【アメリア】Flavor of the Month 37 小瀬村 文子さん
読み物
Flavor of the Month
<第37回>  全5ページ


翻訳は、簡単じゃないけど、不可能でもない!

坂田:最初に、遠藤周作の作品の英訳を読んで、衝撃を受けたのが翻訳をはじめたきっかけだというお話でしたよね。では、翻訳の勉強を本格的に始めた今は、方言や臭いまで訳せる翻訳家になることが究極の目標ですか?

小瀬村:それは、ものすごく難しいことですよね。風土や臭いまで訳すなんて、めったにできるものじゃないです。それが、1年間勉強した今の実感です。だから、簡単に人の訳したものを批判できないなと思います。そういうことがわかっただけでも翻訳を勉強してよかったと思います。

坂田:翻訳をよく知らずに思っていたこと、翻訳を勉強してわかったこと、これもこの1年間の成果のひとつですね。

小瀬:実は、ロンドンで遠藤周作の英訳を読んだときに、まず私は「翻訳っていうのはもしかして不可能なことかもしれない」と思ったんです。でも、だったら私がこれまでに日本語に翻訳された外国作品を読んで感動したことは偽物だったのか、と考えときに、「そんなはずはない」と思ったんですね。翻訳は不可能だからしないとなったら、外国語が読めなければ外国作品を楽しんじゃいけないということになる。それは絶対に違います。そうすると、やはり、翻訳は難しいけれども努力してやる価値のある仕事だと思えるようになったんです。簡単にできるとは思わないけど、不可能だとも思わない。翻訳という仕事は素晴らしいと。

坂田:いろいろな偶然が重なって、小瀬村さんは翻訳に興味を持つようになったと思うんですが、それは小瀬村さんにとって幸せなことでしたか?

小瀬村:私が翻訳についてロンドンで気づいたことは、もしかしたら、人はとっくに気づいていたことで、私が遅すぎたのかもしれないけれど、私としては意義があったし、すごく幸せな出会いだったような気がします。

坂田:では最後に、小瀬村さんの今後の夢を聞かせていただけますか。

小瀬村:2つあります。1つは、私がすごく好きな小説が英語に訳されて世界中の人が読んでくれたら嬉しいと思います。英訳するのは私じゃなくてもいいんです。誰かが上手に訳してくれて、世界の人が読んでくれたらすごく嬉しい。それと、もう1つは、私が自分でどうしても訳したいと思えるような、すごく好きな本に出会いたい。出版されなくてもいいから、自分で訳して、それを友だちに読んでもらいたい、そう思える本に出会いたい。そして、そのとき、その本がいわんとしていることをちゃんと伝えることができる自分になっていたいと思います。

 
    ■ところどころ、じっと考え込んで、言葉を探しながら、翻訳に対する深い思いを語ってくれた小瀬村さん。本当に文学が、翻訳が好きなんだなと思いました。小瀬村さんに自分自身で納得のいく翻訳の力がついたとき、訳したいと思える素敵な本が現れる、そんな気がします。
 

前へ トップへ