アメリア公式ブログ

翻訳者ネットワーク「アメリア」が、
最新情報やアメリア会員の方の
翻訳実績を綴ります♪

12月中に終わらせたいことを書き出してみたのですが、ちょっとイヤになってしまい😅早速、年始にまわしてしまいました。こうして、TODOが溜まっていくのですよね💦

 

本日はアメリア会員の小坂麻衣子さんが字幕翻訳を手がけられた作品をご紹介いたします❗

 

『ありふれた家族』Netflix
※リミテッドシリーズ偶数話をご担当
詳細は⭐コチラ⭐から

完璧な生活を送っているように見えた家族の平穏な日常は、ある衝撃的な殺人事件に巻き込まれたことをきっかけに一変。一家はお互いを守るために捨て身の行動に出始める。
(サイトより引用)

 

スリリングなストーリー展開のようです。
配信系のドラマは止まらなくなってしまうのですが、本作品も眠れなくなりそうですね😊

 

小坂さん、お知らせいただきありがとうございました。
今後のご活躍もとても楽しみにしております✨

 

事務局 入江

そろそろ気になるのが大掃除。いっぺんにやると大変なので少しずつ進めていますが、あそこもここもと気になり、もう戦意喪失しております。
毎年のことなのですが…。😅

本日はアメリア会員の西川美樹さんが翻訳を手掛けられたこちらの作品をご紹介いたします。

Qアノンの正体
 

著者はウィル・ソマー。Qアノン陣営からは「天敵」とされているそうです。
Qとは誰なのか?なぜ政治に影響を与えることができたのか?
Qアノンの実態に迫ります。

詳細は版元である河出書房新社さんのHPにてご確認ください。 ★河出書房新社HP★

なお西川さんはこちらの御本も翻訳されています。👇
『ゴーイング・ダーク 12の過激主義組織潜入ルポ』

こちらにもQアノンが登場しますので、ご興味がある方はぜひお手にとってみてください。

西川さん、いつもお気遣いいただきありがとうございます。😊
今後のご活躍も楽しみにしております。

アメリア事務局 河原🐕🐾

布団から出るのがきつい季節になりました。リビングには犬がいるので夜も床暖房がついており、朝リビングに入ると足がホッとします。

さて、本日はアメリア会員の吉井一美さんが翻訳されたシリーズ2作をご紹介いたします。

みつけるシリーズ2 食物連鎖する動物
~内容紹介(Amazonより)~
太陽の光が植物を育て、その植物を動物たちが食べる・・・世界のあちこちで、「食物連鎖」が起きている。本書では、7つの環境で起こる代表的な食物連鎖を、切り絵のイラストとともにやさしく紹介する。
 
みつけるシリーズ3 絶滅しそうな動物
~内容紹介(Amazonより)~
絶滅の危険にある動物たちを7つの地域にわけて紹介。動物たちは、どんな被害にあっているのか。なぜ苦しむことになったのか…切り絵のイラストとわかりやすい図でやさしく伝える。
 
シリーズ1作目『みつけるシリーズ 世界の動物』はこちらのブログ記事でご紹介させていただきました。切り絵が美しいだけでなく、子どもも大人も一緒に学ぶことのできる作品になっております。ぜひお手に取ってみてくださいね!
 
吉井さん、お知らせいただきありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

アメリア事務局 相澤
 
 
 

本日はアメリア会員の川岸史さんが吹替翻訳された作品もご紹介いたします❗

『THE KILLER/暗殺者』

(Amazonより)
引退した最強の暗殺者ウィガン (チャン・ヒョク)は財テクで成功を収め、派手な生活を送っていた。そんな中、友人と旅行に行く妻から友人の娘である女子高生ユンジ(イ・ソヨン)の面倒を見てほしいと頼まれる。短期間、保護者の役割だけすればいいと軽く考えていたウィガンだったが、人身売買を企む組織にユンジが拉致されてしまう。ユンジを取り戻すべく、ウィガンの暗殺者としての本能が再び覚醒していく――。

 

『ザ・メガロドン 大怪獣覚醒』

(販売元 HPより)
ヤツがまた、目覚める

数百万年にわたり深海に潜む生きた伝説 
超巨大古代鮫《メガロドン》
“史上最強のモンスター”は、ふたたび地球の海の支配者となるのか?

