【アメリア】Flavor of the Month 80 小野 佳奈子さん
読み物
Flavor of the Month
<第80回>  全5ページ


今後も翻訳、通訳の技術向上が目標。「社会との接点の深いところで役にたっていければと思っています」

岡田 :長年フランス文学を研究されて、フランス留学期間も長い小野さん。フリーランスとしてジャンルを問わず数々の案件をこなされています。今後の目標をお聞かせください。

小野 :翻訳、通訳ともに技術の向上を目指したいと思っています。美しい日本語を身につけるのは一朝一夕にはいきませんが……。通訳もトレーニングの問題があるので、そう簡単に急速な成長というわけにはいかないけれど、ささっとスピーディに訳せるようになるといいなと思っています。それから英語ももっと磨かないといけませんね。日本でも英語を求められる機会がどんどん増えていますから。やはり英語の翻訳者さんは訳文のレベルの高い方が多いので、英米文学の翻訳物はたいへん勉強になります。

岡田 :なるほど。それにしてもフランスといえば、フランス料理やワイン、プロヴァンスやラベンダーなどステキな世界が広がりますね。

小野 :そういうイメージがあるかもしれませんね。でも漠然としたイメージが大きいだけで、私の実際のお仕事の中では、そういう分野が占める割合は少ないです。もしかしたら実際のマーケットはそれほど大きくないのかもしれません。フランスの大きなマーケットは原子力の技術でしょうか。福島原発事故の後でお引き受けした核施設の安全基準についての論文なども、社会につながる、役立てるという意味でのやりがいを感じました。長期留学の経験から一応フランス語の論文を読んだり書いたりすることができるので、この経験や力を大切にして、社会との接点の深いところで役にたっていければと思っています。

岡田 :ありがとうございました。最後にフランス語翻訳を目指す方へのメッセージをお聞かせ願えますか?

小野 :私自身、翻訳者としてまだまだですから、メッセージと言えるほどのことはないんです。でもあえて言えば、もっとフランス語を勉強したいと思ってくれる若い方が増えればいいなと思っています。スタンダードなスタートとしては大学の仏文科、あるいは仏文の専門の先生がいる大学を選んで、その先生についていくことですね。でも仏文科の中にいると、大学の外のどこでフランス語が使われているかを知る機会は少ない。外に出て、いろいろと見回してみるのも良い経験になると思いますよ。

岡田 :今日はお忙しい中どうもありがとうございました。フランス語翻訳者、通訳者としてマルチにお仕事をされる小野さんに、英語翻訳の世界とは違う貴重なお話をお聞きすることができました。長年のフランス文学の研究と留学のご経験をいかし、今後もフランス文化や産業の普及につとめられることと思います。日本に素敵なフランスの風を吹かせてください。ますますのご活躍を楽しみにしています!

■おだやかな物腰で、おしゃれなフランスの空気感が漂う小野さん。ご謙遜されながらも、翻訳から通訳、映像まで網羅されるパワーは長年の留学で培ったバイタリティ!訳にもきっとラベンダーの香りが漂っているはず。私も今日はフランスワインにチーズで乾杯させていただきます。今後もますますのご活躍を!

前へ トップへ