発送いたしました情報誌『Amelia』2022年6月号は、下記のラインナップです🙂

(2022年の表紙は、世界のお話をテーマにお届けしています!
 6月号の表紙はイギリスの『不思議の国のアリス』です。)

【特集】翻訳トライアスロン2022応援企画
    ミスをなくし、ワンランク上を目指す!
    翻訳レベルアップ講座&先輩トライアスリートからのメッセージ
【連載】翻訳金言・至言・迷言集
    第6回「訳者は作者より批判されやすく、褒められにくい職業であるようです」-多和田葉子氏
【連載】日本語にしにくい英語 「近年登場した新しいpost!」
【連載】アメリア流 書評サロン 本の素顔
    『海洋を冒険する切り絵・しかけ図鑑』(檜垣裕美さん)
【連載】アメリアご利用企業インタビュー「アチーブメント出版株式会社」
【応募】翻訳お料理番「dog training」
【応募】定例トライアル<実務(IT・テクニカル)><日英メディカル>
【別刷】定例トライアル 2022年3月号<出版(ノンフィクション)><実務(メディカル)>
【連載】応募者の声&採用者の声「M.Sさん/ソフトウエアエンジニアリング株式会社」
【連載】アメリア会員アンケート みんなどうしてる?「どの分野の翻訳をしている?」
【Amelia Square】アメリア会員の翻訳作品・8月会員のみなさまへ・編集後記

★バックナンバーはこちら→https://www.amelia.ne.jp/magazine/backnumber/
※個別にご希望をお寄せいただいた方を除き、海外会員の皆さまにはPDF版をご案内しております。

今年もいよいよ「翻訳トライアスロン」を開催します!成績優秀者にはAmazonギフト券1万円ほか豪華賞品を進呈いたします。開催スケジュールや賞品などの詳細は開催概要をご覧くださいませ。

「翻訳トライアスロン」とは…?
スイム・バイク・ランの3種目を競うトライアスロンのように<出版><映像><実務>の英日翻訳に挑戦する、アメリア夏の恒例イベントです。毎年数百名の方にご参加いただいており、優秀な成績を修めた方には豪華賞品をプレゼント!各種目で96点以上を取得されると「クラウン会員」資格を獲得できます。1種目からの参加も可能で、何種目参加しても応募料は3,300円(税込)です。ぜひ完走(=3種目すべてに参加すること)を目指してみてくださいね!

※「クラウン会員」とは、実務経験がなくても経験者相当の実力を持つと見なされるアメリア独自の資格です。詳しくはこちらをご覧ください。

・第1種目 7月号<出版(フィクション)>
(6月27日課題公開)

・第2種目 8月号<映像(字幕)>
(7月26日課題公開)

・第3種目 9月号<実務(ビジネス)>
(8月26日課題公開)

「翻訳トライアスロン」の詳しい内容はこちらの開催概要をご覧ください。

アメリア会員の皆様にお届けする情報誌『Amelia』2022年6月号(5月26日発送)では「翻訳トライアスロン2022 応援企画」を開催します。

【応援企画】
・「ミスをなくし、ワンランク上を目指す! 翻訳レベルアップ講座」
・「先輩トライアスリートからのメッセージ」

「翻訳レベルアップ講座」では、ミスしがちなポイント上位を目指すポイントについて審査員からアドバイスをいただきました。「先輩トライアスリートからのメッセージ」では昨年上位入賞を果たした方々に、課題にどのように取り組んだのかそこから何を得られたのか、を伺いました。

過去の応援企画はアメリアWebサイトの「スキルアップ」「翻訳トライアスロン」で公開中です(アメリア会員専用ページ)。今年の応援企画に加えて、こちらもぜひご一読くださいね。

・2021年 応援企画
「審査員が指南する 課題に取り組む方法」
「参加した人に聞いた翻訳トライアスロンQ&A」

・2020年 応援企画
「【第1部】初めての翻訳トライアスロン参戦記」
「【第2部】タイプ別ポイントアップの秘訣!」

「翻訳トライアスロン」でさらなるスキルアップを一緒に目指しましょう!皆さまのご応募をお待ちしております。

アメリア事務局 相澤

アメリア会員のスターミー亜耶さん吹替翻訳を手がけられた作品をご紹介いたします❗

 