 

ハラハラが止まらない2作品、暖かくしたお部屋で楽しみたいですね!

川岸さん、お知らせいただきありがとうございます😊
またお知らせいただけることを楽しみにしております❗

アメリア事務局 並木

寒くなってきましたね💦
肌寒いほうが好きなので暖房はあまり使わないのですが、足が冷えるので「まるでこたつソックス」を買おうか迷っています😊

 

さて本日はアメリア会員の滝本安里さんの訳書をご紹介いたします。

 

『100兆円で何ができる? 地球を救う10の思考実験』

 

コメントをいただきました。

 

タイトルからは、モノ申すような押しの強さを感じるかもしれませんが、ポピュラーサイエンスの本です。地球の問題を提起するというよりも、それを解決するための科学技術、つまりアイテムを実現に向けてうまく使っていきましょうという前向きな内容です。さまざまな最先端の研究が紹介されている一方、専門性はあまり高くないので、理系がニガテだけれどもいまのテクノロジーを把握したい、という方にもオススメだと思います。

 

まさに「理系がニガテだけれどもいまのテクノロジーを把握したい」ので、本書を通じて色々と教えていただきたいです😊

 

滝本さん、お知らせいただきありがとうございます✨
今後のご活躍もとても楽しみにしております⭐

 

事務局 入江

本日は情報誌『Amelia』11月号のアンケート結果を一部公開いたします。
11月号の内容(目次)はコチラよりご参照ください。

11月号の特集ではアメリアの人気コンテンツ「翻訳お料理番」の過去の解説を元に、多くの方が間違えやすいポイントを探りました。

 

🍒「翻訳お料理番」とは……
海外文化や時事問題など約200ワードの課題文を和訳する翻訳プチ演習。まだ仕事レベルではないけれど、様々な文書を訳して実力をつけたい方におすすめ。審査は個性豊かな3人の鉄人が毎月交替で行います。審査の基準は、正しいレシピ(=翻訳の正確さ)、バランスのよい味付け(=こなれた日本語)、
味の決め手となるスパイス(=キラリと光る何か!)等々。

 

今回、過去 10 年分の「翻訳お料理番」の解説を分析してみました。膨大な審査員の解説には、英文解釈や訳出の際に多くの方がつまづくポイントが詰まっています😊 

読者の皆さんからこのような声をいただきました。一部ご紹介いたします。

とても具体的にアドバイスが書いてあるので、即実践に活かせると思いました。
大変勉強になりました。頭ではわかっていると思っていましたが、例文と共に見てみると理解しきれていないことを実感しました。何度も読みます。
「翻訳お料理番」に歴史あり!飽きさせない工夫、学びの工夫が盛り込まれていることを知り、取り組むモチベーションが高まりました。
翻訳のコツやヒントが分かりやすく、楽しく書かれていて有益でした。

 

根強いファンが多い「翻訳お料理番」。今後も皆さんに楽しんでいただけるコンテンツに磨いていきます❗

事務局 入江

今回は、熱帯魚の飼育をナビゲートする文章の翻訳に挑戦❗
現在開催中の熱帯魚の飼育に挑戦!翻訳コンテストでは、12月25日(月)まで訳文をご応募いただけます🐠 
初めて飼う方にも分かりやすく訳してくださいね😊

 

どなたでもご参加いただけますので、アメリア会員以外の方は、はじめに★コンテストページ★「コンテスト会員に登録する」から無料コンテスト会員にご登録くださいね。

 

課題文:
Owning tropical fish brings tremendous joy to a family. The vibrant blue and red colors will add a new dimension to your home. Make sure the size of your fish tank is appropriate to the number of fish you plan to have. Also, heat the water to 25 Celsius so the fish are comfortable. Regular feeding is a must to ensure your new fish family is happy. However, overfeeding can end up making them very sick. Once you have worked out the balance of a regular cleaning and feeding routine, you can enjoy the mesmerizing qualities of these beautiful fish.

