【アメリア】Flavor of the Month 85 崔 樹連さん
読み物
Flavor of the Month
<第85回>  全5ページ


韓国語を十分理解した上で、自然な日本語に翻訳。
日韓バイリンガルならではの感性で映像翻訳に向き合う

岡田 :週に4本のドラマ翻訳をこなされる崔さん。そのお仕事量を支える語学力は確実なものだと思います。母国語は日本語ですか、韓国語ですか?

:私は在日韓国人3世として生まれ育ったので日本語のネイティブですが、小学校から高校まで民族学校へ通いました。母語は日本語、母国語は韓国語という感じです。翻訳は韓日映像字幕翻訳学校で勉強しました。

岡田 :なるほど、それならばごく自然に両言語を理解し、操ることができますね。

:確かに韓国語を十分理解した上で自然な日本語に翻訳できるのは私の強みだと思っています。私は韓国語のヒアリングができるので、役者さんのアドリブが多い韓ドラではヒアリング力が戦力になってくれますね。

岡田 :文字だけを見つめる翻訳の世界ではあまり要求されないヒアリング力も、アドリブが多い映像なら必須の能力ですね。インタビューやトークなどの映像翻訳を担当することもあるのでは?

:はい。ドラマの本編だけでなく特典DVDなどの仕事をすることもあります。長時間の特典映像やスポッティング(※字幕表示の開始点と終了点、長さを決定する仕事)の仕事はヒアリングができないとなかなか難しいですね。

岡田 :それをスピーディーに仕上げられるのはバイリンガルならでは、です。両方の言葉を維持、向上させるために努力されているのでは?

:そうですね。民族学校に通っている時は日常的に韓国語を読み書きしていましたが、卒業後はほぼ日本語の毎日です。言葉は使っていなければどんどん退化するので、今では意識的に生きた韓国語を磨くようにしています。訳すことと、声に出して話すことは違いますから。ひきこもって仕事をしていると、声を出して話さない時間も長いので、お風呂で今日あったことを韓国語で話したり、ネイティブの友人と話したりチャットしたりしながら維持しています。

岡田 :言葉は退化しますね。覚えるスピードは遅いのに、忘れるスピードはあっという間(笑)。

:そのとおり。でも子どもの頃に体で覚えた発音は忘れませんね。日本語は母音が5個しかないけれど、韓国語は母音がきわめて多く、子どもの頃から体で覚えるから身に付くんです。でも細かな表現などは日常的に使わなければ鈍って苦労しますね。

岡田 :そういう意味では崔さんは生まれ育ったバイリンガルの立場を最大限に活かしたお仕事をされていますね。

:うーん、葛藤はたくさんありました。名前に関してもそうです。在日韓国人は通名を作れるので、通名に変えている方も多い。なぜかうちは変えない主義で……。翻訳の仕事でも、履歴書で名前を見て韓国名だとネイティブだと思われて敬遠されることがあるんです。韓国語ネイティブだと日本語がうまくないと思われるんでしょうね。翻訳会社には履歴書を送るだけですし、仕事をはじめてからもメールのやりとりが主でなかなか会えませんから、最初は苦労もありました。

岡田 :崔さんは日本語ネイティブなのに、そういう誤解もあるとは……。

:そうなんです。周囲から「通名を使えば?」と言われることもあり、いろいろ葛藤もありましたが、結局変えずにここまできました。でも今は在日もだいぶ認識されるようになったようです。

岡田 :なるほど。さまざまなご苦労や葛藤を乗り越えて今のご活躍があるんですね。

前へ トップへ 次へ