『シニアイヤー』Netflix
作品紹介は⭐コチラ

(スターミーさんより🍒)

レベル・ウィルソンが面白すぎる、笑いあり感動ありのコメディ作品です。
ネットフリックスで日本ランキング、1位に輝きました!
高校最後の年に、事故で昏睡状態になってしまったステフ。
20年後に目を覚ますと、37歳になっていたが頭の中はまだ20年前の女子高校生のまま…!
友達はすっかり大人になっているが、事故でプロムクイーンになり損ねたステフは青春を取り戻すべくチアリーディング部への復活を決めるというストーリー。
歌の吹き替えは、チアの応援コールがいくつかありまして、とてもいい感じに仕上がったので、ぜひ吹き替えでも見ていただきたいです。
お風呂に入ってるときに歌詞をひらめいたという裏話があります(笑)

また、20年前のシーンは今でいう死語をガンガン使い、現在のシーンはトーンを変えたりと工夫を凝らしました。
その差も顕著な方が面白いかなと。
声優さんや制作陣の力もあり、本来のトーンを崩さずとても面白い吹き替え版に出来たと思います!
ぜひご覧ください!

 
とっても面白そうな作品ですね😂
スターミーさん、この度もお知らせいただき誠にありがとうございます✨
 
アメリア事務局 並木

本日はもう1冊、ご紹介いたします。

アメリア会員の寺尾まち子さんが翻訳されたこちらの作品です。✨

寺尾さんからコメントをいただきました。
歴史と秘密のホテルシリーズの二作目です。
20世紀初頭にタイムスリップしたかのような〈ホテル一九一一〉のフロント係、アイヴィーが殺人犯の濡れ衣を着せられた支配人を救うために奮闘します。

シリーズ第一作目ではフロント係のアイヴィーが親友を救うべく奔走しましたが、今回はいかに!
第一作『新米フロント係、探偵になる』
前作からちょうど1年ぶりの刊行。
前作でファンになった方は待望の第二作ではないでしょうか。
ぜひお楽しみいただければと思います。😊

寺尾さん、このたびはお知らせいただきありがとうございました。
今後もシリーズの続きを楽しみにしております🙂🙂

アメリア事務局 河原🐕🐾

5月もそろそろ終盤ですが、今年の5月は雨が多かったですね。梅雨入り前にお天気が続けばと思います。

さて本日はアメリア会員の一杉由美さんが翻訳された3作品をご紹介いたします。※いずれも亀岡智美氏監訳



一杉さんからコメントをいただきました。
誰もが経験する不安、怒り、悲しみ。それらをわかりやすく説明し、対処法を解説するとともに、そういった感情を抱くのはちっとも悪いことではないと教えてくれる絵本です。この3冊を訳し終え提出した直後、新型コロナで世の中が一変したこともあり、こんな時だからこそ、悩む多くの子ども達に読んでもらいたいと強く願ったのを覚えています。今もその願いは変わっていません。この3冊が、子ども達の心を少しでも軽くできれば、光栄です。

対処法を説くだけでなく「そういった感情を抱くのはちっとも悪いことではない」と教えてくれる点、いいなと思いました。
そしてそういった感情で悩むのは子どもだけではないはず。
私も「不安」「怒り」「悲しみ」といった感情に翻弄され、どう対応していいのか分からなくなることもしばしばです。
本書を読んで実践してみたいです。
「子どもの気持ちが楽になる絵本シリーズ」というシリーズ名も子どもの心に寄り添うようでいいですね。

出版社は誠信書房さん
同社のサイトもぜひご覧ください。→CLICK!