 

今後のスケジュール:
訳文応募期間:2023年12月5日(火)~12月25日(月)
レーティング審査期間:2023年12月26日(火)~2024年1月15日(月)
結果発表:2024年1月22日(月)

 

コンテスト会員になるメリット:
(1)コンテストに参加できます。

(2)コンテストの期間中、会員専用の翻訳情報メルマガ【Biz-Amelia】が配信されます。

翻訳情報メルマガとは?
月平均40件の新着求人をはじめ、アメリアWebサイトの更新情報をいち早くお知らせします。翻訳の現場で集めたスタッフならではの耳より情報なども掲載。サンプルは★こちら★

(3)コンテスト会員から正規にご入会いただくと、通常の5,500円(税込)の入会金が0円

 

➡「熱帯魚の飼育に挑戦!翻訳コンテスト

 

皆さまの訳文を楽しみにお待ちしております🐙🦐🐠🐟🐡

アメリア事務局 並木

「定例トライアル」では現在<映像(字幕))><実務(ビジネス)><実務(特許)>の応募を受付中です。締切は12月20日18時!ご入会当日から応募できます。

「定例トライアル」とは?
・「実際の仕事で通用するレベルかどうか」が審査基準の翻訳の模擬試験
・審査員は第一線で活躍するプロの翻訳家や翻訳会社
・訳例と講評は締切の約2か月後に公開(添削はございません)。
・AA~Eまでの6段階の総合評価と項目別のレベルチェックに5段階の評価が付く。

→総合評価で訳文の全体的な実力と、項目別のレベルチェックでご自身の強みと弱みが分かります!

→総合評価B以上を安定して取れるようになってくると、実際のトライアルの合格率も上がってきた証拠です。求人応募前の腕試しにどうぞ!

総合評価基準(一部抜粋)
AA すぐにお仕事で通用する実力があるという審査員のお墨付きです。
  ★クラウン会員資格取得!

A チェッカーの監修がつけば、仕事として通用する可能性大です。
  ★同一分野で12カ月以内に2回A以上を取得するとクラウン会員資格取得!

B 仕事をするレベルにはもうひと息。

C 勘違いによる誤訳やケアレスミスが目立ちます。

D 原文読解で誤っている部分などが多く見られます。

E 原文読解力が不足していたり分野ごとの基本ルールが守られていないようです。

<映像(字幕)>のレベルチェック項目
原文の理解度 / 日本語表現 / 映像ルールの知識・習得度

<実務(ビジネス))><実務(特許)>のレベルチェック項目
原文の理解度 / 日本語表現 / 用字・用語 / 専門知識・調査力

課題と訳例・講評のサンプルはこちら

※アメリア会員の方はログイン後「スキルアップ」>「定例トライアル」から過去の課題と訳例・講評をすべて無料でご覧いただけます。

目指そう!「クラウン会員」
「クラウン会員」は「実際の仕事で通用するレベル」とみなされるアメリア内の資格です。アメリアの求人では応募条件の必須スキルに「翻訳の実務経験」とある場合、対応する「クラウン会員」資格も併記しています。つまり実務経験か「クラウン会員」資格のいずれかがあれば応募が可能です。「クラウン会員」になるとその分野で実務未経験でも経験者対象の求人に応募できるようになるので、お仕事への可能性がさらに広がります。

「クラウン会員」資格の獲得方法
①「定例トライアル」で総合評価AAを1回取得
②「定例トライアル」の同分野で12か月以内に総合評価Aを2回取得
③「翻訳トライアスロン」で96点以上を取得
※「翻訳トライアスロン」についてはこちらをご覧ください。
 今年の開催は終了いたしました。2024年度の開催をお待ちください。

アメリア事務局 相澤

本日はアメリア会員の町田敦夫さんが追録部分の吹替翻訳を担当された作品をご紹介いたします。映画専門チャンネルのムービープラスにて放送されております。

『戦略大作戦【吹替完全版】ムービープラスオリジナル』

あらすじ(ムービープラスのサイトより)
第二次世界大戦下のフランス。連合軍の米兵ケリーたちが、激戦中に捕虜にした敵軍の大佐を連れて仲間の元へ戻ってきた。捕虜から「ドイツ占領区内の銀行に大量の金の延べ棒が隠されている」と聞き出した彼らは、小隊に与えられた3日間の休暇を利用して強奪に向かう。

町田さんのコメントはこちらです↓

「ちょっと変わり種のお仕事をさせていただきました。

すでに何度もテレビ放送もされている1970年作品なのですが、このほど地上波での放送時にカットされた40分間(!)を追録し、【吹替完全版】を作ることになったようで、その追録部分のみの吹き替えを担当させていただきました(地上波で放送された部分はそのまま生かし、欠けた部分の穴埋めをする形ですね。ゆえに同じ役柄でも、シーンが違えば声優さんも違う。聞き分けられるかな?)。というわけで、昭和のオリジナル吹替のテイストに合わせるべく、新作では使わない言葉もぱらぱら混ぜこんでみました。『やっこさん』とか。

実はこの『戦略大作戦』、私自身が若い頃、地上波放送時にリアルタイムで鑑賞し、めちゃんこ気に入った戦争コメディなのです。それが何十年かぶりで持ちこまれてくるとは何たる奇遇でしょうか。巡り合わせに感謝であります」

放送の詳細はこちらからご覧いただけます。もともとお好きだった作品の追録部分の翻訳を手がけられたなんて、とても素敵なお仕事エピソードですね!憧れます😊

町田さん、お知らせいただきありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

アメリア事務局 相澤

今朝はひんやりしつつも日差しが暖かく、朝のジョギングが気持ちよかったです。気分も上がりますね。😀

さて本日はアメリア会員の野城尚子さん天野由紀さんが翻訳を手掛けられたこちらの作品をご紹介いたします。
野城さんが字幕翻訳、天野さんが吹替翻訳をご担当されました。

『はみだしエルフが町にやって来た!』

野城さんからコメントをいただきました。
サンタクロースの工房で突飛なおもちゃばかり作っているエルフと、夢見ることを忘れかけていた少年が出会い、反発し合ったり助け合ったりして奮闘します。そんな2人の友情を応援しながらクリスマス気分を味わえるハートウォーミングな映画です。

現在、アマゾンプライムで配信中です。
詳細はこちら→CLICK!
この時期ぴったりの作品。クリスマスが待ち遠しくなりそうです。
ぜひご家族で楽しんでみてはいかがでしょうか。

野城さん、天野さん。今後のご活躍も楽しみにしております。

アメリア事務局 河原🐕🐾

本日より12月ですね🌞 充実した1ヶ月にしていきましょう。私は何気に今年の紅白もちょっと楽しみです。

アメリア会員の木村千里さんが翻訳された作品をご紹介いたします❗

『幸せスイッチをオンにする メンタルの取扱説明書』

木村さんよりご紹介いただきました😊
専門的な内容をゆるイラストで解説し好評だった『心の容量が増えるメンタルの取扱説明書』の続編です。
翻訳においては、本書の良さを活かすために専門用語をかみ砕きつつ、簡潔に読みやすく仕上げるという点に苦心しました。
”distractions”を「ソワソワの種」と訳すなど、本書のイメージに合わせて訳を工夫する楽しみもあり、翻訳の難しさと楽しさを存分に味わわせてもらいました。

 

Amazonの作品紹介も拝見させていただきました。最近こういうパターンが出ているなと感じる方は、ぜひ本書の「幸せの仕組み(=幸せのサンドイッチ🥪)」づくりを学んでいきましょう😊 私も学びたいです!