一杉さん、このたびはお知らせいただきありがとうございました。
誠信書房さんとはスペシャルコンテストをきっかけにご縁となられたそうですが、
今後も同社と末永いご縁となられることをお祈りしつつ、またご活躍のご様子をお聞かせいただけると嬉しいです。

アメリア事務局 河原🐕🐾

お散歩日和な日が続いていますね🌞
住宅街の紫陽花スポットを見つけながらお散歩しています。咲くのが楽しみです✨

さて本日はアメリア会員の富原まさ江さんの訳書をご紹介いたします。

 

 

コメントをいただきました😊

これまで何冊か「花と木の図書館」シリーズを訳す機会をいただきましたが、訳す前と後で最も大きく印象が変わったのがこのゼラニウムです。「貴族も庶民もこぞって求めた異国情緒」(帯のキャッチより)、この複雑で興味深い植物の物語をぜひお楽しみください!

 

ご近所に沢山のゼラニウムが咲いているお家があるのですが可愛らしくて華やかでとても素敵です✨虫よけ効果もあるそうです❗

富原さん、お知らせいただきありがとうございました⭐
今後のご活躍もとても楽しみにしております❗

 

事務局 入江

東京はしばらく雨が続いていましたが、ようやくお天気になりました。少し暑いぐらいですが、気持ちのいい陽気❗ 5月は一年で一番好きな時期です。

さて本日は韓国から届いた最高の育脳メソッドをご紹介いたします。
タイトルは『子どもの頭がよくなる 魔法の質問100』
翻訳はアメリア会員の五関由美さんです。スペシャルコンテストでの採用をきっかけに、本書の翻訳を担当いただきました⭐

まずは五関さんのコメントを紹介させてください。
アメリアのスペシャルコンテストを通じ、出版翻訳の機会をいただくことができました。ありがとうございます!一冊の本がこんなにもたくさんの方々の手を経て出来上がるのだということ、たくさんの思いが詰まっているのだということを身にしみて感じ、完成した本が書店に並んだときは胸がいっぱいになりました。本書は、「質問」を通じて子どもの才能を伸ばすという子育て本ですが、日常生活での素朴な疑問から人生観に関わるものまで、質問の内容は多岐に渡り、親が自分自身の生き方を見つめ直すきっかけも与えてくれます。
コロナ禍で社会の「分断」「二極化」が深刻化している今、著者が訴える「周囲に影響されずに自分をしっかり持って生きる」という姿勢は、親にとっても子にとっても大切なのではないかと思います。
ぜひお手に取ってご覧いただけたら幸いです。

著者は韓国の親御さん達から絶大な信頼を寄せられている人文教育専門家。
巻末には具体的な100の質問が紹介されています。
例えばこんな質問。
時間とお金、どちらの方が重要だと思う?
お菓子を食べた後に歯を磨かなかったら、1年後にはどうなると思う?
計算機があるのに、どうして算数や数学を勉強するのかな?
など、大人も思わず「う~ん」と唸ってしまうような質問も。思考力や想像力等を伸ばすのに役立ちそうですね😀

文響社さんのサイトはこちらです。→HP
「立ち読み」ではプロローグ、目次、第一章がご覧いただけます。ぜひチェックを📢

五関さん、コンテストの採用、そしてこのたびの刊行、おめでとうございます🎊🙌
今後も五関さんの翻訳で韓国の書籍を紹介していただけると嬉しいです🍀
さらなるご活躍をお祈りしております。

アメリア事務局 河原🐕🐾

今日は朝から雨が降っております。気温も下がるようですので体調管理に気をつけねばなりませんね!

さて、本日はアメリア会員の檜垣裕美さんが翻訳された作品をご紹介いたします。

~内容紹介(Amazonより)~
まるでギフトカードのように繊細で美しい切り絵が魅力のシリーズ、第三弾は『空』がテーマ。はるか昔から、人間は空や星を眺め、壮大な宇宙へ思いを馳せてきました。私たちも、この絵本を通して空への冒険に出かけましょう!

檜垣さんのコメントもご紹介いたします!