▼こんな人におすすめ
・毎日TO DOリストや、スマホの通知に追われている
・良いことよりも嫌なことばかりに目が行ってしまう
・ストレス解消してもまたすぐに落ち込む、のループを繰り返している
・ついつい人と比べてしまい、落ち込むことがある

 

木村さん、お知らせいただきありがとうございました❗
これからのご活躍もとても楽しみにしております⭐

アメリア事務局 並木

現在応募できるスキルアップ課題はこちらです。すべてご入会当日から応募いただけます!

●定例トライアル <映像(字幕)><実務(ビジネス)><実務(特許)>
12月20日(水)18時締切

「実際の仕事で通用するレベル」が審査基準の翻訳模擬試験です。翻訳スキルのレベルチェックや求人応募前の腕試しに。全部で10分野あり、毎月1~3分野からアメリアが独自に開催しています。

●翻訳お料理番
12月20日(水)18時締切

海外文化や時事問題など約200ワードの英日翻訳演習。まだ仕事レベルではないけれど、様々な文書を訳して実力をつけたい方におすすめです。

●ひとこと翻訳大賞
12月26日(火)11時締切

バラエティに富んだ英文を翻訳し、応募してみましょう!ひとこと翻訳大賞選定委員会が選出した優秀作品は情報誌にて発表します。

●一行翻訳

短い英⇔日の課題を翻訳して投稿できます。「星占い【英→日】」「トイプードル【日→英】」など身近な題材で、ほかの方の投稿訳文を見るのも楽しいコンテンツです。後日、訳例も公開されます。

●ミニテスト

翻訳にも役立つ雑学やミニ知識をチェックできる選択式のテストです。「吹替台本 作成のルール 初級編」 「日本語ブラッシュアップ~その誤用に御用!~」「アメリカの中学生に挑戦」などテーマは様々!

アメリア事務局 相澤

街中でクリスマスツリーを見かけるようになりました🎅
今年こそはクリスマスらしいご飯を用意しよう❗とは思うものの、結局何もしない我が家です😅

本日は「からだレスキュー」シリーズのご紹介です⭐
アメリア会員の串山大さんが翻訳を手がけられました。

 

『角川まんが科学シリーズ どっちが強い!? からだレスキュー(4)免疫バトル編』

 

どっちが強い!? からだレスキュー(5) 記憶メカニズム編

 

串山さんからコメントをいただきました。

人体をテーマにした「からだレスキュー」シリーズの続刊です。(4)免疫バトル編は、新型ウイルスの感染経路を調査するというストーリーで、免疫細胞の働きやワクチンの仕組みなどを学べる内容。(5)記憶メカニズム編は、記憶喪失やPTSDに関わる事件を追いながら、記憶の仕組みや夢の分類などを学べます。マレーシアの漫画です。

書籍詳細は以下の公式サイトからもご覧いただけます。

免疫バトル編

記憶メカニズム編

 

インフルエンザが猛威をふるっている今、特に「免疫バトル編」は気になります。

 

串山さん、お知らせいただきありがとうございます。
今後のご活躍もとても楽しみにしております✨

 

事務局 入江

11月もあと3日!あっという間に12月です。まったく心の準備が出来ておりません…😅

さて本日はアメリア会員の名取祥子さんが翻訳を手掛けられたこちらの作品をご紹介いたします。

『世界のラグジュアリーブランドはいま何をしているのか?』

本書はアメリアの「スペシャルコンテスト」を通じて誕生いたしました。
募集元企業は東洋経済新報社さん。同社より依頼を受け、コンテスト形式で翻訳者の方を募集し、見事採用となられたのが名取祥子さん✨
本書の翻訳をご担当いただきました。

名取さんからのコメントです。
今年の2月に開催されたスペシャルコンテストで訳文を採用していただき、《Le luxe contre-attaque : accélérations et disruptions 》の全文を翻訳させていただきました。
世界経済の重要な一翼を担うラグジュアリー産業の第一線で活躍する35人のキーパーソンの証言とともに、コロナを経ても世界的に成長し続けるグローバルブランドの強さに迫ります。
ラグジュアリーブランドに興味がある方、日本発ラグジュアリーブランドの可能性を模索する方々に読んでいただければ嬉しいです。発売は11月29日を予定しております。
このたびはスペシャルコンテストを通して貴重な機会をいただき、誠にありがとうございました。今後も翻訳者として精進してまいります。

名取さん、おめでとうございます🙌🎉
名取さんはファッションブランドを専門とされる翻訳者さん。
コラム「アメリア会員インタビュー」では以前、名取さんに取材させていただいた記事をご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
これまでのご経歴やお仕事をする上で大切にされていること、これからファッション分野の翻訳を目指したいという方に向けたアドバイスなど、興味深いお話が満載です❗
CLICK!→名取さんご登場回

名取さん、今後のご活躍も楽しみにしております⭐

アメリア事務局 河原🐕🐾

今日の東京は20℃度越えの暖かさ。寒暖差が大きいですね。先週から風邪をひいてしまいましたが😷、皆さんもお気を付けください。

さて本日は野城尚子さんが字幕翻訳を手掛けられたこちらの作品をご紹介いたします。
10月27日よりキノフェス’23にて公開中です。

『クイーンピンズ』

野城さんからコメントをいただきました。
頑張って日々を生きているのに報われない、そんな思いを抱えた大人女子2人が大胆な行動に出ます。実話に着想を得た物語だというからびっくりです。主役の2人はもとより、脇役たちが一癖も二癖もあって笑えます。人間臭くて愛しくて、自分らしく生きる勇気をもらえる作品です。

元オリンピック競歩の選手で今は専業主婦のコニー。
友人と一緒に偽造クーポンを売りさばくビジネスを思い付き、なんと58億円(4,000万ドル)を荒稼ぎしたとか。😮
2012年に実際に起きた事件を元に制作された映画だそうです。

公開期間が短いため急ぎ足をお運びください🎵

野城さん、お知らせいただきありがとうございました。
今後のご活躍も楽しみにしております。

アメリア事務局
河原🐕🐾

11月27日に発送いたしました情報誌『Amelia』2023年12月号は、下記のラインナップです🙂

(2023年の表紙は、花をテーマにお届けします!
12月号の表紙は『ポインセチア』です。)

翻訳トライアスロン2023
第2種目〈映像〉審査結果発表!

【特集】翻訳者の時間管理術!
【連載】WordSmyth の翻訳語り
    最終回 意味の等価性をめざす
【連載】日本語にしにくい英語 「その呼称・呼びかけを用いる真意は?」
【連載】アメリア流 書評サロン 本の素顔
    『博士が解いた人付き合いの「トリセツ」』(藤崎百合さん)
【応募】翻訳お料理番「レイバーデイ」
【応募】定例トライアル<映像(字幕)><実務(ビジネス)><実務(特許)>
【別刷】定例トライアル 2023年9月号<出版(フィクション)><日英メディカル>
【連載】Voice-アメリアを活用してお仕事に結びつきました!(今村真由子さん)
【連載】アメリア会員アンケート みんなどうしてる?「SNSを活用している?」
【Amelia Square】アメリア会員の翻訳作品・2月会員のみなさまへ・編集後記

アメリアWebサイトよりPDF版もダウンロードいただけます。
※毎月26日(土日休日にあたる場合は翌営業日)11時に最新号に差し変わります。
※個別にご希望をお寄せいただいた方を除き、海外会員の皆さまにはPDF版をご案内しております。

PDF版 情報誌『Amelia』最新号

温かい食べ物が恋しい季節になりました。今年も鍋の出番が多そうです。

さて、本日はアメリア会員の伊藤史織さんが字幕翻訳をされた作品をご紹介いたします。先日まで開催されていたイメージフォーラム・フェスティバル2023にて上映されました。

『虫が土の中から出てくる時、人間になる』

~あらすじ(映画祭サイトより)~
2021年秋。世界では新型コロナが蔓延する中、台北の南東、テロの犠牲者が眠る六張犁の墓地には静けさが広がっている。墓を掘る男、頭の無い鶏、三つ足の犬–––。モノローグを背景に現れるこれらは夢か現か幻か? 画面越しに静寂が伝播するかのようなモノクロームの映像が語る、繁栄の歴史に隠された生命の物語。