「スペシャルコンテストを通して翻訳する機会をいただいた『海洋を冒険する切り絵・しかけ図鑑』と同じシリーズの本を翻訳する機会をいただきました。こちらの本も美しい切り絵と楽しいしかけとともに空をさまざまな視点からみられるような本になっています。前作といっしょにお手に取っていただけるととてもうれしいです」

表紙の空色がとても素敵ですね。レースのように繊細な切り絵を楽しめるしかけ図鑑です。

同じく檜垣さんが手がけられた『海洋を冒険する切り絵・しかけ図鑑』はアメリアのスペシャルコンテストで誕生した翻訳書です。以前、こちらのブログでご紹介させていただきました。

檜垣さん、お知らせいただきありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

アメリア事務局 相澤

梅雨のようなお天気が続きますね☔

 

さて本日は、アメリア会員の加藤輝美さん野村真依子さんが共訳された『アートからたどる 悪魔学歴史大全』をご紹介いたします! 古代から現代にいたる「悪魔と地獄」の姿を、その時代に残された芸術作品をたどりながら案内するとても面白い作品です😍

 

加藤さんよりコメントをお寄せいただきました😊

ページ数が多く納期も厳しいため共訳をお願いすることになりましたが、古今東西の悪魔が縦横無尽に語られたとても面白い本になりました(個人的には聖飢魔IIの閣下と魔夜峰央のアスタロトもぜひとりあげて欲しかったところですが)。

 

お知らせいただきありがとうございます✨
これからのご活躍もとても楽しみにしています❗

アメリア事務局 並木

本日はアメリア会員のスターミー亜耶さんの翻訳作品をご紹介いたします✨

 

ハートストッパー  Netflix配信
詳細は⭐コチラ

 

スターミーさんより作品紹介を兼ねたコメントをいただきましたのでご紹介します😊

 

Netflixにて配信されているドラマシリーズ「ハートストッパー」、全8話の吹替版の翻訳を担当しました。
ボーイミーツボーイがテーマの作品ですが、LGBTQ当事者や家族の葛藤、
様々な人々との出会い、痛みや喜びが美しく描かれた名作です。
吹替版の声優さんの演技も素晴らしく、英語版に引けをとりません!
嬉しいことにSNSで吹替版のお褒めの言葉を多く目にしております!
昨今の重要なテーマであるLGBTQが題材の作品を担当させていただけるのは、非常に光栄ですし毎度身が引き締まる思いです。
作品を通して、マイノリティへの理解や関心を深めていく活動に携われることに喜びとやりがいを感じると共に責任感もひしひしと…
私はイギリスに引っ越してきてから、差別問題へのセリフに対する重みが翻訳に活きているなと痛感しています。
人種、性的指向、色々と差別はありますが、自分がイギリスで人種的にマイノリティになり、時に辛い思いもしたからこそ、リアリティのある翻訳に出来た台詞が何個もありました。
この作品の原作はイギリスのベストセラーコミックで日本語にも翻訳されています。翻訳者は字幕で有名な牧野琴子さんです。
気になる方はぜひ読んでみてください。

 

あらゆるご経験が訳文に活かされているのですね。
言葉は生き物だなと改めて思いました。

スターミーさん、ご連絡いただきありがとうございました🙂
今後のご活躍もとても楽しみにしております❗

 

事務局 入江

GWはお出かけされましたか? 私は伊豆半島へ行ってきたのですが、道路の渋滞で往路は6時間、復路は4時間半ほどもかかりました😅 お天気は最高でした。

 

さて本日は、アメリア会員の岩田佳代子さんが翻訳された『希望の教室』をご紹介いたします!

 

『希望の教室』のご紹介(Amazonより)

◉NYタイムズベストセラー!
◉世界20ヶ国以上で刊行決定の話題書!

「この世界やわたしたちの未来に、まだ希望があると本気で信じているのですか?」
「ええ、心から信じているわ」

「動物行動学者」「環境保護活動家」「国連平和大使」
世界が讃えるグドール博士のみずみずしい思考と教え

気候危機、自然破壊、世界的なパンデミック、戦争……
問題だらけの世の中で、本当に希望など持てるのか?

この本では、誰もが求めているのに、じつはあまり理解されていない「希望」について、
世界で最も著名なナチュラリスト、ジェーン・グドールが、
対話をしながら、深く、あたたかく、語る。

彼女が、その並はずれた人生で出会ってきた感動的で刺激的な話、
それに写真も多数紹介される。
── すべての人に希望を。本書がその道しるべになるだろう。

 

池田さん、お知らせありがとうございました✨
これからもご活躍をとても楽しみにしています🍀

アメリア事務局 並木