伊藤さんのコメントもご紹介いたします。

「幻想的な内容で、言わんとすることをくみ取り表現するのが難しい作品でしたが、静かながらも印象的な言葉と映像が心に深く残っています」

イメージフォーラム・フェスティバル2023の詳細はこちらからご覧いただけます。監督のルウ・エンチョン氏は台湾出身で、歴史から消し去られた人や土地をテーマにした映像作品を製作されているそうです。

伊藤さん、お知らせいただきありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

アメリア事務局 相澤

本日は、アメリア会員の田沢優季さんが翻訳されたコミック作品もご紹介いたします❗

 

『~Fairy Romance~星守物語』ComicWalker、ニコニコ静画

※第2話、第3話、第4話をご担当。
※作品詳細は★こちら★よりご覧ください。

田沢さんより作品を紹介いただきました❗
細やかで美しいイラスト、淡く繊細な色づかいにウットリ。ヒロインも守護神もかわいいし、ストーリー展開も面白いので、翻訳作業中はついつい夢中になってしまいました。
順風満帆だったヒロインは親友にその幸せを奪われてしまうのですが、今後どうなっていくのか…。読み始めたら止まらなくなる恋愛ファンタジー、ぜひご一読ください😊✨

 

私もイラストの淡く繊細な色づかいが素敵だなと感じました⭐
漫画が読めるオンラインサービスもどんどん充実していますね❗

田沢さん、お知らせいただきありがとうございます😊
これからのご活躍もとても楽しみにしております🍒

アメリア事務局 並木

本日はスリリングなタイトルの本をご紹介いたします。アメリア会員の古森科子さんが共訳されました。

『殺人者たちの「罪」と「罰」: イギリスにおける人殺しと裁判の歴史』

~内容紹介(Amazonより)~
人を殺した人間は、どのように裁かれるべきなのか?

―殺人にいたる理由をどこまで視野に入れるべきか?
―外的な圧力や絶望的な状況は殺人の理由になるか?
―殺害する意図がなかった場合の罪をどう考えるべきか?
―責任能力の概念をどのように適応すべきか?
―法人による殺人をどう裁くことができるか?

過去に起きた驚愕の事件の数々を俎上にのせ、人命を奪った人間の「罪」と「罰」が定義され、分類されるプロセスを明らかにするスリリングな考察。正しい「裁き」をめぐる社会意識の変遷を浮き彫りにする異色の社会史!

古森さんのコメントはこちらです↓

「現役弁護士である著者が、英国における数々の殺人事件に焦点を当て、正しい『裁き』について様々な角度から考察した作品です。

本書では、英国の法律において『謀殺(murder)』と『故殺(manslaughter)』の2つのカテゴリーに分かれる『殺人(homicide)』について、社会の移り変わりとともに司法の判断がどのように変化していったかを、過去の主要な殺人事件とともに追っていきます。人が人を裁くことについても考えさせられる一冊です」

日本にはかつて尊属殺人罪があり、こちらも時代に適さなくなったため廃止されましたね。社会の変化によってイギリス司法がどう変わっていったのか、大変興味深いです。

古森さん、お知らせいただきありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

アメリア事務局 相澤

本日、2冊目のご紹介です。
アメリア会員の岩田佳代子さんの共訳書をご紹介いたします😊

 

『ポール・ニューマン語る──ありふれた男の驚くべき人生』

 

「ハスラー」「暴力脱獄」「明日に向って撃て!」など、数々の名作に出演し、今なお愛される伝説のスター、ポール・ニューマン。死後発見されたインタビューを編纂し、トム・クルーズやジョージ・ロイ・ヒルら関係者の声も織り交ぜた、最初にして最後の自伝。
(サイトより引用)

 

伝説のスターの「最初にして最後の自伝」❗
待ち望んでおられたファンも多いのではないでしょうか。

 

岩田さん、お知らせいただきありがとうございました✨
今後のご活躍もとても楽しみにしております😊

 

事務局 入江